3.交わりの瞬間


「おやまあ、こうも見事に壊されると、逆に清々しくなるね」

 元はひし形に穴が開いていた窓の木戸だが、今は文字通り粉々に砕かれ、丸裸になった窓から風がびゅうびゅうと吹きこんでいる。その有様を見て、女主人は苦笑して、客の少女は縮こまった。

「す、済まない。弁償はする」

「いいよそんなの。あんたがやったわけじゃないんだし、この程度ならそんなに金はかからない」

 ひたすら恐縮する少女に、女主人はひらひらと手を振っている。

「とりあえず、あたしはこれからいろいろ後始末するからさ。あんたはディランの隣の部屋でも使いなよ」

 少女は何か手伝いたそうにしていたが、女主人の有無を言わせぬ態度に押され、別の部屋へ撤退しようとしているらしかった。

 廊下の血糊ちのりを拭きとりながら、ディランは女二人のやり取りを聞いていた。慣れた手つきで、蝶番の弾け飛んだ扉を持ちあげたとき――げんこつが飛んでくる。

「あんたもだよ、ディラン」

「……手伝いしてて殴られたのは、さすがにはじめてだ」

 痛む頭に顔をしかめ、少年は女性をにらみつける。しかし彼女はにらまれてもまったく動じない。三十も半ばに差し掛かる女主人は、力強い目を彼に向けると、細腕に似合わぬ力でもって、彼の手から壊れた扉を引きとった。

「客がいらんことを気にするんじゃない。当事者じゃないならなおさらだ。とっとと戻って寝ちまいな」

「はいはい」

 きっぱりと手伝いを拒まれたディランは、両手を挙げて降参の意を示すと、素直に自分の部屋へ引き揚げた。


「……とはいえ」

 寝台に胡坐あぐらをかいたディランは、困ったように頭をかく。

「あんなことがあった後じゃ、寝れもしないな」

 今回のような、突発的な襲撃は初めてではない。自分自身が後ろ暗いことをしたことはそれほど多くないが、宿屋そのものや馬車が強盗や追いはぎにあうことはままあるのだ。むしろ今回の件は、手早く片付いた方である。

 だが問題は、その後だ。

 槍使いの目をみた瞬間の、強すぎる感覚は、今も頭に残ったままだ。あのとき閃きそうだった「何か」を手繰り寄せようとしてみるが、つかもうとするとしぼんでどこかへ消えてしまう。

 ディランはしばらく、目もとを手で覆って考え込んでいた。

 しかし、扉を叩く音に意識を引き戻されて、顔を上げる。すると、くぐもった声が聞こえた。

「少し、よいか?」

 あの少女の声だ。何かをためらっているようにも思える弱々しい声音に、ディランはちょっと眉を寄せる。

「……ああ」

 それでも少女を招き入れたのは、彼の心にひとつの決意があったからだ。

 ゆっくりと外から扉が開かれて、少女がそろそろと入ってくる。栗色の髪は二つに束ねられてはいたが、三つ編みにはなっていない。

 彼女はディランの顔を見ると、左手を胸に当てた。いつかも同じ仕草をみた気がする。

「今夜はその、すまなかった。私の事情に、巻き込んでしまった」

 昼間の堂々とした態度とはかけ離れた、どこか儚い謝罪の言葉。ディランはあえて軽い態度で応じる。

「気にしなくていい。同じ宿に泊まっていれば、そういうこともある」

 それでも少女は困ったように眉を下げている。――ディランは思い切って言葉を続けようとし、けれど途中で思いとどまった。ひらりと手を振り、話題をそらす。

「そういえば、おまえとはなんか縁ができちまったが、自己紹介のひとつもしてなかった気がするな」

「へ?」

 少女は目を丸くしたが、とりあえずは「そ、そうだな」と請け合う。彼女の戸惑いをわざと無視して、ディランは続けた。

「俺はディランだ。傭兵じゃないけど、それらしい依頼を受けて銭稼ぎしながら、あちこち旅をしてる。――おまえは?」

 少女に話を振ると、彼女は背筋を伸ばした。上官に声をかけられた軍人のように気をつけをして、名乗る。

「私はゼフィアー。ゼフィアー・ウェンデルだ。何をしているかというと……まあ、あてどなくふらふらしているだけなのだが……」

「へえ」

 ディランは苦笑する。彼女の態度から、勝手に「自由気ままな放浪者」という人物像を描いていたが、あながち間違いでもなかったらしい。

 ともあれ、ディランは、組んでいた足を解いて居住まいを正した。

「じゃあ、ゼフィアー」

「なんだ?」

「――おまえの護衛、引き受けたいんだけど」

「ふぇ?」

 ゼフィアーは間抜けな声を上げてディランを凝視する。それから、明らかにうろたえ始めた。

「む、無理はしなくとも」

「無理じゃないさ」

 彼女の言葉をさえぎると、ディランは真面目くさって言葉を続ける。

「俺も今回の件で、『連中』に顔を知られたんだ。その上ことごとく打ちのめしたからな。おまえと離れようが離れまいが、今後付きまとわれる可能性が高い。なら、一人より二人でいた方がいいだろ?」

 ゼフィアーはうなずく。それでも何か言いたそうにしていた。ディランは畳みかける。

「それに、おまえといた方が、俺も目的に近づけるかもしれない、と思ったんだよ」

 少女の困り顔がようやく揺らいだ。興味深そうに身を乗り出してくる。

「目的?」

「ああ」

「それは、槍の人を見てびっくりしていたのと関係があるのか?」

「――鋭いな」

 いきなり核心を突かれたディランはうめいた。飄々としている人ほど、意外と人を見ているものだ。分かっていたことだが、改めて実感させられた。

 咳払いしたディランは、ひとり得心した様子のゼフィアーに改めて問うた。

「というわけで。おまえの依頼、受けてもいいか?」

 今度はゼフィアーも心を決めたようだった。昼間と同じ余裕のある表情になると、強く首を縦に振った。

「うむ。よろしく頼む、ディラン。それと」

 言って少女は、自分の右手をディランに差し出す。

「私のことは、気軽にゼフィーとでも呼んでくれ」

 思わぬ申し出に虚を突かれたディランは、ぽかんとしたが、すぐに相好を崩した。そして、己の左手を差し出して、小さな右手を握ったのである。

「わかった。よろしく、ゼフィー」

「うむ!」


――二人の放浪者の旅は、こうしてひとつになった。

 長くて短い運命の交わりは、人を、世界を揺るがすことになる。



     ※



 黒い衣服に身を包んだ彼は、仲間と別れ、ひとり郊外をうろついていた。手元の短槍をもちなおすと、見たばかりのものが脳裏にひらめく。

「あれは……いや、まさか……」

 深く、力強い光をたたえた、海のような青。

 見知らぬ少年の目に彼が重ねたのは、もう二度とまみえるはずのない存在の、眼差し。

 憎しみとも悲しみとも――いつくしみともつかない感情があふれる双眸を思い出し、彼はよろめきそうになった。

 思いを振り払うようにかぶりを振って、得物を握り直す。

「もう後戻りはできぬのだ。私も――人間も」

 言い聞かせるように呟いた彼は、ふらふら歩きながら、消えない疑念を弄んでいた。そのときふと、ある案が思い浮かぶ。

「私のくだらぬ憶測を、情報として奴らに売ってやるか」

 もしかしたら、「あの男」の冷えたつらが揺らぐところが見られるかもしれない。


 戯れのような思いつきで、揺らぐ心をごまかした男は、ふらふらと頼りない足取りで、闇の中へ消えていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます