パーサーと最初のゴーレム

作者 @wair2

29

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

大学の講義から始まりテンポよく進んでいく物語に引き込まれました。
ファンタジー×スチームパンク的な世界観や、ゴーレムというガジェットにワクワクしっぱなしです!

ゴーレムの形状やハードウェアに着目し、人形作家ハンス・ベルメールまで登場させるところにこだわりを感じました。
根底に押井守『イノセンス』や伊藤計劃×円城塔『屍者の帝国』に通じるテーマが垣間見え、ワクワクが止まりません。

近況ノートによると、それぞれの人物に元ネタがあるようです。
登場人物が多いにもかかわらず背景が造り込まれており、作品の雰囲気を一層深めてくれています。

シスター・リリスに助けられ海を渡ったパーサーたち。
文化も宗教も違う異国の地でパーサーたちに待ち受けるものは!?

続きを楽しみにしております!

★★★ Excellent!!!

――

ゴーレムの製造に関する物語です。
学問として確立しているというのは初めて見ました。とても興味深くておもしろいです!

また、主人公のゴーレムに対する熱意もいいですね。好感が持てます。
あらすじを見ると今後冒険もするようなので、そちらも楽しみです。