40.ぶつかる力

 竜の咆哮があたりを震わせた。その瞬間、降りしきる雨のしずくが不自然に浮かびあがり、渦を巻く光景をディランは確かに見た。渦巻く水は、見る間に流れが早くなり――やがて、彼らに向かって押し寄せてくる。竜へ向かって走りかけていたゼフィアーを見つけたディランは、とっさにその腕をつかんで、ひっぱった。

「わっ!?」

「ちょっと待て。あいつら、話す気ないみたいだ」

「……そんな!」

 ゼフィアーが青ざめた。遅れて、凶暴な水の渦に気づいたらしい。

 水が迫る。ただの水ではない。炎竜たちの炎、ルルリエの風と同じ、立派な竜の能力。太刀打ちできないとわかっていても、ディランは剣を構えていた。が――

 突然、目の前に白い何かが飛び出した。それは、わずかな間だけまばゆく輝くと、みるみるうちに巨大化する。

『させるものですか!』

 いつも聞いている声の、何十倍も大きい怒声。その終わりに、あたりに風が吹いた。鋭い風が水の塊を見る間に切り裂き、打ち消す。そして、そよ風のようなやわらかい空気の流れが、人々のまわりをつつみこんだ。

 呆然と、一部始終を見ていたディランは、不自然な風がまわっていることに気づく。目には見えないが、空気がまわりに渦をつくっているように感じた。肩にいた鳥がいつの間にか姿を消していて、代わりに、前方に白い竜がいた。

「ルルリエ」

『竜の力に対抗するなら、竜の力よ! まわりが見えなくなってる馬鹿の場合は、特にね』

 彼女はゆったりと翼を動かして、迫りくる水竜の群を待ちうけた。

 やがて、竜たちはディランにもはっきりそうとわかるくらいに近づいた。同時に、予想していたにもかかわらず、その目つきの恐ろしさに足がすくんでしまう。彼らは、本気で怒っていた。

『同胞よ!』

 前方から、叫び声があがる。腹にずしりと響く低音は、地鳴りに似ていて、地鳴りよりずっと大きく恐ろしかった。

『なにゆえ、邪魔立てをするか!』

『するに決まってるでしょうが! あなたたちこそ、こんなところで何油売ってるわけ? わざわざ北からここまで来たんでしょ。さっさとやること済ませて戻りなさいよ』

 恐怖で身動きできなくなりそうな怒声に、竜であるルルリエはまったく動じない。それどころか、きつい言葉を倍にして投げ返している。だが、竜たちは意に介さない。その場ですばやくばらけると、翼を激しく羽ばたかせた。

 青い光の波が空間を揺らした。ディランの目にはそう見えた。瞬間、地面にたまっていた水が、音を立てて起き上がる。とぐろを巻く蛇のように回転しながら、水が柱のように立ちのぼった。

「な、なにこれぇっ!」

 絶叫したのはレビである。棒を構えてはいるが、あんな意味のわからない水柱を棒一本でどうにかすることは、不可能だ。

『くっ、あいつら……ここまで聞かん坊になってるなんて』

 そのひとつひとつに風をぶつけながら、ルルリエが歯噛みする。そして、人間たちを振りかえった。

『やっかいね。散らばっちゃった奴らを一か所にまとめられない?』

「俺たちがか」

 ディランは勘弁してくれという気持ちで問う。ただの人間にすぎない自分たちが、竜相手に立ち回れるとは思えない。かといって、小竜こどもとはいえ竜のルルリエが、あからさまに誘導するような動きを見せれば、水竜たちは意図に気づいて逆上する可能性がある。

「とはいえ、作戦を練ってる余裕もねえなあ」

 トランスが苦々しげに呟いた。

 あたりでは水の渦が次々につくりあげられている。中には、雨の粒をつぶてのように操る竜もいた。ルルリエはそれらをうっとうしそうに翼で払った。

 ディランはふっと『伝の一族』の少女を見た。彼女はさっきから、大声で竜語を叫んでいる。

「ゼフィー、なんとかできないか?」

 ゼフィアーはゆるゆると首を振る。

「だめだ。先程から語りかけてみてはいるのだが、届かない」

「そうか。うーん……」

 うなったディランの視界の端で、ややかたむけられた槍の穂先が光る。マリエットが、厳しい目で上空をにらんでいた。

「せめて、彼らの気をいっせいに引くような何かがあればね」

 竜の研究者を名乗る女性の眼差しは、己の知識と記憶を探っているようにも見える。

「それが一番難しいんでしょう? 私たちの武器を使うのはだめって言われそうだし」

「あたりまえだ」

 うんざりしたようなイスズの言葉を、トランスが切り捨て――だが、そのとき、ディランの耳は反応した。眉がぴくりとはねあがる。

「武器……《魂喰らい》?」

 彼が自然と思い出したのは、ロンズベルク下山途中で、ルルリエと出会ったときのことだった。最初はディランを警戒していた彼女だが、「魂を砕く武器を持っていない」と判断したことで、少し心を許してくれたのだ。マリエットについても、同様だった。

「なあ、ルルリエ」

『何!?』

 忙しそうに水を払っているルルリエから、いらだたしげな返答がある。ディランはかまわず続けた。

「竜って、《魂喰らい》の武具の気配か何かがわかるのか?」

『そうよ! なんというかね、心がざわざわってするの! 身の毛がよだつって感じ! でも、それがどうしたの!?』

 ルルリエの返事は悲鳴に近かった。が、ディランはろくに聞いていなかった。頭の中に光が閃いたのを感じた。あてずっぽうの、博打もいいところの一案。けれど、試す価値はあるだろう。

「チトセ、イスズ」

 ディランは振り返り、少女たちの名を呼ぶ。二人はすぐに顔をディランへ向けた。

「頼みがあるんだけど……前に出て、二人の武器を抜いてみてくれないか?」

 彼の言葉に、少女たちはぽかんと口をあけた。レビやトランスも呆けていたが、彼女たちよりは早く我に帰り、そろってまくし立てる。

「ちょ、何言っちゃってるんですかディラン!」

「アレはさすがにだめだろ!」

 ディランはため息をつき、顔の前に両手を広げて「落ちつけ」と冷たく言う。二人が顔をひっこめたところで、言葉を続けた。

「それはわかってるし、俺だって竜を殺させたくない。要は、使んだろ?」

 再び、沈黙する。

 沈みこんだ場の雰囲気を打ち破ったのは、小さな笑い声。

「そういうことね」

 マリエットが微笑していた。状況を楽しむような、窮地にそぐわぬ笑みだった。それを見て、一瞬、心から不快感をあらわにしたチトセが、ふ、っと目をみはる。そして、ディランに悪戯っぽい笑みを向けた。

「なるほど。あたしたち、囮ってわけね」

「そうともいう」

 ディランは肩をすくめてみせた。イスズも意図に気づいたらしい。「嘘でしょ!?」と反抗的に叫んだ。

 ただ、赤毛の少女とは対照的に、チトセは意外と乗り気なようだった。刀に手をかけ、進み出る。

「いいわ。やってやろうじゃない」

「チトセ! 本気なの!」

「本気よ。武器を抜くだけでいいんだもの、簡単じゃない」

 口早に、少女はそう言った。もはや意見をひるがえす気がないと悟ったのか、イスズもかぶりを振りながら前に出る。そのとき、チトセがディランを振りかえった。

「ちょっと安心したわ。あんたが善人ぶるような奴じゃないってわかって」

「どうも。前から、善人ぶってるつもりはないんだけどな」

 ディランは答え、苦笑した。


 チトセとイスズが前に出る。どうも、ルルリエも水を払いのけながら話を聞いていたらしい。二人をすなおに、水竜の群の前に立たせて、自分はわずかに下がる。羽を広げ、張られた帆のようにぴんとのばした。

 竜の目が猛々しく光る。同時、チトセとイスズはおのおのに、武器を構えた。刀は鞘から払うように抜かれ、槍は構えられて穂をきらめかせる。

「さあ来な、竜ども! 昨日の仕返ししてやるわ!」

 チトセなどは、わざわざ声を張り上げて挑発までしてみせた。ちょうどうっぷんが溜まっていたのだ。今ここで、思いっきり晴らしてやろうと思ったのである。

 散開していた竜たちの目に、殺気が走った。

『貴様ら!』

 青い翼の竜たちが、いっせいに、チトセとイスズめがけて突進してくる。彼女たちも、まるで今から突撃とばかりに構えるが、

『下がって』

 ルルリエのささやきとともに、すばやく飛びすさった。同時にルルリエは顔を上向け、風を呼びよせる。再び、風がやわらかく渦を巻いて、人々を取り囲んだ。彼らが風に囲まれると、張っていた翼を、ぶわり、と勢いよく振った。

『ちょっとは――』

 白い翼が空中をなでる。水をはじき、そして。

『頭を使って考えなさい!』

 翼の軌跡をなぞるように風が舞い、水竜の群れへ吹きつけた。風に巻き上げられた細かな塵が、輪をつくって水平に滑る。不自然に動いた風は、人々の頭上から雨水さえもかっさらう。小竜の力を受けた水竜たちは、細く高く、悲鳴をあげた。

 ディランは、暴風が頭上をかすめていくのを感じながら、自分がとんでもないことに関わっていると、今さらながらにぞっとして、身震いする。

「ちょっと叩く、でこれかよ。とんでもないな、竜って……」

「うむ。だから本来、人間に簡単に狩られるような種族ではないのだ」

 隣でうなずくゼフィアーは、妙に冷静だ。彼女に冷めた視線を注ぎながら、ディランは、そういえばこいつって、俺と出会う前にも竜に会ったことあるのかな、などと今と関係ないことを考えた。だが、竜の悲鳴が波のように耳に届いて、顔を上げる。

 風に巻き上げられて振りまわされた竜たちがどうなったか、それがわかったのは、風がおさまったあとだった。

『な……ルルリエ!?』

 どこからか、風竜の名を呼ぶ竜語が響く。確かに理性を感じられる声だ。ディランたちはほっと胸をなでおろした。

 が、次の瞬間。

 理性的な声を吹き飛ばすほどの、絶叫が響いた。

 油断しきっていたディランたちは、とっさに耳をふさいでうずくまる。そろそろと目を上げたディランは、唖然とした。

 竜の群が割れている。一部の竜たちだけが、もといた場所から少しだけ、まとまって遠ざかっているのだ。遠ざかった方が、正気を取り戻した竜たちなのだ――とディランが気づいたのは、届く竜語を聞いたときだった。

『待て、おまえたち、止まれ!』

『同胞に向かって撃つ気か!』

 その後も、轟々と制止の竜語が飛ぶ。が、絶叫を上げた竜たちは止まらなかった。雨水があり得ない速度で浮かびあがり、水たまりすらも練り上げられる粘土のごとくのびて、空中へ吸い寄せられていく。

 異様な光景に、ルルリエが青ざめた。

『うそ……ひょっとして、力が足りなかったの?』

「どっ、どういうことよ!」

 絶叫を聞いたときに刀を取り落としたチトセが、それを拾いながら、狂乱気味に叫ぶ。ルルリエも、逆上するように返した。

『力が、あとちょっと、足りなかったの! 中途半端にぶつけちゃったから、我に返る竜と余計に怒る竜に分かれてしまったみたい!』

「なっ――そんなのありか!?」

 ゼフィアーが叫んだ。彼らが唖然としている間にも、水は吸い寄せられ続けて、巨大な塊へと変化してゆく。ディランがはっと空を見上げたころには、街ひとつのみこみそうなほどの水柱が、ごうごうとうなっていた。響くのは、滝の落水にも似た重低音。

「な……にこれ……」

 イスズが呆然と呟く。その横で、チトセも魂を抜かれたように固まっていた。

 そんな彼らへ、怒り狂った竜たちは容赦なく狙いを定める。砂塵を巻き上げる竜巻のように、水柱はのろのろと動き始めた。岩を砕き、土をえぐり、離れた低木さえもなぎ倒しながら。

「チトセ! 退避!」

 言うなり、イスズが踵を返して走った。ルルリエが渦をつくっていた風を散らし、ほかの人々も反転して走り出そうとする。だが直後、ディランは背を向けたままのチトセを視界の端にとらえて足を止めた。

「チトセ!」

「っ、あんた、何やってんの!?」

 気づいた友が振り返って叫ぶも、チトセは反応しない。その間にも、水柱は確実に近づいてきていた。刹那の間に、ディランは焦り、思い出す。

 豪雨の中、動かなかった、動けなかった少女の姿。彼女が感じていたのは、恐怖か、後悔か。

 逡巡はやはり短い。

「くそっ!」

 吐き捨てたディランは、また反転して駆けだした。後ろから飛ぶ制止の声をすべて振りきり、チトセに飛びかかる。固まっている少女を後ろから強引に抱きかかえ、横にとんだ。かたい岩場を転がり、かろうじて水を避ける。

 小さな声が聞こえる。チトセは我に返ったらしい。安堵したディランは、凍りついて動けない彼女を助け起こそうと考えて、まずは自分が体勢を立て直すべく手をついた。

「ディラン! だめだ、来るぞ!」

 ゼフィアーの声がとぶ。

「え」

 自分でも間抜けと思える声を上げ、ディランは背後を見た。そして言葉を失った。

 水柱がこちらに向かって膨張している。足をのばすたこのように。あるいは、じわりと広がる波紋のように。迫りくる茶色く濁った水流を、つかのま、他人事のように見る。

 間に合わない。

 そんな言葉が脳裏で弾けた。奥歯を強く噛みしめたディランは、さっと立ちあがり、自失したままのチトセを投げた。

「ちょっ……!」

 少女の声が瞬時に遠ざかる。遠くで何かが倒れる乾いた音と、仲間の声がした。そのすべてを聞く前に――ディランの何もかもを、濁流がのみこんだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます