第75話 俺と彼女の、甘くも苦い夏の夜

 久水の部屋であり、俺の泊まる部屋でもあるという――あの豪勢な個室。

 そこへ続く扉の前で、俺は数分ほど立ち尽くしていた。

 ……自分に充てられた部屋に入るのを躊躇うって、どういう状況だよ、全く。啖呵を切っても、いざとなると足がすくんじまう悪癖、いい加減なんとかならないかなぁ……。


 ――四郷は、久水が俺を好きだと言ってた。それが本当なら、両手離しで喜ぶところだろう。


 だけど、今の俺は救芽井の婚約者。少なくとも、そういう立ち位置になっていることには変わりない。

 四郷の話が本当ならば、彼女との関係は、今夜で大きく変わっていくことになるだろう。それがいい方向に行くか悪い方向に行くかは、恐らく俺次第になる。


 ――そう、変わるんだ。例え、嫌われる結末になるとしても。


 俺は人生の分かれ道を見据え、呼吸を整えると――


「久水……いるか?」


 ――ゆっくりと、扉をノックする。

 それは軽く二、三回小突いた程度の音だったが、俺には運命の鼓動のようにすら感じられた。

 顔から血の気が失せて、肩から背中にかけて冷や汗が噴き出す。それに反比例するかのように心拍はドクンドクンと跳ね上がり、心臓だけがまるで別の生き物になったかのように動き続けた。


 だが、そんな俺の状況を嘲笑うかのように、この場には沈黙が漂い続けていた。ノックと心拍の音を除く全てが、静寂に包まれているかのように。


「……入るよ?」


 ――もしかしたら、部屋に帰ってない? それとも、居留守? ……どちらにせよ、入って来られて困るなら「入っちゃダメ」くらいは返して来てもいいはず。

 何も返事がないまま開けるのは少々マナーに反するだろうが、返事が来るまでドンドン叩くのも気が引けてしまう。


 救芽井と初めて会ったときのようなラッキースケベ(笑)が起こらないことを祈りつつ、俺はゆっくりとドアノブを握り、力を込めた。


 運命の扉は僅かな軋みすら起こさず、滑らかな動きで俺を部屋へと招き入れる。別荘自体が最近造られたというだけあってか、ドアの開閉にありがちな「キィ……」という音すら立たなかった。

 そういや、茂さんに呼び出されて内側から開けた時も、随分とドアが軽く感じられたっけ。あの時はそれどころじゃなかったから、意識してられなかったけど。


 ……逆に言えば、今の俺の周りはそんな些細なことに気がつくほど静か、ということか。


「ひ、久水……?」


 そして部屋に足を踏み入れた途端、俺は息を呑んだ。


 部屋に電気が付いておらず、夜中ということもあって、辺り全体がほぼ真っ暗になっていたのだ。

 ――いや、完全に暗闇というわけではない。電灯ではないのだが、やや大きめの明かりが伺える。


 その光の形、そしてそこから微かに聞こえて来る音声から察して、テレビの光と見て間違いない。付けっぱなしで部屋を出たのか……?


「と、とにかく電気を……」


 ……なんにせよ、この薄気味悪い状況をなんとかしなくては。

 俺は扉近くの壁をまさぐり、電気のスイッチらしき感触を指先で確かめる。


 そして、そこにグッと力を入れた瞬間、この部屋全体は薄暗い不気味な空間から一転し、ゴージャスな寝室へと変貌を遂げた。

 煌々と輝くシャンデリアを見上げ、ひとまずホッと胸を撫で下ろす。やっぱ暗いのはやだね、ホント。


 ――だが、そこから視線を落としてベッドの方へ向いた瞬間。

 そんな悠長なコトを言ってる場合ではない、という事実を、俺は思い知らされてしまった。


 ベッドの上で、枕を抱きしめながらテレビをぼうっと眺めている久水。

 色っぽいバスローブ姿でありながら、目に涙を貯めて枕にしがみついているその姿は、さながら失恋直後の少女のようだった。いや、実際「少女」だろうけど。


 ……って、涙!?

 どうしたってんだよアイツ!?


「お、おい久水! どうしたんだ!?」

「えっ……!?」


 慌てて駆け込んだ俺の視界全域に、驚いたように顔を上げた彼女の姿が映り込む。


 悩ましくもけしからん胸元がチラッと見え――違う! バスローブの裾から伺えるお御足が――そこも違うッ! 唯一、年相応な印象を受けるつぶらな瞳に貯まった、幾つもの雫――それだッ!


 そう、それ。いつもの、あの傍若無人なくらいに気丈な久水梢様と同一人物であるとは信じられないほど、今の彼女は弱々しい姿をさらけ出していたのだ。一体、久水に何があったんだ!?

 ……つか、ノックして名前を呼んでドアを開けて電気まで付けたのに、今の今まで俺の存在に気づかなかったかのようなリアクションだったな。そんなにテレビに夢中になってたのか?


 お嬢様を通り越して女王様な久水が泣いちゃってるくらいだし、相当泣けるメロドラマでもやってたのかな……ん?


『みんなの想いが命を救う! 救芽井エレクトロニクスっ!』


 これは……救芽井エレクトロニクスのCM?

 テレビに映っているのは、満面の笑みを湛えてガッツポーズを決める救芽井の姿。彼女の周りには、救芽井エレクトロニクスの社員らしき人々が大勢集まり、歓声を上げている。

 そのCMが終わった後も、着鎧甲冑のプロモーション映像や、「救済の龍勇者」の発表会などが続々と流れていっている。


 ……しかし、単なる番組の途中にしては、やたら救芽井エレクトロニクスのターンが長いな……。もしかして、これってビデオ?


 久水はしばらくぽけーっと俺の顔を眺めていたが、やがて我に返ったかのようにハッとすると、今度は顔を枕に埋めてしまった。その奥からは、僅かに啜り泣くような声が聞こえて来る。


「な、なぁおい、大丈夫かよ? なんか俺に出来ることある?」


 恐る恐る肩に手を置いて尋ねてみるが、返事はない。そこから伝わる体の震えを察してしまうと、触れているだけで、なんだか申し訳なくなってしまう。四郷の話を聞いた直後とあっては、なおさらだ。


 それからすぐに気づいたことだが、やっぱりテレビで流れているのは、全部救芽井エレクトロニクスの関連映像だ。連続でそればかりが流れているところを見るに、大方ビデオで編集したものを再生しているんだろう。

 なぜそんなものを、電気も付けずに見つづけていたのかはわからないが……気掛かりが一つある。


 それは、流れている映像が全て「救芽井が出演している」ものだった、というところだ。CMにせよプロモーション映像にせよ発表会にせよ、救芽井が映っている時のモノしか再生されていないのだ。

 この別荘に来る前の特訓中、俺は部室で何度か救芽井にこういう映像を見せられたことがあり(将来のための社会勉強だそうで)、その時は救芽井が映っていないバージョンのCMや、彼女が参加していない場での発表会などが上映されていた(自分が出ているところを、本人がいる場で見られるのは恥ずかしいんだとか)。

 つまり、救芽井エレクトロニクス関連の映像には彼女が出演していないものもある、ということだ。久水が今見ているビデオは、その中から救芽井が出ている映像だけを切り抜いているように伺える。


 あの性欲を持て余しまくってる茂さんならまだわかる(それはそれで困るが)けど、あんなに救芽井とケンカしてた久水が、彼女の出演してるビデオを見て泣いているってのは、どういう状況だってんだ?


「ひぐ、うぐっ……で、出ていくざます! ここから、出ていくざますっ!」

「――悪いが、そうは行かない。なにせ、今日はここが俺の寝床なんだから」

「ッ! そ、それはっ……!」


 泣いているところを見られていたたまれなくなったのか、俺を追い出そうとする久水。俺はそれを、正論を以って制した。

 いつもなら「わ、わかりました〜」って退散してもいい状況だが、今回ばかりはそうはいかない。四郷にあんなこと言われて、彼女を見過ごすなんて出来ない!


「メイドさんから聞いた。ここが俺の寝床だっていう指定は、お前が出したんだろ?」

「う、う〜っ……!」

「……そんな『追い詰められた』みたいな顔すんなよ。俺は敵じゃないだろ?」


 俺は彼女の背中をさすりながら、子供をあやすように優しく話し掛けていく。下手に刺激しないよう、俺も超必死だ。


 「久水が俺を愛してる」……か。それがホントかどうかなんてわからないし、ずっとその辺りが気掛かりで仕方なかったけど……。


 ――もう、そんなのどうでもいい。


 久水が俺のことを好きか嫌いかなんて、どうせエスパーじゃないんだからわかりっこないんだし。


 確かなのは……今、彼女が泣いてるってことだけ。


 愛も恋も関係ない。女が泣いてるなら、男が助ける。


 彼女を俺ごときが支えようとする理由なんて――それだけで結構だ。


「俺は……誰にも何も言わない。嫌なら何も言わなくていい。いくら泣いたって構わない。だから、その、頼むから安心してくれよ」


 こんな時に上手いことが言えない自分のボキャブラリーのなさには、時折、心底腹が立つ。ぬぅ、現代国語の勉強くらいはちゃんとやっとくんだった……。


 俺の下手くそな励ましを受けた久水は、背中に触れていた俺の手を払い、溢れる寸前まで涙を貯めた瞳で、俺を睨む。


 ――そして、次の瞬間。


「……どうして」


「え? お、おわっ!?」


「――どうして! どうして! どうして! どうして! どうしてぇっ!」


 何が起きたのかを脳が分析するよりも早く、俺は久水に押し倒されていた。やはり今のは地雷だったのか……!?

 彼女をフォローするはずが、かえって傷つけてしまったのかも知れない。その後悔の念が俺を飲み込もうと、波となって襲い掛かってきた。


 だが――


「どうして今になって……今になって! ワタクシの前に現れるざますッ! 今になって、優しくするざますッ!」

「えっ……?」


 ――彼女の怒りのベクトルは、俺が予期していたものからは大きく外れていた。


「着鎧甲冑の理念を守るために戦って! 救芽井さんを手に入れて! 守るべき大切な人を見つけたはずなのに! 昔の存在に過ぎないワタクシのことなんて、とうに忘れ去るべきなのにっ! どうして! どうしてあなたは! ワタクシを覚えているざますかっ!? どうして、どうして、どうしてワタクシに! あの日の気持ち、思い出させるざますかっ!」


 彼女の双丘は慟哭に比例して激しく揺れ、瞳からは決壊したダムのごとく溢れ出す雫が、俺の顔に降り注いでいた。

 俺の上に馬乗りになった姿勢で、久水はひたすら泣き、罵倒し、叫ぶ。胸倉を掴む彼女の手が震えているのは多分――いや、間違いなく気のせいではない。


 ――四郷の話は、確実に現実味を帯びて来ている。なんでもない男を相手に、ここまで大粒の涙を見せられるほど、彼女は気弱ではないはず。


 小さい頃、彼女は俺に会うまで独りだった。それでも、それらしいところなんて、これっぽっちも俺に見せていなかったんだ。そんな気丈な彼女が今、俺の眼前で大泣きしている。


 ……それくらい、今の俺はアテにされてしまっている、ということだ。何の取り柄もないはずの、この俺が。


「――あなたと離れることが決まって、あなたの前であんなに泣いた時……もうワタクシ、泣かないと決めたはずだったざます。いつまでも泣き虫なままだと、あなたを困らせる。だから、いつまでも強気で、強気で、強気で居続けるって、そう決めたはずでしたのにっ……!」

「ひ、久水。俺はそんなことで――」

「――あなたは! そんなワタクシの気持ちも知らないでっ! ワタクシの知らないところで勝手にかっこよくなって、勝手に強くなって、勝手に女の子に囲まれてて……! いっそのこと、ワタクシのことなんて忘れてしまえばよかったのにッ!」


 文字通りの目と鼻の先で、久水はひたすら慟哭を重ねる。その叫びに込められていたのは、記憶だった。俺と離れている間、彼女の胸中に渦巻いていた、記憶……。

 あの別れ際の涙。あれは、俺を拒絶したわけじゃなかったのか……。なら俺は、どんだけ酷い勘違いを……?


「……救芽井さんを見ていれば、嫌でもわかってしまうざます。彼女がどれだけ、あなたに救われ、ゆえにあなたを愛しているのか。あなたの力がなければ、あんなふうに笑顔を振り撒くことさえ出来なかったはずなのですから……」


 とうとう泣きつかれたのか、最初のような勢いはなくしたらしい。彼女は俺の胸に顔を埋めて、小さな声でむせび泣くようになった。

 まさか、ああやって救芽井が出ているテレビを見ていたのは、二年前に俺がしでかしたことの結果を確かめるため……?


「――堂々とあなたを愛し、あなたを求める資格を持つ彼女に、ワタクシは……嫉妬しましたわ。なぜ、どうして、あんなポッと出の女に、ワタクシが長年愛してきたあなたを、奪われなくてはならないの? どうして? どうしてッ!」

「ひ、久水……」

「……でも、親しげに話すあなたたちを見ていて、わかったざます。『ポッと出』なのは、いつしかワタクシの方になっていたと。ワタクシには、時間が足りなかった。あなたを得られるだけの、時間と、思い出が……」


 俺の襟首をキュッと握りしめて、久水は甘えるような、悔やむような声でボソボソと呟いている。俺はせめてもの贖罪のつもりで、聞き逃さないようにしっかりと耳を傾けた。

 ――こんなにも久水は、ずっと俺のことを気にかけていたってのか……?


「お兄様が救芽井さん目当てに松霧町に行くと決めた時、ワタクシは感激しましたのよ? あなたに会える、そう願えたから……。――だけど、その願いが叶った時には、あなたは既にワタクシの愛が届かない場所まで行ってしまわれていた……」

「救芽井の婚約者……そうなってるからな」

「あなたは――どうなんですの?」

「えっ?」

「あなたは救芽井さんを、愛しているざますか? 両想い、なのざますか?」


 久水の想い、その重さを前にして、どうするべきか迷走しかけていたところへ、彼女は俺の胸から顔を上げて、不意にそんなことを問い掛けてきた。

 その質問に、俺は思わず声を詰まらせてしまう。


 救芽井は――確かに、女の子としてはお世辞抜きに魅力的だろう。優しく、正義感も強く、ひたむきな彼女に愛されれば、普通に人生バラ色だ。現に、世界中にファンがいるアイドル的存在でもあるくらいだし。

 そんな彼女の婚約者となっている俺は、本当なら相当な幸せ者のはずなんだ。


 けど……俺には、彼女を幸せにできる力なんて、ない。救芽井家のみんなは俺の背中を押すけれど、一般家庭の次男坊に過ぎない俺に、一体何がやれるっていうんだ?

 俺にできるのは、せいぜい着鎧甲冑を使った「お手伝い」くらいだ。世界的大企業の救芽井エレクトロニクスに携わるには、余りにもお粗末過ぎる。


 彼女が本気で俺を愛してくれるなら、それは喜ばしいことだと思うし、俺のためにいろいろと手を回してくれている救芽井家のみんなのためにも、気持ちには応えるべきなんだとは思う。

 だけど、それだけで何もかも解決できるもんでもないはずだ。「技術の解放を望む者達」のような勢力がまた襲ってきた時、俺は今度もきちんと彼女を守れるだろうか?


 ……俺には、絶望的に力が足りないんだ。彼女を支えるには、力が。

 それこそ、俺個人の努力でどうにかなるとは、到底思えないくらいに。


 だから、俺は――


「――わからない。俺にもわからないんだ。彼女を、受け止めることができるかどうか。弱気なコトだとは思うけど……」

「それが、あなたの本心?」

「……うん。だけど、彼女の気持ちさえ本物なら、いつかはちゃんと向き合わなくちゃならないんだと思う。それくらいは、わかる」


 こんな風に考えるようになっちまったのも、四郷の話が効いてるせいなのかな……。

 今まで俺は、自分にどんなに「それっぽい」話が飛んで来ても、「まさかそんな」で片付けてきた。自分にそんな浮ついた話は有り得ない、そう確信していたから。

 だけど、あんな話を真剣にされたら、考え出さずにはいられなくなってしまう。自分が気づいていないどこかで、俺はとんでもない思い違いをしているんじゃないか、と。


 身の程知らずも甚だしい、とは思うよ。だけど、もし本当に。百歩譲ったとして。あの言葉の数々に偽りがなかったのだとしたら。

 ……俺は、どうするべきなんだろうか。


「そう……そうざますか。では、ワタクシは?」

「……なっ!?」

「ワタクシは――どうざます? まだ、愛してくれるざますか?」


 そうして悩んでいるところへ、彼女はさらにとんでもない話題をブチ込んで来る。いくらなんでも直球過ぎるだろう!


 久水は……どうなんだろうか。

 確かに、彼女が初恋相手だというのは事実だ。ちょっと強引なくらいの気丈さに、楽しい思い出をくれたこと。

 そして――俺を覚えてくれていたこと。


 見違えるような超美人に成長して現れたのは驚きだったが、中身が良くも悪くも相変わらずだったのには安心したし、彼女と一緒にいるという人生も、きっと明るかったはず。


 ――だが、それは俺が彼女に見合う男であればの話だ。俺はそんな大した男じゃないし、救芽井の婚約者という立場でもある。

 そんな状態で、初恋相手だからといって安易に近寄っても、彼女を傷つけてしまうだけだ。


 だから俺には……応えられない。もう、昔のようには、彼女の隣にいることは、出来ないんだ……!


「……俺は、俺は……!」


 ――だが、そう言い切るには勇気が足りなかった。ここまで真剣に想ってくれていた彼女を、バッサリと拒絶できるのか? 俺なんかに?


 ……そんな偉そうに彼女を振り回して、いいのか?


 そう思うと、俺はどうしても言葉を続けることが出来なかった。なんとか口にしようとしても、恐怖に駆られて舌が回らなくなってしまうからだ。

 彼女を際限なく傷つけてしまう、恐怖に。


「――わかりましたわ。これ以上、こんなことを聴いても、あなたを苦しめてしまうだけ……。それならば、ワタクシにも考えがありましてよ」

「か、考え?」


 その時、久水は何を思ったのか、人差し指を俺の唇に当て、その先の言葉を制してしまった。彼女の気持ちに、俺は気づかないままだったが……どうやら、向こうからは何もかもお見通しらしい。


 彼女はようやく俺の上から離れると、ベッドの奥にある枕の傍へ移動した。そして、自分が持っていたもう一つのそれを、密着させるようにして並べている。

 ……なんかもう、ここまで来たら予想がついてしまいそうで怖い……。今までなら、絶対に意味不明な行動にしか見えないはずなのに。


「あ、あのー、久水さん? 一応お尋ねさせていただきたいのですが、何をされていらっしゃるのでしょう?」

「あら、決まっているでしょう? 今夜一晩、ワタクシとピッタリ寄り添って、眠っていただくざます」

「な、な、なっ……!」


 あ、あ、有り得ない! 普通なら絶対有り得ない! ロングヘアの巨乳美女と、あんな至近距離で引っ付いて添い寝なんて! つーか、そんなドギマギせざるを得ない状況で寝れるかァッ!


 そんな俺を悶々とさせたまま、久水は密着しきった枕のうちの片方に頭を乗せて、俺を手招きする。


「……ワタクシに残せる、最後の思い出、ざます。来て、下さいまし……」

「さ、最後って……!」

「あなたは救芽井樋稟の婚約者。そしてワタクシは、救芽井エレクトロニクスのスポンサー。それ以上の関係になりえないとおっしゃるならば、せめて、今夜だけでも……」

「……ひ、久水……」


 ややお馴染みの高慢さを取り戻しかけていた彼女の声も、次第に再び弱々しくなっていく。その懇願するような声色に後ろ髪を引かれ、俺はいつしか彼女の隣に座っていた。


 そして、一足先に寝そべっている久水は、恍惚とした表情で俺を見上げ、艶やかな手を俺の腕に絡めてくる。


「元々、あなたと一緒に寝るつもりでこの部屋を指定させましたが……こんなに密着するつもりは、最初はありませんでしたのよ? それを、あなたがあんなタイミングで駆け付けてきて、優しい言葉を掛けたりするから……」

「わ、悪いかよ」

「――ふふ、お顔が真っ赤ざます。ワタクシもきっと、人のことは言えないでしょうけど……」

「……まーな」


 ――多分、明日になったら救芽井達にシバかれるんだろうなぁ。それこそ、今頃瀕死になっているであろう茂さん並に。

 そんなことを考えながら、俺はテレビと電気を消して、久水が置いた枕の上に頭をゆっくりと乗せる。


 そして、瞼を閉じ――


「お休み、りゅーたん……」


「……あぁ、お休み。こずちゃん」


 ――彼女が残した最後の一言に、僅かな驚きと温かな懐かしさを覚えつつ、意識をまどろみに溶かしていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!