第103話 淫らで凛々しき姫騎士

「集まったわね。それじゃ、行きましょうか!」


 ロビーの中に立ち込める、張り詰めた空気。それをどうにか和ませようとしているのか、所長さんの声色だけがやけに明るく感じられる。

 それでも、昨日のようなハイテンション状態には至らない。恐らく、今日は「使って」いないのだろう。


 ……しかし、指定された時間に集合した時、既に俺以外の全員が集まっていたのだが――「コンペティション当日」というだけあって、ロビー全体の空気が段違いに重く、私語の類が全く聞こえてこなかったのには、驚かされたもんだ。


 「空気を和らげて、心置きなく全力で戦えるように」と、私服での参加を許した所長さんの措置が、完全に無駄になっている。

 もしここへ目隠しでもしながら来ていたら、自分が一番乗りなんだと勘違いしていたことだろう。


 実際にコンペティションに参加するわけでもないのに――救芽井も矢村も、やけに強張った表情で俺を出迎えていた。何とか笑顔を作ろうとして失敗し、思い切り不気味になってしまっている……というところだろうか。

 そこまで二人に緊張されてしまうと、かえって代表として出場する自分自身が冷静になってしまう。案ずるより産むが易し、とは正にこれだ。

 ゆえに、俺は「大丈夫だから」「心配ないって」と女性陣二名を励ましながら、所長さんの指示を待ち続ける状態になっていた。……最初は、俺が励まして貰いたかったくらいなんだけどな。


 救芽井のことは、昨日のアレで多少はほぐれたかと思ってたんだが……やっぱり本番直前となると、緊張感が違うらしい。信じたいけど、やっぱり心配。そんな本音が、表情からダダ漏れなのだ。

 矢村も夕べはリラックスしていたようにも見えたが、いざ本番前になると弱い様子。場違いな感想だが、初めて会った時のテンパり具合を思い出して、微笑ましいとすら思えてしまう。


 そして先程、所長さんの指示によって全員がエレベーターへ移動し始めたのだが――瀧上さんや伊葉さん、茂さんには、救芽井達にあったような「焦り」の色は全く見られないままだった。

 緊張感こそあるにはあるが、その面持ちに揺らぎはない。さながら、死地へ赴く武士のような印象を、眼差しだけで周囲に与えている。

 久水に至っては、救芽井らとは正反対で、「心配することなんて何もない」と言わんばかりの佇まい。四郷は……どこと無く、何かについて「諦観」しているような雰囲気を漂わせている。


 ……大丈夫だ、きっと。

 今日で何かが変わる。俺が変える。そう決めたんだから――もうちょっとの辛抱だぜ、四郷。


 エレベーターの中に入って移動している時でも、沈黙が破れる気配はない。救芽井と矢村も、俺の声で多少は顔の筋肉が緩んだようだが、まだまだ落ち着いているとは言い難い感じだ。

 救芽井エレクトロニクス側の女性陣二名は、ほぼこの場の雰囲気に呑まれてしまっている……と言い切らざるを得まい。代表選手が俺なんだからしょうがない気もするけど。


 しかしそんな彼女達に引き換え、久水兄妹の落ち着きようには、見ているこっちが圧倒されそうだ。救芽井達の心境を豪雨に晒された濁流とするなら、向こうはさしずめ快晴の下で澄み渡る下流、といったところだろう。一瞬、こちらに向けられた真摯な視線に、思わずドキリとしてしまった。

 救芽井達の強張り過ぎた顔を見たおかげで、逆にある程度まで落ち着いてしまっている俺でさえ、あそこまで済ました顔はできない。二人とも、散々見せ付けられたあの痴態が嘘であるかのような、静けさ故の凛々しささえ感じさせている。

 そこでふと、俺は所長さんの話に出てきた、この兄妹の活躍を思い返した。


 ――四郷を守ろうとした時も、あんな顔をしていたんだろうか……。


 ……やがて最下層のグランドホールに到達し、控室まで人工知能に案内され、そこで所長さんや瀧上さん、四郷らの研究所側メンバーと別れたのだが。


「龍太様。念のため、『救済の超機龍』のバッテリー残量の確認を。それから、各種機能の点検も済ませておきましょう。柔軟運動も必要でしてよ」

「……あ、ああ」


 ――未だに、空気が重苦しい。

 少なくとも、多少は気心の知れた間柄であるはずの、俺達しかこの場にいない、というのに。


 ロビーに来て、エレベーターに乗り、決戦の地であるグランドホールまでたどり着く。

 そこまでの道程で、救芽井と矢村の二人とは、とうとう一度もまともに言葉を交わすことがなかったのだ。まるで、この冷たい牢獄のような空間に同化して、人格もろとも凍り付いてしまったかのように。


 おかげで、広大な決闘場を前にしても、それが気掛かりな余り感慨に耽ることすら出来なかった。「生気」の一切を遮断してしまうかのような、この無機質を極める次元が、本来その場でもたらされるべき緊張感すら麻痺させてしまっているのだろうか。


 今、俺達が身を置いているのはスポーツの大会によくあるような、ありふれたロッカールーム状の控室。だが、出場する選手は俺一人。

 にもかかわらず、俺以上にこの二人の方が緊張してしまっているのである。


「龍太様、肩が上がっておりましてよ。どうぞ、楽にしてくださいまし」

「あ、うん……ありがと」


 そんな中で、涼しい顔をしてアドバイスやマッサージをテキパキとこなす久水の胆力とは、いかほどの凄まじさなのだろうか。壁にもたれ掛かって腕を組み、こちらの様子をジッと見守っている茂さんの表情も、いつになく真剣だし。


「ひ、久水、お前ずいぶん落ち着いてるよな。なんつーか、迫力感じるんだけど」

「――全ては、龍太様を想えばこそ、ざます」

「そ……そうやな、頑張らないけんのは龍太なんやから、ア、アタシらが慌てとってもいけんよな、救芽井!」

「……う、うん……」


 俺を特訓で鍛えていた頃の救芽井にも劣らぬ手際で、久水は俺の身の回りの世話を続けている。あの傍若無人なわがままお嬢様っぷりを見るに、こういう仕事には一番縁がないものだと思ってたんだが……。


「――龍太様」

「な、なんだ?」


 その時、彼女は長椅子に腰掛けていた俺の正面で膝立ちになり、両手で俺の右手を包み込んだ。その眼差しの麗しさ、気高さには、さながら王の前でひざまずく騎士のような凛々しさが漂っている。


「今回のコンペティション、相手はあの鮎子ざます。彼女が生半可な存在でないということは、この中でワタクシが一番存じておりますわ。だからこそ、あなた様には最高のコンディションで応じて頂かなければなりません。そのためとあらば、このワタクシ――命すら捧げる所存でしてよ」

「い、命って……別にそんな――」


「龍太様を不安にさせるようなことは、ワタクシとしても大変申し上げにくいのですが……今回のコンペティション、ただの技術競争で終わるとは思えませんの。下手をすれば兵器にも成りうる、最新鋭技術同士の一騎打ちともなれば、もしものことが考えられます。勝つためにも、そして無事にお帰りになられるためにも、決して油断は許されない戦いになるでしょう」


 俺の手を取り、真っ直ぐに見つめて来る、その瞳。決してぶれることのない、槍のような一直線の眼差しでありながら、その眼の色に鋭さはなく、むしろ優しく包み込むような暖かささえ感じさせていた。

 ……もしかして救芽井だけでなく、久水もどこか、瀧上さんの影を感じているのだろうか。いや、下手したら矢村や茂さんも、心のどこかでずっとそれを気に留めているのかも知れない。


「ですから、それさえ心掛けて頂けるなら……ワタクシ、あなた様ならば必ず勝てると確信しております。お兄様に勝って見せたあなた様なら、必ず。それに、ワタクシは――どのような結末でも受け止める覚悟を、既に決めておりますの。だから……あなた様はあなた様の思うままに、ただ前を走りつづけて頂きたいのです。決して振り返ることなく、がむしゃらに……」


 そこまで言い切ると、やがて俺の前から立ち上がり、彼女は背を向ける。


「それでは……御武運を、お祈りしておりますわ」

「――お、おう!」


 ……僅か。ほんの僅かだが、その細い肩が、震えているように見えた。


「……今日ばかりは、気圧されるわけには参りません……! りゅーたんのために、今こそ勇気が必要な時でしてよ、久水梢ッ……!」


 ぶつぶつと何を呟いているのかわからない――が、自分を奮い立たせるための自己暗示をしているようにも見える。……彼女も、やはり緊張はしているのだろうか。

 ふと一昨日、この気丈なお嬢様が、瀧上さんの威圧に圧倒されていた時のことを思い出す。この土壇場でここまで整然としている彼女でさえ動揺させるほど……か。直に戦うと決まったわけでもないのに、妙に意識してしまうな。

 だが、その前に四郷だ。久水の言う通り、今回のコンペティションは、きっと俺の想像なんてメじゃないくらいの厳しさになるのだろう。瀧上さんの件を一切抜きにしたって、油断なんかできやしない。


「……うん! そうだよね! 戦うのは龍太君なんだから、私達が緊張してる場合じゃない! 龍太君、いまさらだけど、各種機能と併せてスーツ内の人工筋肉もチェックしておくわ! 腕輪を貸して!」

「そうやな……! アタシ、龍太のことやからお腹空くやろうなって思ったけん、自分の分のシャケおにぎり持ってきたんやわ! 今のうちに食っとき、男はメシ喰ってパワー付けないけんよっ!」

「お、おうっ! 二人ともサンキューな!」


 久水の振る舞いにたきつけられたのか、二人ともすっかり元の調子に戻っている。俺は「救済の超機龍」の「腕輪型着鎧装置」を救芽井に渡すと同時に、矢村の両手にちょこんと乗せられたおにぎりを掴む。


 救芽井はどこからかノートパソコンを取り出し、腕輪をケーブルで繋げてキーボードを叩きはじめる。矢村は本番までに身体をほぐそう、と言い出し、俺の背中にもたれ掛かってストレッチをするよう迫ってきた。


「人工筋肉の電動効果、異常なし。バッテリー満タン。救急パック不備なし。酸素タンクは……」

「すっかり硬くなっとるなぁ〜……。今のうちに、しっかり伸ばしとかないかんで! 走っとる時に攣ったりしたら大変や!」


 ――なんだか、いつも通り……というか、二週間前にタイムスリップしてしまったのかと錯覚してしまうな。

 こうして三人一緒にいて、二人とも俺のために、あれこれと手を尽くしてて……。おかげで、俺の気分もだんだん元通りになって来たみたいだ。


 一方、久水はそんな俺達を見つめ、胸を撫で下ろすようにフウッとため息をつくと、壁にもたれ掛かったままの茂さんの方へ歩いていった。

 ――心配、してたんだろうな。俺だけじゃなく、救芽井や矢村のことも。


 それから、本番開始の予定時刻までの数十分。俺達は心身共に、「いつも通り」のコンディションまで回復させることに成功した。

 もう、ここに来た時の重苦しさは微塵も見られない。それは、久水の面持ちに近しくなった救芽井達の様子を見れば、一目瞭然である。女同士の友情パワー、恐るべし。


「龍太、もう開始時刻の十五分前や。そろそろやで!」

「龍太君、用意はいい!?」

「龍太様、祝勝を兼ねての夜伽の準備は万全でしてよ……?」

「おうッ――って久水ッ!? お前はなんか『いつも通り』過ぎるんですけどッ!?」


 すっかり平常運転に整復した俺達。もう、気後れはない。あるのは程よい緊張感と、彼女達のエール。そして、俺自身の括られた腹だけだ。

 「腕輪型着鎧装置」をガッチリ右腕に嵌め、コスチュームを動きやすいように若干着崩し、胸元を開く。……なんか後ろで久水が悶えていらっしゃるが、ここは無視しとくか。


「よぉーっし、ここまで来たらぶつかるだけだ! 行くぜッ!」


 そして、軽く伸脚を済まし、控室を出ようとドアノブに手を――


「……少しだけ、話しておくことがある。時間を頂こう」


 ――掛ける瞬間。


 妹に劣らぬ気高さを纏う、茂さんの一声が俺の動きを静止させた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!