ぼくはそう、ぼくだった。あるいはそうだったもの。

作者 前島ケイ