あの「駅」の話たち

作者 夏野けい

17

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!


他の方が書かれた作品のパラレルワールドですね。

これは二次創作ではない。

同じシチュエーションで、何通りものオリジナル作品を書いて見せた。
ストーリーテラーとしての腕前を見せてくれた。言わば手本を示してくれた。そう言って良いと思います。これは極めて高度な技術です。どうしてこんな事が出来るのか不思議です。全ての作品にリアリティがあり、蓋然性があります。感動しました。ここまで極めるとは驚きです。創作の限界へ挑む情熱と才能に敬意を表します。

ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

二話目のラストシーンを描いた作者様はある意味チャレンジャーだと思います。
すごくもやっとします。
だからこそ色々と考えさせられ、読み終わってからも頭から離れません。

書簡の往復という、しっとりと温かみのあるやりとりを通して、お互いの本心をすこしずつ言葉にのせた二人。
もしかしたら手紙というロマンチックな媒体にお互いが酔っていた部分もあるのかもしれません。

若かりし頃の恋愛は、時を経ると苦い部分は零れ落ち、キラキラした美しい結晶だけが残る。
その美しさに惹かれて再び手に取ったとき、それは脆く崩れさり手の中で砕けていく。
そんなイメージを持ちました。

★★★ Excellent!!!

 1話目は お互いに目指していた専門分野の様に、青草色のイメージで
すっきりさわやかな2人の話。

 2話目からの 話が、この話も欲しい方向性の内容でしたから
個人的に、「ビンゴ!」と 心の中で、声が出てしまっていました。
けど その仕掛けは巧妙ですし、心の模様も 繊細で、疼きを
覚えます。堪りません。

 早く 続きが読みたいです。

★★★ Excellent!!!

時の流れは、すれ違ってしまった日々すら洗い流して美しい思い出にしてしまうのか?

少しおとなになった分、今度はうまくやっていけるのか?
それともふたたびすれ違いがうまれてしまうのか?

そんな最初の話

再会した後手紙の往復をしたふたりのその続きは?

そして少女がみかけたふたり

それぞれ別々の道を歩み始めたふたり

再会して、もしかしたらもう一度……なふたり


駅での再会から5つのバリエーションを生み出してくれました

この5組の男女に幸あれ