竜の足元で魂は物語を紡ぐ【怪】

作者 風嵐むげん

39

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

花筏島には、黄金の竜が住んでいる――。

冒頭の衝撃の展開から、平穏だった頃の日常へ。しかしそこから物語は容赦なく加速し、一気に世界の中に引き込んでいく。
ところどころに散りばめられた伏線らしきもの。
そして点在する不穏な謎たち。

私たちが読んでいるこの物語は、最後にどんな結末を紡ぐのか?
果たして、「竜」とは一体なんなのか?
とかいうレビューを書いている私は雷竜様の怒りに触れないのか!?
(祈りを捧げますのでお許し下さい)

今後の展開が気になって眠れない、怒涛のファンタジー×ミステリ。
読まずにいるのは勿体無い!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

※「サネの記憶」まで読んだところでレビュー

ここからどうやって「最初のサネ」に繋がっていくのか、大いに気になるところ。冒頭の圧倒的悲劇に、どのように導かれていくのか。その過程で、誰が、どうなってしまうのか。
そもそも「竜」って?
展開が気になって、思わず最新話まで一気読み。
登場人物の描写も非常に分かり易い。スピード感もある。
更新が楽しみな作品。
これが書籍なら、最後のページに辿り着くまで眠れないだろう。

※風嵐さんの作品は「魔王よ、あたしをお嫁さんにしなさい!」から入った私ですが、あの作品とは雰囲気一変。作風の幅の広さを感じさせられます。