セイレネス・ロンド/歌姫は幻影と歌う

作者 一式鍵

★★ Very Good!!

緩やかに流れる物語。


 見事な筆力です。世界観もキャラクターも、この筆力によって魅力的に描かれています。
 やや血生臭いお話でもありますが、熱い所は熱く、冷たい所は冷たく、可愛らしく、微笑ましくもあり、高尚かつ神話的で意味不明な部分もあったりと、この作品内の世界というものが伝わってきます。ゆっくりと紡ぎ出されていく、丁寧な織物のような物語です。
 個人的に、カティの出番はあと二割ほど増やして欲しいです。


 ただ一点。
 文章能力の高さやキャラクターたちの魅力、後半のストーリー、それらすべてが前半によって足を引っ張られていると感じました。これほど魅力的なシーンを鮮やかに描けるのですから、訓練課程などの描写はもっともっと少なくて良いはずです。
 丁寧であるべきではない部分まで、丁寧に描いてしまっています。これは結果的に、読者をふるいにかける行為となるはずで、それが何よりも残念でなりませんでした。

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!