38.翼

 雪原に響く戦いの音は、いまだやんではいなかった。

 大剣を振りまわし、今しがた三人を戦闘不能にしたばかりのアントンは、頬についた返り血を軽くぬぐったあと、さりげない所作で別の敵の剣を受ける。立派な顎ひげを生やした男が、悔しそうにうめいた。

「くっそ……なんなんだ、てめえら」

「さっきから言ってるじゃないか。盗賊狩りって」

 アントンはあくまでも真剣に答えるが、男は納得しなかったようだ。ぎり、と歯ぎしりの音がして、長剣に力がこもる。アントンはその力を器用に受け流しながら、男ではない方を見て、目を細めた。

「――終わりにしろ」

 この場の誰のものでもない、冷やかな声がする。顎髭の男がとっさに退いて、相手の姿を見ると、青ざめた。「お、オボロさんっ!」と、おかしいくらいひきつった声を上げる。羽飾りのついた帽子をかぶった男は、表情を変えなかった。アントンは、大剣の柄をかついで首をかしげる。

「あんたが、頭目?」

 試しに訊いてみた。「違う」と否定された。オボロの視線が山の方角に向く。アントンだけでなく、盗賊狩り集団の全員が、彼の視線を追いかけた。

「俺たちの首領は、あっちだ」

 確かに、彼らから少しばかり離れたところに、一人の男が背を向けて立っている。長槍を立てて、ただまっすぐ、山に顔を向けているのだろう。彼のかたわらには何人かの男女がいる。そのうちの一人、赤い髪の少女が男を見上げた。

「あの……本当に、よろしいんですか?」

「ああ」

 気遣わしげな少女の問いに、投げかけられた男の答えはそっけない。彼ははじめて、アントンたちの方を――正確には、帽子の男を振り返った。

「一度だけ、賭けてみようと思う。嫌なら逃げてもいい」

 男が言うと、オボロと呼ばれた彼は肩をすくめた。

「いいさ。俺ももう一度くらいはつきあってやる。俺がいなければ組織が回らんらしいしな」

 男の左隣に立っている若者が、それを聞いてにやりとした。意味を知らないアントンさえも、そこに含みを感じる。帽子の男は改めて、竜狩人たちを見回すと、「そういうわけだから、武器を収めろ」と指示をした。彼らはしぶしぶ従っている。

 アントンと部下たちが、何を考えるでもなくその光景をながめていたとき。ふいに、空がまぶしくなった気がして、目を細めた。

「お、お頭! 見てくだせえ、あれ……!」

 部下の声が飛びこんでくる。禿頭とくとうの男が空を指さし、続けて何かを叫んでいた。億劫に思いながら、空を見上げたアントンは、すぐにだるさを忘れて呆然とした。

「――なんだ、あれ」

 黒い山の頂上、さらにその上空に、煌々と光る緑があった。その輝きは、白昼の星とでもいえばよいのか。あまりにも現実離れした光景に、さすがの盗賊狩り集団も言葉を失い、見入る。始まったな、と誰かが呟いた声をアントンが聞きとることは、なかった。

 

 町に入ってすぐ、妙なざわめきに気づいて、ロンは眉根を寄せた。一部の人たちが鋭くささやきあい、空を指さしている。何かあったのだろうか、そう考えるより早く、連れのライサまでもが悲鳴を上げた。

「ろ、ロン! 空を見て!」

 ひきつった声に誘われて、空をあおいだロンは絶句した。

 北の空に、星にも似た緑色の光が見える。この町からの距離などわからない。だが、不気味なほどにさえざえとした光だった。

「こ、これって」

 震え声が勝手に言葉を絞り出す。

 各地で聞くようになった竜の現状を知らせる話。その中に、『北の空に緑の光が現れる』という一節がなかったかと、ロンは思いを巡らせた。流れる思考はそのまま、彼らの知り合いから聞いた話へたどりつき、二人の商人はそろって息をのんだ。

 光が明滅する。人々のざわめきが大きくなって――やがて、完全に沈んだ。

 固唾かたずをのんで見守る人々。もたらされた静寂を、あるいは、平穏と呼ぶのかもしれない。

「本当にやるのか、君たちは……?」

 空を見上げたままのロンは、我知らず呟いていた。

 

首領ボス、大変ですよー!」

 ばたばたと『家』に飛びこんできた傭兵に、ジエッタは厳しい視線をくれてやる。

「もう少し静かにしないか」

「すいやせんっ!」

 どう考えても勢いで口にしたとしか思えない謝罪のあと、彼は「今すぐ外見てくだせえ!」と喚き続ける。眉根をよせてうめいたジエッタは、しかたなく窓のそばに歩み寄り、板戸をかけ声とともに持ちあげた。陽光と呼ぶには不自然な、緑色の光が、薄くさしこんでくる。異変に気付いたらしい『家』の人たちが、ざわざわと騒ぎだした。セシリアが、ジエッタの方へぱたぱたと駆けてくる。

「首領、あれって」

「ああ。始まったね」

『家』のざわめきをよそに、ジエッタはぽつりと呟きをこぼした。

 その後も、傭兵が続々と窓辺に群がってくる。いつもなら怒声とともに追いかえすところだが、今回ばかりはしたいようにさせていた。

 窓の向こう、北の空には緑の星が見える。星のような光、といったほうがいいかもしれない。

「さあ。これで、あとあたしらにできるのは、あいつを信じることだけだ。――見届けてやろうじゃないか」

 頼もしい仲間たちを振り返り、不敵に『烈火』の女傭兵は告げる。

 脳裏に、はかない笑みを浮かべて立つ、弟子の姿を浮かべながら。



     ※

     

     

 凛とした声が言葉を紡ぎ、まわりの《神官》たちがそれを唱和する。空中の竜たちは、力を展開した後は黙りこんだまま。《魂還しの儀式》が始まってから、そんな光景がたえることなく繰り返されている。陣の外に立つ四人は顔をこわばらせているが、ディランは不思議とも不気味とも思わない。儀式とはどれもこういうものだ。彼もまたこうべを垂れ、祈りの言葉を唱和する。言葉の流れも単語の音も、馴染みあるものと似ているようで、少し違う。今現在、古代語と呼ばれている言語だ。

『一応、詠唱の内容を教えておく。けども、覚えきれないと思うし、発音も難しいから、言えそうなところだけ唱えてくれればいい』

 旅の途中、仲間たちに教えていたゼフィアーの声が、耳の奥によみがえる。ディルネオとしての記憶が定着しつつあるディランにとって、古代語の発音程度は簡単なことだが、今を生きる人々は、そうもいかない。だからこそゼフィアーはああ言った。

 韻をふんだ声が途切れる。詠唱を一巡したらしい。儀式の成功が確認できるまでは、言葉は一度終わっても、わずかな間をおいて、また最初から唱えなおされる。その間にディランはあたりを観察した。ディランの一番近くにいるのは、レビだ。愛用の棒を支えにして立っている彼は、少し青ざめてきている。命の力を陣に吸われているのだから、しかたがない。そう考えたとき、詠唱が再開された。よけいなことを考えたせいか、ディランも虚脱感をおぼえて体を折る。

 けれど、そこで、ふと違和感を抱いた。

 魂が震える感じは、《魂喰らい》の武具を受けたときと似ている。

 が、それとは別に――押しこめられていたものが飛び出てきそうな、妙な気配があったのだ。

 気配の正体がなんなのか、考えているひまはない。少女の声が途切れたのに合わせ、終わったばかりの詠唱を繰り返す。

 時間の流れは、とてもゆるやかだった。それゆえに、ひどく長く感じた。陣の明滅はじょじょに激しくなっていって、もはや、緑色の光は、周囲の光景を薄くさえぎるほどになっていた。視界の端に、顔を覆う商人の姿が見えるが、彼の輪郭すらも光のせいで薄らいでいておぼろげだ。

 光は強い。今にもあふれて、弾けそうなほどに。けれど。

――その先に、進まない。

 ディランは苦みを噛みしめる。

 陣は確かに光を放ち、明滅を続けている。だが、それだけだ。もうずいぶんと詠唱を繰り返しているが、いつまで経っても竜魂の還る気配はない。

『……まずいな』

 竜の声が聞こえる。ディランはその意味を理解した。理解して、恐れたのは、彼だけではなかった。

「まさか、力が足りないの?」

 離れたところからささやきが聞こえる。マリエットの声だ。

 見えるかどうかはわからないが、ディランはうつむいたまま大きくうなずいた。

「あらら、そりゃ大変。もっと踏んばるぞ」

「じょ、冗談? こっちはもう、じゅうぶん、踏んばってるわよ……!」

 荒い息遣いの下から声がする。チトセの主張ももっともだ、とディランは苦笑した。彼もまた、先程から嫌というほど陣を意識して、命の力が流れこんでゆくのを感じている。そして、自分からも押し流そうとしていた。魂を認識できる竜だからこそできる芸当だろう。それでもまだ、陣の輝きは変わらない。時が止まってしまったかのように。

 ゼフィアーの詠唱が大きくなる。外周に立つ四人の顔がゆがむ。視界の端に、ふらつく少年の姿を見たディランは、ぎくりとした。

 まずい。

 先程の竜と同じ言葉が脳裏をよぎる。

 この手の儀式は、長く続けてよいものではない。参加者に無理を強いることになる。それに、長く続けすぎると、陣じたいの力が弱まって、儀式そのものが立ち行かなくなってしまう。おそらく、これ以上時間をかけられない。

 どうする、どうする! 何をすれば、変えられる――!

 詠唱する口とは別に、頭が回転する。めまぐるしく流れる思考は、けれどいい答えを導いてはくれない。ディランが思わず、悪態をつきそうになったとき。詠唱の向こうから、かすかにおぼえのある声がした。

『こうなったら最終手段よ! みんな、展開して!』

 そんなことを言っていた気がする。声の主はミルトレか。彼女は、ちょうど外周にいたはずだ。そしてさらに外側に、儀式に参加しない水竜がいくらか控えていたはず。彼らが、どういうわけか、いっせいに力を使いはじめたのをディランは感じた。

 空気が濃い水の気配をまとう。舞い降りる雪もしめりけを帯びた。日常的に使うていどの力で、「水」を山頂付近に集中させたのだろう。まるで、みずからのあるじを包みこむように。詩的な連想をした瞬間、ディランの頭の中で何かがひらめいた。とっさに、胸に手を当てる。

 内側は、脈打っている。強く、強く、主張するように。

 きつく目を閉じれば、ほのかな暗闇の中に、青い光がにじみだした。胸にくすぶっているだけだったはずのそれは、今になって、広がりをみせている。

 ディランはまた体を折り、歯を食いしばる。隙間からうめき声がもれる。

「ディラン、無理しないでください!」

 かすれたレビの悲鳴が聞こえた。だが、ディランは強く首を振った。

 いやだ、という思いもある。だがそれだけではない。

――そうじゃない。彼は声に出さず言った。魂は、確かに震えている。けれどこれは、砕ける前の震えではない。むしろ、逆だ。


 このままでは、あふれ出るものをおさえきれない。


《神官》の詠唱を聞きながら、ディランはどうにか空をあおいだ。陣を形作る竜たちは、輪を描いて飛んでいる。――ディランは今はじめて、そこに明らかな「空席」があることに気づいた。陣の中央部。地上でいえば、ゼフィアーがいる場所だ。水竜たちの力の展開は続く。そして、陣のうえを飛んでいる竜の何頭かが、ちらりと、ディランの方へ視線を向けた。

 彼らの目は、語っていた。

「まったく、勝手なことを……」

 ディランが呟くと同時に、また詠唱が一巡したようだ。あたりが一時、静まり返る。その隙にディランは、陣の外を振り返った。顔をひきつらせている商人と視線がかち合う。

「マリクさん!」

「お、おうっ!?」

 ディランが鋭くささやくと、マリクは飛び上がってから、彼の方に駆けてきた。

「なんだ、どうした?」

「頼みがあります」

 口早にそう言って、水竜は地面を指さす。

「少しの間でいいです。ここに、立っていていただけませんか」

 すると、マリクは目をむいた。

「……お、お、おいおい。つまり、君の代わりをしろと言いたいのか?」

「はい。立っているだけでいいです。やり方は、ゼフィーと陣が教えてくれます」

「け、けど俺、あの呪文みたいなのさっぱりわかんねえんだが」

「最悪唱えなくてもいい。まわりが補ってくれますから。本当に、立っているだけでいいんです」

 ディランが強く繰り返すと、マリクの目に迷いが浮かぶ。

「う。それなら、やってやらんこともないけど。でも、それでディラン君はどうする気だ?」

 言いながらすでにマリクは陣の方へ入ってこようとしている。彼の優しさに感謝しながら、ディランは逆に、陣の外に出た。

「俺は――上へ行きます」

 短く告げたディランは、続くマリクの言葉を聞かず、彼がもたれていた岩の方まで走った。それからまっすぐ空を見上げ、軽く足踏みをする。

「それ」はもう、すでに外へ出ようとしている。

 ならばあとは、彼がふたを開ければいいだけだ。

 危険をともなうことはわかっている。

 けれど、今ならふたをあけられる。水竜の力に包まれていて、仲間が助けてくれる、今なら。

 彼はひとつうなずくと、短い助走をつけ――

 

 地面を蹴る寸前に、すべてを解き放った。

 

「なっ!?」

 誰かが引きつった声を上げる。ディランは聞いていなかった。彼の体は青い光に包まれて、空を舞おうとしていた。

 人だったそれは歪み、光の翼が生えてくる。人々は、異変に気づいて揺らめく光を追いかけた。

 輝きは次第におさまってゆく。誰もが意味を察した。息をのんだ。希望を、抱いた。

 光の中から現れたのは、青い鱗の竜だ。彼はわずかな違和感を振りきると、自分が本来いるべき場所へと目を定めて、翼を打つ。

「あれは――」

 当然、ゼフィアーもその変化に気づいていた。見開かれた金色の瞳は、もろもろの感情をたたえてうるんでいた。

「ディラン……いや、ディルネオ……お主、翼を、取り戻したのか……」

 涙をこらえたゼフィアーは、強くかぶりを振り、前を向きなおし、息を吸った。

――最後の詠唱が、始まる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます