31.虚無の果て

 地面を蹴って飛びのくと、先程まで彼がいたところを湾曲した刃がなでた。危なかったな、と、ディランは内心冷や汗をかいていた。剣撃の軌跡はすぐに消え、悔しそうな男のうめき声が聞こえる。だがそれは、すぐに途切れた。男の背後で跳躍したマリエットが槍を回転させ、あろうことか金属の柄を相手の側頭部に叩き込んだのである。いびつな半月を描いた槍は、そのままくるりと回転し、女性の手へあるべき形でおさまった。

「石突でぶん殴られるのと、どっちが痛いかな」

「どちらも同じでしょう」

 優雅に着地した女性は、しれっと言い放つ。今さらだが、人間を倒すことに慣れすぎていて怖い気もした。ディランも、他人のことをとやかく言える身ではないのだが。だから表面では肩をすくめるだけにして、マリエットに歩み寄った。そこへちょうど、また鳥に変化したルルリエが飛んでくる。

『こっちはなんとかなったね。あと、さっきちらっと見てきたけど、レビたちも奮闘してたわ』

『見てきた……おまえは、相変わらずだな』

 ディランは、一見お気楽なルルリエに、低い竜語ドラーゼを投げかけた。わざわざ言葉を変えたことに理由はない。ともかく、と視線を巡らせる。

「そうなれば、あとは――」

 続けようとした声にかぶせるように、耳障りな金属音が響いた。不快感に顔をしかめながらも、全員がそちらを見る。そして、息をのんだ。

 わずかに離れた場所ではあるが、トランスとオボロが派手にやりあっている。トランスはわずかな焦燥をのぞかせながらも、間合いを計りながら、それでいて男の気が決してよそに向かないよう、牽制している。その甲斐あって、ゼフィアーたちも援護に向かえそうな気配があった。

 だがそのとき、刃のぶつかりあいとは質の違う音がする。短剣の鍔あたりで、むりやり一撃を受けたようだった。しのぎきれない、というのはディランの目から見ても明らかで――結果、そのとおりだった。トランスはとうとう短剣を手放した。距離をとりはしたものの、すぐに他の武器――弓で対応するのは無理だろう。

 空気が張る。簡単には割って入れない攻防だ。苦い顔をしたディランはけれど、息をのんだ。無意識のうちに腰へのびていた手が、ひやりとしたものを触る。愛用のものとは、少し違う手触りの、剣の柄。

 迷い、ためらった。だが、命には代えられないと思い、すばやく剣を剣帯から外した。柄をしっかりにぎって、走り出す。オボロはしかけてこようとしている。ディランは息を詰めて走った。この手が届き、敵の手が及ばない距離まで。男に気取られる前に足を止める。靴底が地面をこすり、激しく鳴った。

「トランスっ!!」

 腹の底から声をしぼりだし、名前を呼ぶ。全員の意識が彼に向いて、トランスの目に理解の色が浮かんだ。――その瞬間、彼は、帯びていたもうひとつの剣を投げた。センが使っていた、そして彼らに託した《魂喰らい》の剣が、不安定に回転しながら宙を舞う。トランスはわずかに体をひねり、腕を伸ばすと、器用に鞘をつかんだ。迷いのない手つきで剣を引き抜き、ディランに目をやった。言葉はないが、感謝はじゅうぶんに伝わった。ディランは微笑み返してから、後ろに下がる。オボロが一度彼をにらんだが、すぐ視線をトランスへ戻した。

「へえ……こういう剣、得意じゃないんだけどな、俺。ま、ないよりはずっといい」

 構えをとりながらトランスが呟いた。得意じゃないと言う割に、構えは慣れているようにも見える。

 ディランは目をこらしたが、次の瞬間、彼の姿は視界から消えていた。

 特に驚くでもなく、消えた方向に目を走らせる。予想通り、甲高い音がした。

 トランスの短剣が保っていた頃も含めれば、十合以上になろう、打ちあい。それはまたしばらく、絶えることなく続いた。長剣を使いなれた者の目から見れば、確かに男の立ち回りにはおぼつかなさがある。けれど、それだけだ。彼はじゅうぶん、オボロと渡りあっている。そして、そこへ誰かが入りこむ余地は、なかった。

 鋼が互いを弾きあう。高音が響き、火花が散る。ディランはそのたびに、心臓をねじられるような感覚を味わっていた。《魂喰らい》――かつて竜の魂だったもののぶつかりあい。それは竜たちの心身へ、少なくない影響をもたらした。少し前までせわしなく羽ばたいていたルルリエが、ふらりと、マリエットの肩にとまる。

『もう……《魂喰らい》がぶつかると、こんなふうになるのね』

 ルルリエの声には、おどけるような響きがある。影響があるといってもそれは、彼女たちにとってはせいぜい、軽い乗り物酔いくらいの感覚なのだ。だから竜たちは、顔をしかめはしても、戦意を失わない。だが、ディランだけは、無意識のうちに体を丸めていた。

 こみあげてきたものを、むりやり飲み下す。

 傷つき、ひび割れた魂が、刃がぶつかりこすれるごとに、震える。

 早く終わってくれと、願わずにはいられなかった。

 

 言葉の中に真実はないだろう、と、なんとなく思った。トランスは舌打ちしたいがそれどころではないので、心の中で悪態をつくにとどめておく。相対している男は、時折うっすらと、笑みのようなものを浮かべていた。こういう手合いは、言葉や表面的な立ち居振る舞いよりも、剣や目つきのちょっとした変化の方に、本心が表れる。だからこそ思うのだ、彼が先程までに語った言葉に真実はない、と。

 もちろん、すべてが嘘というわけではなかろう。いくらかの本音はあるだろう。ただし、表層に出ている感情がすべてではない。本質はきっともっと単純で、それでいてぽっかりとあいた大穴のように空虚なのではないか。まだ若いのになんだか面倒くさいね、とトランスは少しだけ、帽子の男を憐れんだ。

 また、目の前で火花が散る。オボロは隙あらばトランスを押しのけて、竜たちへ斬りかかるつもりだ。まだ、竜狩人たちも残っているからそれは避けたい。なんとか男を牽制しながら、トランスは口もとに笑みを刻んだ。

――まあ、そういう面倒くささは、俺も負けてないだろうがね。

 ろくでもない半生だったという自覚はある。特に幼少期はあまりにも荒みすぎていた。ディルネオに拾われていなければ、今頃もっとねじくれた性根の男になっていただろう。考えただけで、笑いがこみあげてきそうだ。だからこそ、オボロの目にちらつく炎のような輝きを、見逃さずとらえることができる。その輝きは恐ろしく、悲しかった。

 ぶおっ、と風がうなる。突き出された剣を《魂喰らい》の長剣で受けた。だが、今度の一撃には予想以上の力がこもっていた。防ぎきることができず、鋭い突きが肩をかすめた。

「おっと」

 トランスは飛びのいた。あえて大きく距離をとる。するとまた、休みなく突きが繰り出される。防ぐことに集中していた隙に、オボロはトランスの脇をすり抜けようとした。

 が、それも想定内だ。

 一瞬、焦りを見せた男はしかし――すぐに、片足を軸に体を反転させて剣を振りかぶった。自分に向かって振りおろされる剣の気配に気づいたのだろう、オボロは軽く跳んだ。長剣は空を切る。トランスは眉ひとつ動かさず、剣をひっこめて敵の死角に回りこむ。オボロがいらだたしげに振りむいて、武器を再びトランスへ向けようとした。が、それより早く、長剣が閃いた。

 オボロがそのとき見たのはどんな光景か。トランスには知りようがない。ただ、事実としては、長剣の切っ先は鋭く男の眉間を突いた。ぱっくりと割れた額から、思っていたより勢いよく血が噴き出る。オボロの顔にはじめて、動揺の色が見えた。言葉にならない声をあげ、自分の剣を振りかぶる。なりふり構わない一撃に、さしものトランスもひるんだ。男は今度こそトランスを押しのけて、駆けた。

「やべえ……!」

 口をついて出たのはそんな言葉だった。彼が慌てて後ろを見た頃にはもう、オボロは標的を定めていて――

 彼の突きだした剣は、標的の喉元でぴたりと止まった。

 冷やかな静寂が満ちる。周囲で戦っていた人々や竜でさえ、動きをとめた。止まった時を再び動かしたのは、声だった。

「……むなしい狂気だな」

 喉元に《魂喰らい》の剣が突きつけられているというのに、ディランの声は静かだった。人の言葉ではあるが、それはもう、水竜としての雰囲気をまとっている。

「最初に見たとき、なんとなくおまえは、私が友だと思った人間に似ている気がした。だが、やはり違う。おまえのまとうものは、彼よりももっと熱くて、暗い、深淵のような感じがする」

「……それがどうした?」

「おまえは、理由を持たないのではないか? 竜を殺す理由を。――もっといえば、殺すことそのものに、意味を見いだしている」

 剣呑なオボロの声に、ディランは穏やかに返す。トランスは、割って入る機会をうかがっていたが、動くに動けなかった。何しろ、あと少し切っ先がぶれれば一巻の終わりなのである。あの男がどう出るか、と身構えた。ひょっとしたら逆上しだすかもしれない、と警戒していた。が、その予想は外れる。

「意味などない」

 オボロの目から、狂気が消えた。いや、正確には、奥底に沈んだのだろう。

「確かに自分だけの理由は持っていない。が、意味を見いだしているわけでもない」

 ああ、今わかった。オボロの口から、ささやきの音がもれる。

「俺はただ、己の衝動に身を任せ、『あいつ』の補佐という口実で暴れているだけだ。むなしい狂気、とは、よく言ったものだな」

 あふれ出る血は顔をつたって地面を濡らす。けれどオボロは、まったく気にしていなかった。剣が音もなく引かれる。

「そんな狂人にはな。おまえたちの目指す世界に、居場所などないんだよ。だからこそ、おまえを殺そうとする幼馴染に手を貸している」

 引かれた剣をぶら下げるようにして持っていたオボロは――ふいに、血にまみれた口の端を歪めた。唇は音をつむがない。だが、トランスには何かが聞こえた気がしていた。

 狂人に殺されたくなければ――斬ってみろ、とそう言った。

 オボロの手がぶれる。ぶら下げられていたはずの剣が持ち上がっていた。誰かが何かを叫び、トランスもまた息を詰めて、駆けだそうとした。

 そしてその一切を、強い風が吹きさらった。

 オボロは風の中で目をみはる。その驚きはすぐ、冷徹な微笑の下に隠された。振り上げたはずの剣をまた下ろし、今度は鞘に収める。彼の姿を覆い隠すように、砂埃が舞う。

「――オボロさん! 待って……!」

 どこか悲痛な声がした。チトセだ。その叫びすらも、終わりは風の音にかき消される。

 暴風がいっとき、すべてを支配した。だというのにトランスは、そのさなかで、別の音を聞いた気がした。


「甘いな、おまえたちも、竜どもも」


 感情の読みとれない声。ひょっとしたら幻聴だったのかもしれないが、男の耳には確かな声に聞こえた。

 やがて、巻き起こっていた風がやむ。そこにはもう、竜狩人たちの姿はない。代わりに『逃がしましたか』と苦々しい表情でぼやく、風の主竜が現れた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます