幕間

1-1 暁光に輝く剣

『希望の風』の商館は、一口には言い表せない慌ただしさに満ちている。今も、のんびり歩く三人の横を、羊皮紙の束を抱えた若者が走り去っていった。

「すごいところだなー」

 ゼフィアーが、間の抜けた声を出す。ディランは無言で同意した。見ているだけで圧倒される光景だ。

「『希望の風』ほど大きい商会になると、仕事が絶えませんし、大きなお金が動きますからね。みなさん、毎日てんやわんやです」

 張りつめた空気の中でレビひとりが冷静なのは、前に来たことがあるからだろう。


 ラッド・ボールドウィンとの面会を終えて、無事に小包を届けた三人は、彼から許可をもらって商館の中を見学していた。レビが案内役のかわりを務め、会長からお許しをもらった場所を、申し訳なさを抱えつつも見てまわっていた。


「む、あんなところに大きなはかりがある!」

「あ、ゼフィー! わかってると思いますけど、それ触っちゃだめですよ!」

 巨大なはかりを見つけて目を輝かせるゼフィアーの後を、レビが目を回しながら追いかける。ゼフィアーの方が年齢はいくつか上のはずだが、商館内においては、一時的に立場が逆転していた。

 ディランは二人を微笑ましく見守って、少し離れたところからついていく。

 けれど、その途中で呼びとめられた。

「ディラン、だったか。少しいいか」

 覚えのある声に振りかえれば、柱の影に仏頂面の男が立っている。商会の中では珍しく体格のいいダンは、今はひとりでそこにいた。呼ばれたディランは、おぼろげながら用事を察して、彼の方へ足を運んだ。

 二人が心配になって視線を向けてみたが、レビとゼフィアーの二人はうまくお互いを御しつつ見学しているので、しばらくは放っておいても大丈夫だろうと判断した。

 ダンのもとへ行くと、彼はいきなり口を開いた。

「『烈火』と最後に会ったのはいつだ?」

 突然の質問に驚いて、ディランは一瞬固まった。けれど、頭の中ではすぐに数字をはじき出す。

「ええっ、と。一年半くらい前、かな。しょっちゅうは帰らないんだ」

「そうか」

 ダンはいいとも悪いとも言わなかった。顔をそむけてぼそりと返事をする。あまりにも無愛想で、ディランは困惑した。黙って、話の糸口を探す。

 だが、ディランの方が何かを切り出す前に、再びダンが口火を切った。

「そのとき、首領ボスは変わりなかったか」

 いつも通りだ――と反射的に答えかけて、ディランは口を開いたまま固まった。喉元まで出かかった答えが、音にならずに消えてゆく。目の前の男の言葉がにわかには信じられなかった。

首領ボスって、まさか」

「あんたの考えているとおりだ」

 ダンはうなずき、腰の袋をまさぐる。

 掲げられた手の中には、古びた赤銅色の首飾りがあった。

「俺はもともと、『暁の傭兵団』の一員だった」


 確かに商会には似つかわしくない男だと思った。

 けれどまさか、よりにもよって、あの傭兵団にいた者だとは、予想もしていなかった。

 張りつめた声の応酬がやまない商館の中で、二人のまわりだけが切り取られたように静かだ。ディランは言葉を探しながら、とにかく口を開く。

「そ、それっていつのことだ? あと、なんで今は『希望の風』に……」

 わき出てきた疑問をとっさにぶつけると、男はわずかに顎を動かした。

「七年半ほど前に、傭兵団を抜けた。ラッド会長からやたら気に入られてな。うちには戦える者がほとんどいないから、専属の警備員にならないかと言われた」

 七年半、という数字にディランは目を見開く。――自分とほとんど入れ違いだったことに気づいて、驚いたのだ。

「……俺は、殺しが苦手だった」

 ダンが目を伏せる。声音も重くなった。

 ディランは何も言わず、ただ話に耳をかたむける。

「苦手というより、殺せなかった。だから何度も死にかけて、仲間を危険にさらしたこともあった。それでも、俺を救ってくれた首領ボスに恩返しがしたくて、留まり続けていた。

 正直、ラッド会長の話を聞いたときには、迷った。警備員なら殺しの必要はないから、俺にとってはちょうどいい仕事だ。そう思う一方で――恩を返しきれていない、と感じる自分もいた」

 低い声は、淡々と過去をなぞる。男の瞳はどことなく暗い。

 けれどふいに、声色が明るくなった。

「俺の背中を押したのは、ほかならぬ首領ボスだった。

 俺は悩みに悩んだすえ、あの人に相談した。そうしたらあの人は――なんと言ったと思う?」

 問いかける口が、笑みの形につりあがる。ディランがはじめて目にする、彼の微笑だった。


「『おまえに傭兵は向いてない。とっとと日向に行っちまいな』」


 ダンは、似つかわしくないさっぱりとした口調で言う。

 低い声に、快活な女の声音が重なったように、ディランには思えた。そして、ついつい声を出して笑ってしまう。

「はは……なんというか、あの人らしいな」

「そうだろう。しかも、満面の笑みでこれを言った。今後に悩んで沈痛な顔をしている若造に、笑顔で『出て行け』と言ったのさ、首領ボスは」

 ひどいだろう。ダンはそうおどける。けれど、ディランはそうは思わなかった。ダンも、心からそう思ってはいないだろう。

 辛辣で痛烈な、短い言葉は――彼女なりの気遣いなのだ。殺しができずに思い悩むダンに、『殺しなんてしなくていい、恩返しもしなくていいから、もっと明るいところで生きろ』と、そう言いたかったのだろう。だが、ありのままの思いは言わない。それが『烈火』と呼ばれる女傭兵のやり方だ。

「ほんと、師匠はずっと変わってなかったんだな」

 ディランは呟く。それを聞いて、ダンも眼差しを緩めた。

「あんたも散々洗礼を受けたみたいだな」

「それはもう。毎日が過激だったよ。俺がもうちょっと小心者だったら、泣いて逃げだしてたかもしれない」

 でも――と、ディランは笑う。

「毎日が楽しくて、温かかった。厳しかったけどそのぶん、たくさん大事なものをもらって、ここまで来てる」

 そう言って、さらに言葉を重ねた。最初の質問の答えだ。

「師匠はいつも通りだよ。いつも通り元気で厳しくて、温かい。今もきっと、変わってないさ」

 だからこそ彼女の率いる傭兵団は、『暁の傭兵団』たりえるのだ。

 彼女こそが、人々の心に夜明けのような光をもたらす存在だから。

 ダンは答えを得ると、満足そうにうなずいた。

「そうか。それはよかった。

――もしも、また首領ボスに会うことがあったら、伝えておいてくれ。『あのときあんたが追いだした若造は、今も元気にやっている』と」

 ディランは神妙な顔でうなずき、それからふっと思いついて、おどけた。


「わかった。一戦交えたあとに、伝えておくよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます