消波ブロック連鎖反応

作者 織畑 双

16

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

ちょっと不思議な物語。

たぶん、日本中のいたるところで
起きてもおかしくないような一瞬の出来事が
切り取られています。

特徴は、文体。

その「不思議な雰囲気」が
歴史的仮名遣いのような文体によって
さらに深みを増しています。

「ながら」を「乍ら」と書いてあるところは、
なんだか、さだまさしの歌みたいだし(笑)

「糸魚川だとフォッサマグナと何か関係が?」
なんて妄想もふくらませてくれる良作でした。