プラタナス



今日も雨が降っている



学食に独りぼんやりと座って

プラタナスの並木に目を遣った



毒々しいまでの迷彩柄


剥げた樹皮の作る斑模様



それが雨に濡れて色を濃くし

毒を放っている




適当に頼んだA定食が

テーブルの上で冷めてゆく



様々な色に層を成すプラタナス



人の心もまた

一皮剝けば思わぬ色が顔を出す



溜息ひとつ

冷めた鯵フライにソースをかけた



「鯵フライには醤油だろう」



見上げると

気鬱の元が見下ろしていた


ぷいと横を向いてソースのかかった鯵フライを齧る







「おお、意外と旨い」


私の鯵フライを咥えたそいつが

当たり前みたいに向いに座った



ほかほかのA定食に醤油をかけて


「ほれ、こっちも食ってみ」って



無視してたら


鼻先に掲げて



あーんって




もう、馬鹿にして



だけど

いい匂い


私はぱくりとひと口




「おいしい」


「だろ? どっちも旨いな」



嬉しそうに笑う顔が憎たらしい


さっき喧嘩したこと

もう忘れちゃった?




怒った顔

笑った顔


優しさも

意地悪も



あなたが見せる斑模様


大嫌い











大好き

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます