第67話 ムカムカしたら即決闘

 きらびやかなシャンデリアに照らされ、白いマットに包まれたテーブル。


 幅五メートルはありそうなその長方形を囲む形で、俺達は全員席についていた。その後ろには、数少ない久水家の部下達が突っ立っている。

 どうやら使用人はほんの数人しかいないらしく、いかにも「セバスチャン」って呼ばれてそうな白髪の男性を除けば、執事と思しき彼が従えているメイドが、わずかに控えているくらいだった。……まぁ、こんなご立派な屋敷でも「別荘」に過ぎないってんなら、こんなもんなのかも知れない。


 この久水邸、実は空輸で部品を運んで組み立てたものらしく、裏手にはヘリポートまで設けられていた。

 ……だから陸路があんな大自然状態だったんだな。グラサンのオッサン、大丈夫かな……。


 ――それから、この会食室も大概だが、ここまで道のりも、まるで中世ヨーロッパのお城みたいな景色が広がっていた。廊下を歩くだけで、異世界冒険譚にでも乗り出してしまったのかと錯覚するほどに。


 そして、そんな別世界に居座る中で、俺は昼食と平行して、自分と久水の関係性を白状させられていた。それも、本人含む全員の前で。

 向かいに座るご本人は頬を紅潮させたまま俯き、その右隣にいる茂さんは「妹に近寄る悪い虫」という目で俺を睨み、左隣の四郷は、真顔で俺の話に集中していた。

 ……そして、俺の両脇に当たる席に座っている救芽井と矢村は――


「『こずちゃん』って、『こずちゃん』って……!」

「ア、アタシら、名前で呼ばれたこともないのにぃ……!」


 ――なんだかご機嫌ナナメの様子。二人とも面白くなさそうな表情で、久水と俺を交互に睨んでいた。

 そりゃ確かに面白い話でもないけどさ……そんな怒んなくたっていいじゃないの。


「ふん、なんという浅ましい男だ。妹をたぶらかした上、樋稟まで……!」


 一方、茂さんも腹立たしげに俺を睨みつけている。片思いの相手を取られた(ということになってる)ことに加え、妹にまで手を出された、という二重苦に見舞われてることを考えれば、まぁこっちはわからなくもない。


 ……それでも、変に因縁を付けられるのは勘弁してもらいたいところなのだが。


 とまぁ、いろいろとめんどくさい事態に直面している俺なのだが。

 それ以上に一つ、大問題な部分があるわけだ。それは――


「……とは言え、これから戦う相手に不完全なコンディションで挑まれても、ワガハイとしては不服だ。ゆえに食事はきちんと提供しよう」

「これが、きちんと、か……!?」


 ――メシの量がシャレにならない、ということだ。


 因縁を付けられてメシを出されない、なんて恐ろしい展開にはならなかったものの、これはこれでえげつない。明らかに、隣にいる二人の分の数倍はある。

 やたら分厚いステーキに、炊飯器に詰め込んでも溢れて来そうなサラダ。丼のようなデカイ器に一杯になるまで注がれたコーンスープ。

 こんなもん全部食わされたら、間違いなく腹を壊す。じゃなくても、しばらくは動けなくなる。

 それを狙ってのことだったらしく、俺を見つめる茂さんは「してやったり」の表情。どうやら、すっかり嵌められてしまったらしい。

 ……あのですね。「きちんと」っていうのは、適度な量を出した時に言うもんだと思いますよ。ただ出せばいいってもんじゃないでしょうよ。


 しかし、出された以上は完食するしかない。「無料で」頂いてる身であるからには、残すに残せないからだ。

 救芽井と矢村に視線で助けを求めてもみたが、二人とも俺の分に手を出そうとはしてくれなかった。「太りたくない」とか、そういう理由なんだろうな……。


 もちろん最初は救芽井が、この明らかに決闘に差し支えかねない量について抗議してくれたのだが、「強い男ならこれくらい平らげるもの」という茂さんの言葉に、あっさり納得してしまっていた。ろくに男ってもんを知らないばっかりに、すっかり丸め込まれてしまったのである。

 また、一般的な感覚を持ってるはずの矢村でさえ、茂さんの発言を聞いてから「龍太は強いんから、これくらい朝飯前やっ!」などと口車に乗せられてしまっていた。……「売り言葉に買い言葉」って言葉は確かにあるけどね。お前が買ってどうするよ。


 久水は頭から湯気を噴き出したまま俯いてるだけだし、四郷はジッと静観してるだけで、助けてくれる気配がまるでない。


 かくして、完璧に孤立無援の状態に成り果ててしまった俺は、がむしゃらにメシにかぶりつくしかなかったのだ。「計画通り」とニヤつく茂さんをジト目で睨みながら……。


 ――それから数十分が過ぎ、ようやく完食した俺は、セバスチャンさんから貰った水を飲み干し、テーブルに突っ伏していた。勝手にセバスチャンなんてあだ名付けてごめんねセバスチャン。


「ぐふっ、ご、ごちそうさん……」

「お粗末様。ククク……まさか本当に全部食べてくれるとはな。ウチのシェフも喜んでいることだろう」


 野郎……完全にこの状況楽しんでやがる。すきっ腹で戦うのも十分リスキーだが、動けないほど満腹にされて戦わされるのも、これまた辛い。


 せめて一時間の猶予があれば、腹も落ち着いて――


「では決闘は二十分後としよう。準備は済ませておくように」


 ――って、たったの二十分かいッ!?


「ちょ、ちょっとお兄様。いくらなんでもそれは不条理ざます」


 やっとこ気持ちが落ち着いてきたのか、顔を上げた久水が制止にかかる。救芽井と矢村も、非常に今さらではあるものの我に返ったようで、抗議の視線を茂さんに向けていた。四郷だけは「我関せず」という具合だったが。


「……ふん。こんな男に手加減など無用だ。聞けばこの一煉寺龍太とやら、ただの中流家庭の人間のようではないか。そんなどこの馬の骨とも知れない男が、世界に、そしてワガハイに愛されるべき樋稟の隣に立つなど、言語道断!」


 ――だが、当の茂さんの返事はにべもない。ついに彼の本音が噴き出して来たようだった。

 言ってることは割と正しいとは思うが、なんかいけ好かない言い方なんだよなぁ……。この人、口ぶりのせいで微妙に人生損してる気がする。


「一煉寺龍太。貴様は何の地位も名誉も持たない凡人でありながら、誰よりも麗しく、気高い樋稟を汚した。ゆえに、今こそワガハイが断罪するのだ!」


 ビシィッ! とこちらを指差す彼は、さながら正義の味方のような口上で、俺の成敗を宣言する。そんな兄を見たせいか、久水はショックを受けたかのように、再び俯いてしまった。


 ……汚した? あぁ、裸を見たことか。あれは確かに悪いことしたかなぁ……。


「……さっきから黙って聞いてれば、ヌケヌケと言いたいことを言ってくれるじゃない! あなたが龍太君の何を知ってるっていうの!?」

「そうやそうや! あんたこそ、龍太を腹一杯にして動けんようにせんと、勝負しようともせん卑怯者やろがッ!」


 だが、罵倒されていたはずの当人をガン無視して、逆に褒めたたえられていたはずの救芽井が反論を始めた。それに続いて、矢村も席から立ち上がって声を荒げる。


「……なんだと?」


 その時、茂さんの眉が鋭く吊り上がる。

 しばらくは例にならって聞き流しているようだった彼だが、矢村の発言だけは看過しなかったらしい。異論は許さぬ、という強い眼差しを彼女に向け、重々しく口を開いた。


「君はまるでわかっていないのだな。樋稟は今や、世界的にその名を知られたアイドル。そして、『より多くの人命を救う』という崇高なる使命を帯びた、特別な女性なのだ。そこにいるような、薄汚れた庶民が触れていい人ではないのだよ」

「なっ……何が言いたいんや!」

「住む世界が違う、ということさ。君達のような小汚い田舎者が、彼女の隣にいるというだけで、ワガハイははらわたが煮え繰り返る思いなんだよ。だからこそ、その排除のためならば容赦はしない。樋稟には、より相応しい世界に生きてもらわなくてはならないからね。それが、彼女の幸せにもなる」


 高らかな口調で、茂さんは威圧するように矢村を説き伏せようとする。言い返せない部分もあったのか、彼女はそこから先は何も言えず、唇を噛み締めていた。


 ……幸せ、ねぇ。なんで救芽井にとっての幸せが、茂さんにわかるんだかな。


 ――いや。それよりもずっと、引っ掛かることがある。


「『君達』のような小汚い田舎者ってのは……どういう意味だ?」


 俺は腹をさすりながら、ゆっくりと席を立つ。ようやく当事者が口を開いたためか、全員の注目が俺に集まった。


「何をバカなことを。言葉通りの意味に決まっている」

「……じゃあ『君達』ってことは、俺一人を指したわけじゃないんだな?」

「ふん、日本語も通じないのか? もはや猿の領域だな」


「そっか。――よくわかった」


 茂さんの罵声を軽くスルーして、俺は矢村の方を見る。

 自分の思慮のなさを悔いている……という感じだろうか。やるせない表情で唇を噛み締めながら、申し訳なさそうに上目遣いでこちらを見つめていた。


 俺は「気にすんなよ」という気持ちを、苦笑いと一緒に目線で伝えると、改めて茂さんと向き合った。


 俺一人が罵られたわけじゃない。俺と一緒にいたばっかりに、何の罪もない矢村までがバカにされてしまった。

 救芽井と関わった以上、俺が火の粉を被るのはやむを得まい。だが、矢村がそれに付き合う道理なんて、ないはずだ。

 ……これじゃ、あの時と何も変わらない。


 なら、どうする? これ以上、矢村を傷つけないためには。


 ――いや、答えなんて考えるまでもない。問題は、それを今の俺が為せるかどうか、だ。


「……ありがとな」

「なに?」


「あんたのおかげで……暴れる理由が出来そうだ」


 ――茂さんを倒すことで、矢村の言い分が間違いではないことを証明する。それ以外に、彼女の名誉を取り戻す方法はない。

 死ぬほど満腹の状態で戦うなんてしんどいし、着鎧甲冑の在り方に背く喧嘩なんて、やってられるかって心境だったが……おかげさまで、やる気が沸いてしまったらしい。


 ……ま、そんなのほとんど口実だけどね。本音を言うなら、単に矢村をバカにされた途端、ムカムカしてきたってだけの話だ。

 経緯はどうあれ、今の俺は救芽井エレクトロニクスの「救済の超機龍」であることには違いない。そうであるからには、相応の責任が生まれてしまう。

 すっかり、俺はそいつを失念していたらしい。それで傷つくのは俺だけでは済まないというのに。


「二十分もいらん、時間の無駄だ。今すぐにでも始めよう」

「ちょっと龍太君!? なに言い出すのよ、そんな状態でいきなり戦うなんて!」

「りゅ、龍太ぁ!?」


 隣の二人がやたらとあわてふためいているが、構っている暇はない。俺は決して目を離さないよう、茂さんの眼を見据えた。


「……いい心掛けだ。屋敷の裏手に、ヘリポートがあるのは知っているな? そこの手前にある広場を、決闘場とする。すぐに準備しろ」

「あぁ。待たせるつもりはない」


 俺達二人はそれだけのやり取りを交わすと、「腕輪型着鎧装置」をしっかりと手首に装着し、裏手へと向かう。この時、茂さんの身支度が仕事なのか、彼の周りをメイド達が囲っていた。く、ちょっと羨ましい……。

 後ろから、俺を気遣う二人の声が聞こえて来る。が、こればっかりは譲れそうもない。


「い、一煉寺……。あなた、本当にやる気ざます?」


 すると、今まで高飛車な言動ばかり繰り返してきた久水までもが、珍しく気にかけてきた。今日は雪が降りそうだな。


「あぁ。お前のお兄様には悪いが、一応勝たせてもらうつもりだ。こうしなきゃ、俺が一番納得出来そうにないんでね」

「そう……ざますか」

「心配すんなって。少なくとも、簡単に負けるつもりはないからさ」

「し、心配なんてしないざますっ! あなたなんか、無様に敗北を喫すればいいんざますっ!」


 久水は顔を真っ赤にして俺を怒鳴り付けると、兄の方へと駆けていく。なんかアイツ、俺のことを思い出してから、風当たりがハンパなく強いんだよなぁ……。ま、わかってくれたならいいか。


 ここから先は、男と男の真剣勝負ってヤツなのかも知れないからな。

 きっと、誰の介入も許せなくなるような大喧嘩になることだろう。だから――


「こんのハゲルッ! 救芽井さんが『誰よりも麗しく、気高い』ですってえぇ!? このワタクシを、お忘れざますかぁあぁああぁあッ!?」

「ひぎぃぃい! ワガハイのかわゆい梢よぉおぉお! 許しておくれえぇえぇえッ!」


 ――兄妹揃って、この空気をブチ壊さないでくださる?

 しかもハゲルて……久水、この数年間でお前に何があったんだよ……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!