36.静かな異変

 不確かな道の途中、ディランは立ち止まった。最後に街に寄ったときと比べてずいぶん軽くなった布袋をかつぎなおしながら、肩の鳥を見やる。

「どうだ、ルルリエ」

『うん。こっちで合ってる、と思うわ』

 鳥は羽を震わせながら、不思議な言葉で答えた。うなずいた彼は、また一歩を踏み出す。水気の多い泥を踏んでしまって、顔をしかめた。彼が歩きだしたことで、まわりにいた四人もそろそろと動きだす。

「ルルリエ、あってる、って言ってました?」

 レビがディランを見上げて問うた。ディランは「うん」と短く返す。すぐ前を向いたレビの隣で、ゼフィアーが歩きながら地図を広げた。

「うーむ。前々から思っていたが、だんだん、北の方に向かっていっている気がするぞ」

「予定していた進路からはかなりそれてるが、ま、ルルリエの感覚をあてにしてるから、しかたねえわな」

 前髪をいじくりながら呟くゼフィアーの頭を、トランスが軽く叩く。彼の声には、不安だとか、心配だとか、そういう雰囲気がまったく感じられなかった。

 東の砂漠に降り立ってから、すでに二十日近くが経過していた。当初、ほぼ真東に進むつもりでいた一行だが、道中でルルリエがわずかに主竜の気配を拾ったために、計画を変更して、彼女の感覚に従って進むことに決めた。結果、進路は少しずつ北向きになり、今はヤッカの遥か先、北東にある小国イェルクに入ったのである。

「けどなあ。もうちょっと、はっきりわかんないもんなのか? 主の気配ってのは」

 トランスが愚痴をこぼしたところで、隣を悠然と歩いていた銀髪の女性が、穏やかに目を細める。

「シルフィエは、すごく遠いところにいるのかもしれないわね。『彼女ルルリエを送り届ける』のはいいけれど、それすらも大仕事になりそうだわ」

 言葉とは裏腹に、語る声は楽しそうだ。呆れて目を細めつつ、ディランは、ふっと足元に目をやる。茶色い地面はいつの間にか平らになっていて、彼らの歩く横を、黒々としたわだちが走っていた。

「……町が近いのかな」

 彼の声を拾ったルルリエが、細い声で鳴く。

『それなら、早く行きましょう。天気が崩れそうよ』

 竜語ドラーゼをくみとった三人が、いっせいに空を見上げる。それにつられ、レビとトランスも顔を上げた。彼らの目の先には、見ているだけで陰鬱な気分になりそうな、曇天が広がっている。低くたれこめる灰色の雲は、今にも雨を落としそうだ。

「そうだな。なんとなく、寒くなってきた気がするし」

 言ったゼフィアーが、上着の襟を寄せる。スカーフは、防寒具としてはこころもとない。

 ルルリエの一言をきっかけに、ディランも含めまわりの人たちが天候についての不安と不満をさらけ出している中、マリエットがふいに、足を止めた。表情が厳しいものになる。

「……マリエット?」

 彼女の変化に、一番に気づいたディランが声をかけると、彼女はきつい目で道の先をにらんだまま言う。

「砂漠を抜けてから、ずっと思っていたけれど、変だわ」

「変?」

「湿気が多すぎる」

 彼女の声はかたい。それを受け、トランスが目を細めた。

 男の変化に気づかなかったレビが、心配そうに女性をあおぐ。

「どういうことですか?」

「このあたりはね、乾燥帯と呼ばれる気候なの。本来、もっと空気は乾いていて、今の時期は雨もほとんど降らないわ。だからほら、砂漠から離れてからも、あんまり大きな植物を見かけないでしょう?」

 まわりを見渡しながら言うマリエット。ディランとレビが、目を瞬く。本当だ、と呟いてから――ディランは、急に、漠然と嫌な感じを覚えて目を細めた。

「……と、言う割に、ずいぶんじめっとしてるな。変っていうのは、このことか」

「そう。いろいろと、おかしいのよね」

 竜狩りゅうがりの影響じゃないといいけど。

 そんなふうに呟いたのは、誰だったか。わからないまま、全員が、不安を殺して沈黙する。出所のわからぬ一言は、彼らの心のうちを代弁していた。


 しばらく歩くと、ディランの予想どおり、町が見えてきた。同時に、雨も降りはじめたので、三人は駆け足で町に入り、ちょうど近くにあった安宿へ飛びこんだ。

 確かめているひまがなかったが、街道に沿ってつくられた宿場町のようだった。不規則な石畳がひかれた道は広く、馬車の横を人が歩けるだけの余裕がある。

――彼らが宿屋に駆けこんだあとになって、急に空が暗くなりはじめ、家いえの中から、明りが漏れはじめる。雨は見る間に強くなり、全員が落ちついたころには、外は豪雨になっていた。宿屋も雨戸を閉めきってしまったため、薄暗い。ざあざあと、かすかに聞こえる雨音の中、ディランは子どもたちと一緒に木製の長椅子に腰かけた。

「なんとか間にあったな。あまり濡れずにすんでよかった」

 ゼフィアーが呟きながら、髪をいじる。

 それにうなずいたディランも、息を吐いた。肩に乗っていたルルリエが羽ばたいて、膝の上に移る。甘えるように鳴いた鳥へ苦笑して、少年は白い羽をなでた。ほんのり湿っていて、冷たかった。

 雨を逃れて旅の一行がくつろいでいると、いきなり、奥から声がかかった。

「大変だったね、あんたら。茶でも出そうか?」

 声の主は、奥から姿を見せた老人である。宿の主人だろう。

 それに答えたのは、槍を磨いていたマリエットだった。

「あら、まだお金も払っていないのに、お世話になるなんて悪いわ。雨宿りできるだけでも、ありがたいのよ」

「そう言うなって。見てのとおり、しょぼい宿でな。奥の方にある大きい方に客を取られちまってるんだ。しかもこの天気だから客はほとんど来ない。要は、ひまなんだよ」

 主人はそっけなく言いつつ、そばの小さな扉の向こうにひっこむ。少しして、本当に五人分の茶を出してきた。彼らは苦笑しつつ、くすんだ白のカップに口をつける。主人が、横目で彼らを見ながら、ディランに何かを放り投げてきた。器用に受けとめて見てみれば、麦粉からつくられた生地に、野菜のかすを練りこんで焼いたもののようだった。小さな棒状のそれを指さし、主人は言う。

「そこの鳥にでもやりな。普通のえさよか、うまいだろ」

「……あ。ありがとうございます」

 ルルリエは、鳥になっているのだった、とあたりまえのことを改めて思い出す。棒を彼女に差し出すと、一瞬だけ不満そうな顔をされた。が、彼女はすぐに、棒をくわえた。

『……思いっきり鳥あつかいだわ』

「しょうがない。見た目は鳥なんだし。わざわざ、おやつをくれたんだから、ちゃんと食べろよ」

『わかってるわよ。あと、これおいしい』

「それはよかった」

 こそこそ小声で会話をする。宿屋の主人には申し訳ないが、鳥がしゃべることが知られただけでも、大変なことになりかねない。ルルリエも、全身をわずかにこわばらせていた。

 降り続く雨の中、宿屋の中には、暖炉の熱のように温かい、奇妙に平穏な時間が流れる。五人のカップが空になったころ、老人が、ぼそりと言った。

「わしゃ、ここに住んで五十年になるがね。こんな大雨、はじめてだ」

「そうなのか?」

 トランスが素っ頓狂な声を上げると、小さなうなずきが返ってきた。

「どうなっとるんだか。凶兆じゃなけりゃ、いいけどな」

 主人はぽつ、ぽつと言いながら、雨戸に視線を注ぐ。水が板を叩く音が、だんだんと、大きくなっていた。雨はやむどころかさらに強くなっているらしい。

 ふいに、棒を膝に乗せて静かに座っていたレビが、口を開いた。

「……なんだか、この雨、嫌なことを思い出します」

 ディランとゼフィアー、そしてトランスは、顔を曇らせた。わざわざ言われずとも、なんのことかはわかる。雨の中に沈む、傷だらけの青い翼が見えるようで――ディランは思わず、強く首を振っていた。

 彼らが重苦しく黙りこんでいると、マリエットが立ちあがってみんなを見た。

「今日はもう外へ出られなさそうだし、ここに泊まることにしない?」

 ことさらに明るい声で提案する。気分をほぐそうとするかのような彼女の振舞いに、ディランたちはぎこちなくも笑顔になった。

「そうだな。じゃ、宿賃払うから計算してくれ」

 トランスが手を振りながら主人にそう言う。

 ディランはそこで目を瞬いた。思わず、むっつりうなずいている主人を見る。

「あの……鳥は、大丈夫ですか?」

「そんだけ静かならかまわんよ」

 主人は言って、しばらく考えこんだあと、値段を告げた。わかってはいたが、ふつうの宿よりだいぶ安い。ゼフィアーとトランスがほっとした顔になる。

 部屋を教えてもらったところで、主人に礼を言って部屋のある二階へ上がろうとした。だが、奥の階段をのぼる一歩手前で、ディランは足を止めて振り返った。

 さあ――と響いてやまないかすかな音に潜む、もっとささやかな、異質。

「ディラン? どうかしたのか?」

 先に数段あがっていたゼフィアーが、振り向いて声をかけてきた。ディランは、宿屋の扉の方をじっと見て、呟く。

「誰か来た」

「え?」

 四人分の声が重なって、返ってくる。

 雨音にまざる、ささやかな別の音。それは、水の跳ねる音。そして人の足音だ。ディランたちが来たのとは反対の方向から響いて、だんだんこちらに近づいてきている。ディランはきびすを返しながら、宿屋の主人に訊いた。

「すみません。ちょっと、開けてもいいですか」

 彼が扉を親指で示しながら言うと、主人は訝しそうな顔をしたものの、嫌そうにはせず答えた。

「別にいいが、本当にちょっとだけにしてくれよ」

「はい」

 ディランは小さく答えたあと、ルルリエに「ゼフィーのところ、行ってろ」とぞんざいに指示した。さすがに、毛がずぶぬれになるのは困るのか、彼女はすなおに奥の方へ飛んでいく。

 小さな鳥を途中まで見送った彼は、砂漠で使った外套を身にまとい、さっさと歩いていって扉を開けた。とたん、地鳴りのような雨音が近くなる。向かいの家すらかすむほどの大雨の中に踏み出した彼は、頭巾を目深まぶかにかぶりつつ、後ろ手で扉を閉める。乱暴に叩きつけられる水を無視して、左右をざっと見た。

 足音の主はすぐに見つかる。雨の中を走ってくるふたつの人影。どちらも華奢で、片方は特に小柄だ。女性だろうか。思いながら、ディランは大きく手を振った。

「おおい!」

 叫ぶと、影が一瞬だけ止まった。こちらに気づいてくれたらしい。ほっとしながら、ディランはさらに、轟音の中で声を張る。

「こんな土砂降りの中で何してる! 宿屋があるから、早く入れ!」

 すると、二人は走る速度を上げたようだ。地面にたまった水を蹴る音が近づく。人を覆う影は薄らいで、かわりに、色と形が鮮明になった。雨の中を必死で走ってきたらしい、二人の少女は、外套をまとったディランを見てお礼を言おうとする……が。彼の顔を真正面から見たとたん、「はあっ!?」と仲良く叫んだ。

 また、ディランも少女たちの姿を確かめて、凍りついた。叫びかえしそうになってこらえたものの、驚きの声はこらえきれなかった。

「な、なんでこんなところに……」

「それ、あたしらが言いたいんだけど」

 とげとげしい声には、嫌というほど覚えがある。ディランはほんの少しだけ、自分の行いを後悔した。

 豪雨の中、彼が見つけたのは――『破邪はじゃ神槍しんそう』の少女たちだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます