ぼくはそう、ぼくだった。あるいはそうだったもの。

作者 前島ケイ

ぼくの心をひらいて、向かうは……!

  • ★★★ Excellent!!!

意外な『ぼく』の作り込みが、読み応えがあります。

そして、ラストまで飲み込むように読まされる。

SF好きなら尚、唸るでしょう。

是非、ご一読ください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

いすみ 静江さんの他のおすすめレビュー 269