セイレネス・ロンド/歌姫は幻影と歌う

作者 一式鍵

フォロー

★★★ Excellent!!!

近未来戦争の只中に飛び込む勇気はありますか?

第一部読了しました。

私は、実をいうと今迄戦闘機での戦闘ものというのはアニメでも映画でもあまり見たことがありませんでした。
なので、読み始めたときは、私には無理かなぁと思ったんですよ。

でもね。気が付くと、はじめ感じた苦手意識なんで軽く吹き飛んでいました。

その描写力と、ストーリーに引き込んでいく物語のもつ力強さは凄いです。

戦闘機が複数機飛び交う三次元的・立体的な動きを、読むスピードを阻害することなく的確に描き出す描写力には舌を巻きます。
いつしか文章を読んでいたことを忘れて、映画かアニメを見ている気分になったくらいでした。

え?どうなるの?このあとどうなるの????と思いながら、夢中でスクロールしていくうちに気が付いたら読み切っていました。

これから主人公や少女たち、士官たちがどう行動していくのか。闇で暗躍する超越した存在たちが何をしようとしているのか……興味は尽きません。

個人的には、衆愚化した民意やその民意に迎合するだけのマスコミに国政や軍も翻弄されていく様が、リアルだなぁと思って面白かったです。