第90話 森の中の変態

 俺がブッ飛ばされてからも、約二十分に渡り続いていたビーチバレー大会は、どうやら救芽井組の勝利に終わったらしい。


 終始やけに茂さんにスパイクが集中しているような気がしていたが、焼きたてのパンさながらに晴れ上がった彼の顔を見る限り、俺の思い過ごしではなさそうだった。

 まぁ、上下に揺れる四大スイカを間近で見られたんだ。よかったんじゃないか?


 救芽井と矢村はキャッキャとはしゃいでハイタッチを繰り返し、久水はただでさえパン系ヒーローみたいになっている兄の顔に、容赦なくヤキを入れている。……前言撤回、やっぱりこれはエグい。


 しばらくすると、審判役だった所長さんが胸元に忍ばせていた二枚の写真を取り出し、勝者二人にそれを差し出した。彼女達はぱあっと明るい顔を見合わせ、同時にそれらを受け取る。久水はそれを前に「キィ~ッ!」と唸りを上げ、兄への八つ当たりを更に強めていた。

 ……どうやって撮ったのかは知らんが、その写真を好きにさせるわけにはいかん! 今こそ全身全霊を懸けて処分してや――


「所長! これはどういうことですか!」

「こんなん納得いかんっ!」


 ――って、どうしたんだ一体? 二人とも、なんだか不満げな声を上げて所長さんに詰めかけている。

 俺は帰還していたパラソルの影から顔を出し、彼女らの会話に耳を傾けた。


「どう……って、約束通りの悩殺ブロマイドじゃないのよ。ご不満かしら?」

「不満も不満、すっごく不満です! なんで一番見たいところが不自然な遮光で隠れてるんですか!? 明らかに人工的なハラスメント問題ですよ!?」

「アタシのなんか『見せられないよ!』なんて意味わからん自主規制されとるんやけどっ!」


 ……し、深夜アニメェェェッ!?

 なんだ不自然な遮光って! 一体それでどこ隠してんだァァァァッ! つーか、お前の頭の方が遥かにハラスメントだろうがァァァァッ!

 矢村も矢村で、自主規制君に何かしら阻まれてるみたいだしっ! 一体どんなギリギリ過ぎる写真撮られてんだよ俺はッ!


「しょうがないわねぇ。じゃあ、後で私の書斎に来なさい。無修正版の撮影記録を収録したディスクを販売してあげるから」


 ――ここに来ての円盤商法ォォォ!? 他人の人権代価にして乳首券発行してんじゃねーぞ所長さんッ! いやフルンティング発行券かも知れないけども!


「無修正の販売ですって……!? 聞き捨てなりませんわね! ワタクシが買い占めてさしあげるざますッ!」

「な、なによ! これは私達勝者の特権よっ! あなたには縁のない話だわ!」

「確かに、試合ではワタクシ達の負けでしたわ。ですが! 試合の景品ではない売買契約ということでしたら、ワタクシにも購入権が――」

「あらぁ、それだとわざわざ試合した意味がないじゃない。梢ちゃん、欲する男性の全てを知りたければ、自分が何をするべきか……わかるわね?」

「くっ――い、いいざます! 龍太様の全てを手にするその日まで、ワタクシは闘い続けますわ! さァ、立つのですお兄様! 第二ラウンドの始まりですのよッ!」


 い、いかん。これ以上彼女達を放置したら、俺の社会的生命が十七年目に幕を降ろしてしまうッ! なんか二人とも所長さんの無修正商法に乗っかりそうな雰囲気だし! ここは面と向かって俺が否定しなくては――!


 ガサッ!


「んっ?」


 ――なんだ? 今、後ろで何か音がしたような……?

 風の流れによる、草木の囁きとは違う。明らかに、何かの力で掻き分けられた音。


 その違和感を聞き付けた瞬間、俺は「違和感」という手に背中を撫でられたような感触を覚え、咄嗟に振り返った。

 四郷も同じ何かを感じたらしく、俺と全く同じリアクションを展開している。


 そして見えたのは――人影だった。


 だが、ハッキリとしたシルエットまでは判明しなかった。ビーチの後ろは小さな林になっていて、四郷が言うには、緑を楽しむには丁度いいくらいのスポットになっているらしい。

 しかし入り口だけはかなり木々や長い草が生い茂っていて、覗き込むのも一苦労なんだとか。そんなところに、一体誰が……?


 瀧上さんか伊葉さん? いや、あの二人は俺がロビーに行く前に誘った時、留守番するって言ってたし……。


「……年齢は三十代後半くらい。体格は凄いけど、凱樹さんにも伊葉さんにも合致しない……」


 すると、隣の四郷が丁寧に目撃情報を提示してくれた。どうやら、二人じゃないってのは違いないらしい。

 しかし彼女は、洞察力も並外れたモノをお持ちみたいだな。振り返ろうとしたタイミングは俺より一拍遅かったのに、俺よりも対象をしっかり見ていらっしゃる。これが「新人類の身体」の賜物なのか、彼女自身の能力なのかは測りかねるが。


「……それに、どこかの作業着みたいな格好だった。あと、何かのイニシャルみたいなのも……」

「えっ……?」


 ――三十代後半、凄い体格、作業着みたいな服、そして「何かのイニシャル」……?


 ……まさか……?


「……ちょっと様子を見てくる。四郷はここにいて」


 俺は右腕に「腕輪型着鎧装置」をセットし、パラソルから外へと飛び出す。相変わらず厳しい陽射しに背中から照り付けられ、刺すような暑さが全身を襲う。

 四郷もある程度察しが付いているのか、俺の行動には特にリアクションは見せず、ただ無言で頷くのみだった。


 そして、こっちの身長に届きそうなくらいの高さがある草を掻き分け、俺はその奥へと突入していった。


 ――そよ風が奏でる、心地好い木々の囁き。地面の上で揺れる、緑の絨毯。

 ビーチの裏手にあるこの小さな林は、思いの外、快適な環境にあった。程よく陽射しを阻んでくれるおかげで、避暑地にも持ってこいみたいだし。


 しかし、あの人影の主らしき姿は一向に見つからない。もう林を抜けて、どこかに逃げたのか?

 ――いや、多分そんなの無理だ。この林は、ビーチと崖に挟まれる形になっている。この先に逃げたって、崖に行き止まるだけだ。

 崖をよじ登れば、俺達が来る時に使った道路の辺りまでたどり着くだろうが……正直、そんなことをしたら四郷や他の皆からは丸見えだろう。


 わざわざこんな逃げ場のない場所で、誰がコソコソと何を見ていたんだ……? ただの美少女目当ての盗撮マニアにしては、時と場所がピンポイント過ぎる。


 ――やっぱり最初に睨んだ通り、アレは「俺の知ってる人」だったのか……?


 思案に暮れるうち、俺は木の幹に背中を預け、翡翠色の天然パラソルに阻まれかけている、コバルトブルーの空を見上げた。草を掻き分ける際にできた擦り傷がヒリヒリと痛み、俺は思わず腕をさする。


「……人の気も知らないで、蒼く晴れ晴れしく広がりやがって。たまには俺の気持ちに便乗でもして、曇ったらどうなのよ」


 ――などと、バカンスには似つかわしくない愚痴を垂れるくらい、俺は疲れてるらしい。「必要悪」の件もあるのに、これ以上正体不明の人影なんぞに振り回されたくないしなぁ……。


「――ま、今回はアッチの件より察しも付きやすいし、まだマシってことにしとこうかな。……もう随分と時間も経ったし、手ぶらだけどそろそろ帰るか」


 これ以上悩んでも探しても、恐らく得られるものはあるまい。林の中一帯をあらかた探しても、痕跡一つ見つからない辺り、向こうもそれ程バカではないのだろう。


 ここは一旦退却あるのみ。そう判断し、木から背を離した瞬間――


 ガサッ!


「――誰だ!」


 刹那、俺は「腕輪型着鎧装置」を構えて臨戦体勢に入る。眼前では、俺の身長並に高い草が何者かの侵入を知らせるかのように、ガサガサと音を立てながら揺らめいていた。

 人影の正体か? そっちから会いに来るとは、何が狙いだ……!?


 茂みを揺らす音が次第に大きくなり、頬から顎へと嫌な汗が伝う。草から出てきた瞬間に攻撃される危険に備え、ジリジリと木の幹に隠れるように後ずさる。

 そして、ついに茂みから――人の手が飛び出した!


「ッ! ……って、あれ?」

「ぷはぁっ! あーもぅ、ここに来るだけで汗だくになっちゃう。……あらっ!?」


 だが、その白く細い手は、俺の予想を大きく裏切るものだった。出て来たのは三十代後半のオッサンどころか、灰色のパーカーを羽織った、ビキニ姿の救芽井だったからだ。

 俺はすっかり脱力してしまい、再び木の幹にもたれ掛かってしまう。彼女は俺の姿を認めるや否や、一目散に駆け付けてきた。


「龍太君、大丈夫だった!? 四郷さんが、怪しい人影がいたから龍太君が追って行ったって……!」

「あぁ。もう大体探し尽くしたけど、見つかる気配がなくてな。しょうがないから、そろそろ帰ろうかって思ってたとこだ」

「そっか……でも、龍太君が無事でよかった。それにしても、一体何者なのかしら。こんな時に私達を見てるなんて」


 救芽井は顎に手を当て、突然の来訪者に頭を悩ませている。……救芽井が「知らない」のか、「知らされていない」のか。俺の予測の正誤は、そこに懸かって来るだろうな。


「さてな。とにかく、戻ろうぜ。まだバカンスの続きがあんだろ」

「え? で、でも、不審者が出た今続けるなんて……」

「こっちには『救済の超機龍』と『新人類の身体』がいるんだ。余程の連中でもない限り、実害なんて出ないだろ」


 ――それに、四郷とも、まだあんまり話せてないしな。


「それは……そうだけど……ん?」


 俺は救芽井に退却を促すように、ひと足先に帰路に向かう。だが、彼女について来る様子はない。

 どうしたのだろう。俺の背中に何か付いてるのか?


「――! りゅ、龍太君! その傷って……!」

「傷? ――あぁ、これね」


 救芽井は何かに気づいたように目を見開き、次いでその白い麗顔から、血の気が失せていく。

 ……彼女の性格を考えたら、まぁそうなるか。これを見られたらこうなる、とわかりきってたのも、俺がこのバカンスに行きづらかった理由の一つだ。


 左の脇腹に遺る、銃創の痕。

 二年前、俺が古我知さんに撃たれた後、メディックシステムで急速に治療したあの傷痕が、まだ僅かに残っていたのだ。


 久水邸で風呂に入っていた時は、茂さんに弄られまいと、腰よりやや高めの位置に長めのタオルを巻いて隠していたおかげで、なんとか救芽井達にも見つからずに済んだ。だが、指定された海パンを履くこの場では、ごまかしようがない。

 傷痕そのものは小さいから、じっくり見られなければ気づかれずに済むし、近くにいた四郷は気づいた上で、敢えて追及して来ることはなかった。


「……まぁ、ほら。傷そのものはすっかり完治してるし、特に後遺症もない。もう二、三年すれば、こんなちっこい痕なんて消えてなくなる」

「……ごめん」

「ハハ、なんでお前が謝るんだよ。撃たれたのは俺の勝手だし、助けてくれたのもお前なんだろ?」

「……で、でも、あんなに巻き込んで、そんな傷まで残して、私……」

「アーアー聞こえない聞こえなーい。大体なぁ、こんな場所まで引っ張り出しといて、今さら巻き込むも何もないだろう? ここまで来たなら、最後まで付き合わせろよ。ほら、行くぞ!」


 俺は両手で耳の穴を塞いで、彼女のネガティブ思考の封殺を試みる。そして、スーパーヒロイン様らしからぬ悩みで、いつまでもクヨクヨしている彼女を強引にでも変えるべく、その手を掴んで林の外を目指す。


「あっ……うん……ありがとう、龍太君……」


 まんざらでもないのか――そっと握り返す彼女の手は、どこと無く温もりに溢れているように感じた。


 そして、間もなく出口付近というところへ――


「ん?」

「え……!?」


 俺達の間に、文字通りのお邪魔虫が現れた。俺の行く手を阻むように、糸を伝って一匹の蜘蛛がひょっこり出て来たのだ。大方、木の枝から降りてきたクチだろう。

 大きさは一センチ程度。俺の目と鼻の先で、ゆらゆらと左右に揺られている。そよ風ですら、このサイズの蜘蛛にとっては台風らしい。


 まぁ、気に留めることはあるまい。このまま避けて外へ――


「いぃぃやぁぁあああぁあああーっ!」


 ――というところへ、まさかの絶叫!? 俺の傍らでけたたましい悲鳴を上げる救芽井。ちょっ……鼓膜ッ……破れるッ……!


「いや! いや! いやぁぁぁあ! 虫、虫、虫、虫ぃぃぃっ!」

「お、おいおい落ち着けって。このサイズなら別に害なんて――おわぁっ!?」


 耳にキンキンと絶叫の余韻が残る中、俺はうずくまったまま震えて動かなくなってしまった救芽井の説得に掛かる。女の子だから虫は怖がるかなぁ、と思ってはいたが、まさかここまでだったとは……。――なんでここに来たんだよ。

 だが、彼女が起こすハプニングはこの絶叫だけには留まらなかった。彼女は俺の腰に縋るようにしがみつき、海パンをずらしてしまったのだ。


「怖い、怖い、怖いぃぃぃ!」

「ちょっ……落ち着け救芽井! お前の方がある意味かなり恐ろしいことになってるからな!?」


 しかも、シチュエーション的には悪夢の構図となっている。彼女は海パンをずり下ろした挙げ句、俺の股間に思いっ切り顔を押し付けて泣きわめいているのだ。傍から見れば完全に変態である。両方が。

 なんとかこの状況を解決しなければならないのは紛れも無い事実なのだが、ここで冷静になられても後々のメンタルケアが重大な課題として残りそうな気がする。


 そして――


「救芽井どしたん!? ――って龍太ぁ、どこ行っとったん? みんな心配し……て……」

「救芽井さん、いかがいたし……まし……て……」

「一煉寺龍太ァ! 貴様樋稟に一体ナニ……を……」

「あらぁ、一煉寺君って近くで見たらやっぱり逞しくってステキよねぇ。二重の意味で!」

「……もう、見て、られないっ……」


 ――なんで全員で来ちゃうのよ、お前ら……。


「き、き、きゃああぁああぁあ!」

「いい、い、いやあぁぁぁあん!」」


 次いで、林全体へと響き渡る、矢村と久水の超絶叫。

 俺のフルンティング発行券、セルフ配布ッ……!?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!