章外

Memories-0 原点

争いのはじまりを知る者は少ない。

ただ、最初の衝突は、ある森林の開拓を巡ってのものだったというのは、有名な話だ。

森を守るべき竜と、森をひらきたい人間たちが戦った。そしてある人間が竜を傷つけ、ある竜が人間を殺してしまった。

そして、ちろちろと燃えていたいさかいの火は、猛り盛っていくさの炎となったのだ。



 灰色と白が微妙な加減でまざりあった薄い雲が、競うように流れて太陽を覆い隠す。北の地、それも雪さえ降らないこの地域では当然の空は、時として見る者を暗澹あんたんたる気分にさせる。けれど、そんな空を上機嫌に飛んでいる者がいた。――竜だ。この曇天の中でも青く美しい鱗をきらめかせ、しなやかな翼でくうを叩く。その様子は、力強さよりも軽やかさが感じられるもので、体の大きさもまだ、子どものそれであった。

 楽しく飛んでいた彼は、ぐんっと高度を下げて地上を見る。樹木の育たないこの地域は、けれど地衣類のおかげで夏季は野が鮮やかに色づく。それを見るのも、そこで繰り広げられる人の営みを見るのも、彼は大好きだった。

 さっそく遠くの野に人の姿を見つけ、竜の子は目を細める。たくましい体つきの人間は、狩人のようだ。獲物と思しき野鹿を豪快にかついでいる。もう少し追いかけてみよう、と彼は翼を打ちかけたが、

『やっと見つけたわ』

と響いた声にすくんで、止まらざるを得なくなった。わずかに背中を丸めた竜の子が振り返ると、彼と同じ青い鱗の巨竜が、ゆったりと飛んでくるところだった。その静かな瞳に気圧されて、水の小竜はますます背を丸める。

『お、オシアネ様……』

『勝手に出ていってはならないと、いつも言っているでしょう』

 そう言った巨竜、オシアネは小竜の隣に飛んでくるなり、低く喉を鳴らした。不機嫌なようにも聞こえる音に、小竜が恐縮する。オシアネの目は、野に点々とついている人の足跡に向いていた。

『人間を、見に来ていたのですか』

 小竜は問いに答えなかった。いや、怖くなって答えられなかったのだ。怒られることを恐れて縮こまる小竜を見て、オシアネがため息をこぼした。

『まったく。人を見に行くのは危険だと、あれほど教えたではありませんか』

『ご、ごめんなさい』

 慌てて謝った小竜は『でも』と言って、野に視線をやった。狩人の姿はもうないが、靴の跡はうっすら見える。

『少し前までは、人と竜は仲良くしていたんでしょう? それに、オシアネ様はまた仲良くできるようにがんばっておられます。だから私も、人間から逃げ隠れするようなまねはしたくないのです』

『それは――』

 オシアネは口ごもり、結局ゆるゆると首を振る。彼の言ったことが、事実であり、正しいことでありながら――手の届かない理想の一端でもあることを知っているから。

『言いたいことはわかります。けどせめて、単身で行動するのはおやめなさい。万が一“狩人”に襲われては大変です。

特にあなたは、主竜しゅりゅうの卵でもあるのだから』

『――はい』

 オシアネの諭すような目を前にして、小竜は小さな声で答えた。申し訳ないという気持ちと、かすかな幼い不満がのぞいている。苦笑したオシアネが小竜の背を翼で軽く叩き、名残惜しそうにしている彼をうながした。

 小竜はよわい八百に満たぬ身。竜の中では幼子おさなごのようなもので、世の現状を知るにはあまりにも若すぎた。

 

 二頭の竜が向かった先には、大陸にそぐわぬ緑の小さな林があった。水の主竜の一角であり、『北のだい水竜すいりゅう』と呼ばれるオシアネが住みついたことで、木が育ってしまった場所だった。林の中を飛んでいると、オシアネの眷族たちが喜々として彼らを出迎えた。その中の若い一頭が、小竜の頭をぺしりと叩く。

『いてっ』

『おまえ、また単独で遠駆けしてたんだって? そんなに、人間に興味があるのか』

『それは……だって、優しい人たち、たくさん知ってるんだもの。成竜おとなたちが言うような、怖い人間が本当にいるとは思えなくて、気になって』

『……やれやれ』

 若い竜とオシアネの声が重なる。まわりから、さざめきのような笑い声が起きた。それは、馬鹿にするというよりはむしろ、微笑ましいものを見るような空気で。小竜は恥ずかしそうに顔をそらしたあと、林の奥へ飛んでいった。

 彼を見送った大小二頭の水竜は、顔を見合わせる。

『本当、呆れるくらい優しいですよね、あいつ。あるじ様の教育の賜物ですか』

『よしなさいなリヴィエロ。私はむしろ、彼の言動を諌めることばかりしている。そうせざるを得ないのが悲しいことです』

『ううん、そうかなぁ……』

 主の言葉に納得がいかないのか、若竜わかりゅうリヴィエロはしきりに首をひねっている。彼らに刺激されたのか、その横で他の眷族たちがひそひそと会話を始めた。

『だがなあ。最近、人間たちもずいぶん派手に我々を非難するようになってきた。武力衝突も起きているそうじゃないか』

『しかし、同胞が人を殺したこともあるのだろう。一概に、あちらばかりが悪いとは言えまい』

『同胞の棲みかを何度も訪れて、研究をしている怪しげな人たちもいるというし……』

 ささやく声は、憂いを含んで細かった。さざ波のような話し声にひるんだかのように、リヴィエロが身じろぎする。対して、主竜オシアネは毅然として言い放った。

『ここ数十年ほど、人間たちとの関係がよくないのは事実。しかし、これまで説得を続けてきて、私たちの思いをわかってくれた人々もいます。信じるのをやめるべきではない。……大丈夫。私がいます』

 オシアネが穏やかに言いきると、竜たちの低いささやきはぴたりとやんだ。彼らは尊敬のまなざしを主へ向ける。リヴィエロもまた、その姿をまぶしそうに見ていた。そして、先程奥へ飛んで行ったはずの小竜も。

 

 オシアネはひまさえあれば、人間と竜の説得に向かうほど、和解に対しての情熱を持っていた。その活動に小竜やリヴィエロが参加することもあるにはあるが、二頭はまだ若いということで、連れていってもらえることの方が少ない。

 そしてまた、小竜がオシアネに叱られた翌日から、水の主竜はせわしなく大陸を駆けまわりはじめた。淡々と繰り返されるいつもどおりの日々。しかし、あるとき、変化があった。

 

『え……。それでは、話し合いの場がもうけられるということですか!?』

 住処へ戻ってきたオシアネに、一頭の眷族が問うた。オシアネは、ゆっくりとうなずく。

『ええ。ひとまず、ここの水竜の何頭かと、人間の代表者たちで話しあおうということになりました。お互いの主張を聞き、今後どうすべきかを決めることになるでしょう。またとない、機会です』

 噛みしめるように言ったオシアネへ、水竜たちは感動のこもった目を向ける。それはリヴィエロや小竜も同様だった。

 今までずっと、彼女がこのときを待ち望んでいたことを、眷族たちはよく知っている。そして、眷族ではない小竜も。だからこそ、やっとこのときが来た、とみんなで喜びあうことができた。

 その日のうちに、オシアネ以下話しあいに参加する竜たちが選ばれた。小竜も希望を出したことは出したが、今までと同じで、若すぎるという理由で同行させてもらえなかった。同じ年頃の別の竜が行くことになったので、リヴィエロも留守番組となった。それでも彼らは、晴れやかな気持ちで見送り、人と竜の話がつくのを、そわそわしながら待った。

 

 しかし、一週間経っても、竜たちは帰ってこなかった。

 

 訝しく思った竜たちは、同胞の行方を追うことにした。小竜やリヴィエロも、今回ばかりはまわりの反対を押し切って同行した。そして彼らは、話しあいの場となったはずの、大陸北東部の廃村へ辿り着く。

『気味が悪いところだな……』

 リヴィエロが呟いて、喉を鳴らす。

 村が廃村となったのは、ずいぶん前のことのようだ。ぽつりぽつりと建つ家いえは、そのほとんどが腐り落ち、風化してわずかな骨組みや床板だけをさらしている。耳が痛くなるほどの静寂の中、小竜は、不気味さが風景のせいだけでないことに気づいた。

『なんだろう。すごく……嫌な気配がする』

 鼻をしきりに動かした小竜は、やがてふらふら奥へ向かって飛びはじめた。導かれるように飛ぶ彼の耳に、制止の声は届かない。他の竜たちも、しかたなしに彼のあとについていった。

 見えたのは、とうの昔に屋根が落ちた、木組みの建物だった。村の中では一番大きかったに違いない。翼を動かし、その中をのぞきこんだ竜たちは――言葉を失った。

 わずかに残った床板の上には、奇妙な模様が描かれていた。『つたえの一族』が儀式で使うものを変にいじくりまわしたもののようだった。そして、模様の上には、人々との話しあいに向かったはずの竜たちが倒れている。彼らの主も、そこにいた。

『オシアネ、様……?』

 誰かが呆然と呟いた。小竜も、色や音がわからないままに、倒れたオシアネの上へふらふらと飛んでゆく。

『オシアネ様、いつまでも眠っていてはいけませんよ。みんな、みんな、あなたを待っているのだから』

 小竜は、力の抜けた声で言う。しかし、わかっていた。オシアネがもう、その声を聞くことはないのだと。

 青い目に光はなく、鱗もくすんでしまっている。もう、大水竜オシアネの命は、そこにはなかった。呆然とする彼の耳に、そこかしこから同胞の名を呼ぶ声が飛びこんでくる。

『ぁ……ああ……』

 小竜はその場でがくりとうなだれる。口の中で繰り返し、繰り返し、母であり師であった竜の名を呼ぶ。届かぬ存在に呼びかける。けれどそれは、意味のないことだ。

 そのときになって、彼らはようやく、水竜たちが人間にたばかられたことを知った。今回集まった人間たちは最初から、彼らを殺すつもりだった。しかも、ただ殺すのではない。

『魂の気配が、ない』

 絶望した声で言ったのは、年長の水竜だった。全員がはっとして、あたりを探る。竜が死んだあとに、必ず残る命の香りは、微塵も感じられなかった。

『どういうことだろう。みんな死んでしまっているのに、魂だけがないなんて』

 リヴィエロが首をかしげて、疑問を口にする。明るく取り繕った声は、廃村にむなしく響いた。

 

 その一年後。事態は大きく動いた。

 北大陸と西大陸を中心に、人間たちによる竜の大量虐殺が行われたのである。後に「最初の竜狩り」として歴史に残る大事件だった。そして、そのとき使われた武器は、今まで誰も知らなかった、「竜の魂に干渉し、砕く武器」だった。

 魂を喰らう武具が、どこから来たのか。北の水竜たちは、誰からともなく悟った。

 誇り高き竜の魂が、竜を殺す武器に作り変えられたのだと。

 かつて、人と竜を生かすために戦っていた彼らの命が、今、同胞を殺すために使われているのだと。

 

 青い鱗の小竜は、色のない大陸を眼下にとらえて飛んでいた。

 竜の大量虐殺が起きて以降、各地で、血を血で洗う争いが勃発している。心ある竜たちは、それを止めるために、世界中を飛び回ることとなってしまった。もはや齢など関係ない。小竜もみずから、戦火のなかへと入っている。

 今もまた、ひとつの仲裁を終えたあとだった。彼の頭の片隅にはいつも、無残な死を遂げた竜たちの姿が焼き付いている。最期の瞬間を見届けることもかなわず、目の前からいなくなってしまった彼らの面影は、竜たちを静かに苦しめていた。

 ため息をこぼした小竜は、なんの気なしに地上を見る。そして、ぎょっとした。

 かつて村であっただろう廃墟から、ひとりの少女が飛び出してくる。薄い服に毛皮の上着を乱暴にはおっただけの格好。はだしで懸命に走っている。まさか、と思い、彼は少し先の空を見た。竜の集団が、少女におそろしい目を向けている。主もつかさどるものも違うだろう竜たちは、今、小さな人間を前に結託していた。

『やめろ!』

 小竜は叫んで降下する。自分を追う群に気づいたのか、立ち止まってすくみあがった少女へと、勢いよく覆いかぶさった。

『邪魔をするな!』

 怒声が聞こえた。と思った次には、体中を焼くような殴るような、とにかく激しい衝撃が襲いかかっていた。それでも小竜は、声のひとつもあげず、少女の上からどくこともしなかった。

 

「……え、ねえ」

 そばで響く声に気づき、小竜は薄目を開けた。いつの間にか意識を失っていたことに気づき、起きあがろうとして、失敗した。鋭い痛みがあちこちに感じられる。しかたなく、頭だけをわずかに動かして、声の方を見た。

「あ、起きた」

 そこには、竜の群から逃げていた少女の姿があった。彼女は小竜と目が合うと、無邪気な笑顔を見せる。が、笑顔はみるみるうちにかげった。

「おけが、したでしょう? 痛い?」

 舌足らずな問いかけに、小竜はゆっくりと答える。

「大丈夫。このくらい、すぐ治るから」

「本当に? でも、すっごく痛そうよ。血だって出てる」

「本当に大丈夫」と小竜が繰り返すと、少女は唇をとがらせた。それから彼の顔の前に座りこんで、何かを差し出してくる。濃い緑色の、小さな球体だった。

「これ、がじがじ噛んで。痛いのによくきくの」

 力強く言われたので、声におされた小竜は、言われた通り球体を噛み砕く。すぐに、目を細めた。

「にが……」

「でしょ。わたしもそれ、苦手なの」

 そう言って笑う少女に、小竜は呆れのこもった視線を注いだ。

 

 彼の言ったとおり、少しして小竜は問題なく飛べる程度にまで回復した。ひとまず少女とともに、目につきにくい岩陰へと避難する。少女は膝を抱えて座りこむと、寒々しい北の大地を見やった。

「みんな、死んじゃった。お父さんも、お母さんも、隣のおじちゃんも、字を教えてくれたおじいちゃんも」

 声がこぼれる。

「逃げた人たち、どこに行ったのかな。ぶじ、かなぁ」

 少女はぽつりと言った。大きな目がうるんで、たまった涙が頬をつたい落ちる。悲しみに沈む横顔を無言で見た小竜は、低く喉を鳴らした。

「君は――私が、怖くないのか」

 今、訊くことではないだろう、とは思った。けれど、訊いていた。少女は目を瞬くと、ゆるく首を振った。

「怖くない。だって、あなたが殺したんじゃないもの。それにあなたは、わたしを助けてくれたもん」

 幼子の答えは単純だった。

 小竜は、目をみはる。――みながそう考えられたら、争いなど起きなかっただろうと、思った。

「あなたは、わたしが嫌いじゃないの?」

「なぜ」

「だって、とっても悲しそう。お友達が、死んじゃったのかと思って」

 人間に殺されて――続くはずだった言葉を、少女はのみこんだ。小竜は苦笑して、たたんだ翼を一瞥する。

「そうだね。私も……母のようだった竜を、人間に殺された」

「じゃあ」

「でも、私の答えも君と一緒だよ。君が殺したんじゃない。だから、嫌いになんて、なるわけがない」

 小竜がきっぱり言うと、少女はへらっと笑った。残っていた涙の粒がこぼれるが、彼女はそれをぬぐうこともしない。

「じゃあ、わたしたち、おんなじだね」

 ただ、先程と変わらない笑顔でそう言った。小竜も、うなずいた。彼は薄曇りの空に目をやると、翼をかすかに震わせる。

「さて、そろそろ、君を安全なところに連れていかないと――」


「バルバラっ!」


 小竜が少女に声をかけようとしたとき、正面から別の声が叩きつけられた。一頭とひとりは顔を見合わせたあと、声のした方を見る。少女が目をみはった。

 いつのまにか、ぼろぼろの人間たちがそこにいた。少女を見て安心したようだったが、隣に竜の姿を見つけると、一気に殺気立つ。

「青い、竜!?」

「このっ。まだ何かするつもりか!」

 まずい、と。小竜は目を細めた。今すぐ逃げなければ危ない。傷は完全に治ったわけではないのだ。頑丈そうな棒や槍や銛を手にしている彼らに追いすがられたら、いくら彼でも飛べなくなるかもしれない。とりあえずひるませようと、息を吸い込みかけた彼は、けれど動きを止めた。

「待って!」

 少女が声をはりあげて、竜をかばうように立つ。竜も、人も驚いて固まった。

「だめよ! みんな、だめ! 彼はいい竜様なの! わたしを助けてくれた、やさしい竜様なの!」

 彼女の声におされつつ、村の生き残りの人々は、じりじり距離を詰めてくる。少女が激しくかぶりを振った。

「だめだって! 竜様は、自然をつかさどるえらいいきものなんでしょう!? やさしい竜様におけがをさせたら、またほかの竜様も怒ってしまうかもしれない! そうなったらまた、みんなが悲しい思いをするじゃない! そんなの、だめ!!」

 泣きわめくような彼女の言葉に、小竜は息をのんだ。

 それは、かつてオシアネが彼に教えてくれたことに、とてもよく似ていた。彼自身が今、胸に秘めていた思いにも。

 村人たちは困ったように顔を見合わせたが、しぶしぶ武器を収めてくれた。少女がそちらへ嬉しそうに駆けてゆく。彼女の背を見た小竜は、微笑んでから羽ばたいた。

 翼の音が聞こえたのだろう。少女が、びっくりしたように振り返った。

「ありがとう。これ以上みなを怖がらせても悪いから、私はもう行く」

「う、うん」

 うなずく少女は少しさびしそうだったが、すぐに明るい顔で手をあげた。

「あ、待って! 名前、教えて!」

 小竜は首をかしげる。すると、少女が一生懸命続けた。

「だ、だって。名前がわかれば、またあなたがおけがをしたときに、さっきのお薬を持っていけるもん」

 さっきのお薬。緑色の球体のことだろう。なんともいえぬ味を思い出した小竜は、思わず笑った。そして、「わかったよ」と前置きし、自分の名前を口にした。


 少女と別れて飛んでいると、背後から声がかかる。振り向けば、ひどく焦った表情のリヴィエロが翼を動かしていた。

『リヴィエロ。そんなにあせって、どうしたんだ?』

『どうしたも何もない! おまえがいつまでも帰ってこないから、心配して見に来たんだよ!』

 猛然として言ったリヴィエロは、小竜の体をながめまわして喉を鳴らす。

『まさか、人間たちに何かされたんじゃ』

 それを聞き、小竜は思わず笑っていた。『なんだよ!』と不満そうに言ったリヴィエロへ、彼は穏やかに言葉を返す。

『そう、疑ってかかるものじゃないよ』

 目を瞬いたリヴィエロへ微笑んで、小竜は目をそらす。薄い雲が、静かに空を漂っている。いつもと変わらぬ風景だ。

 この風景が永遠に続くものと思っていた。今は、永遠に続くものにしなければならないと、考えている。

 そのためには、人の力が必要だ。

『大丈夫。希望はある。人も竜も、やり直せる』

 彼は小さく呟いた。目の奥に、希望を与えた少女の笑顔を思い浮かべながら。

 

 色のない大陸を、家を失った人々が往く。沈んだ顔をしている人が多い中で、ひとり、ある少女だけはどこか穏やかな目で空を見ていた。

 記憶にあるのは青い竜。まだ鮮烈に思い出せるその姿を、声を、慈しむように思い返して、少女は優しく微笑んだ。


『私の名は――ディルネオだ。お薬、待ってるよ』

 波のない海のように優しい声は、確かに彼女の希望になった。

 


     ※


 

 これは、古い記憶の断片。

 世界を揺るがすとある旅路の、ずっとずっと前につむがれた、物語。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます