オオカミが作家になる

ライオン

プロローグ

 それは作家業界、出版業界、我々読者たる人たちを大いに騒がせた。


 ”本”


 それは作家にとっては自分の考えを書き、自分の思いを表現し、感動を届け、驚かせたり、たくさんの人に読んでもらいたいといった作家がその道を選んだ過程により本のあり方も変わってくる。


 読者は、娯楽の一つだったり、知識として読む。感動を求め、知らない世界を知るべくして本を手にする。


 一方で出版業界は、より内容の優れた本を世に出版するため、会社の利益のために全力だ。


 しかし作家業界、出版業界ともに、近年の本の購買率、本の内容についての不易に頭を悩ませ、それを理由に会議が行われた。


 そして一つのが決められた。


 そのルールは、ベテラン作家の佐藤ルカを唸らせ、アマチュア作家にチャンスが巡った。このルールは任意のルールだが、作家のプライドのために、作品に真の価値を与えるのに、作家はあえてそのルールに則って作品を書いた。


 ある日、佐藤ルカは自分のあることに気が付く。たった一人悩んだ末の決断。

 一日一日が新たな日となる。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます