#04-ストラトス・ピース

#04-1:歌姫に纏わる事物

ニュース

 新聞が電子媒体メインになってから半世紀が経過しているが、未だなお、紙媒体のそれを愛読している層というのは存在する。雑誌にしてもネット配信が主流ではあったが、紙媒体のものは根強くコンビニなどには並んでいる。カティのように、紙媒体の小説を愛読するような者も少ないわけではなかった。ルネサンスと言うほどの動きにはならなかったが、一部には紙媒体の復権運動をしている団体も存在するほどだ。


 さて、そんな紙媒体の記事であるが、ニュースの性質自体は、それこそ何世紀を経ても変わるものではなかった。発行元によって毛色は多々あったにしても、本質は同じだ。いかに多くの目を引き、売り上げを伸ばせるか――目的はそこである。多くの紙面たちにとって、その事実の裏にある真実などどうでも良いのだ。何故なら、そんなところを追及するのに労力を割いたとしても、誰も関心を向けないからだ。せいぜいが暇潰しにしか使われない。


 そんなわけであったから、昨日のユーメラ大空襲の記事のタイトルや煽りは、どの紙面も似たようなベクトルで作られていた。


「若き英雄による勇気ある行動」

「愛国心が彼に奇跡をもたらした」

「旧型機の真の能力!」

「新型機配備は税金の無駄遣い!?」

「イクシオンを扱い切れない無様な先輩たち」


 ……このような具合である。


 ことカレヴィ・シベリウス大佐は、並べた紙媒体の新聞を並べて、端から順に読み始めた。読む前から読む価値のないものだとはわかっていたが、マスコミが昨日の一件を何と書いているのかについては純粋に知りたいと思った。もっとも、知った所で結局憤然とすることは明白過ぎるのだろうが。


 実際に読み進みつつ、シベリウスはだんだんと姿勢をだらけさせていく。最初はきちんとデスクチェアに座っていたのに、今や高く足を組んで、上半身は半ば背もたれに埋もれていた。首が凝りそうな姿勢である。


 タイトルも無責任だったが、内容はもっと酷かった。知識は付け焼刃だったし、元となる情報は古いか間違っている。分かっている人間が見れば、実に噴飯モノの内容でしかなかったが、多くのにとってはメディアの言うことが真実になるだろう。そういう意味では、張りぼてを本物らしく見せる技術については、評価に値しないでもない。シベリウスは目では活字を追いながら、頭の中ではそんなことを考えていた。


 ふとテレビをつけてみれば、どこのチャンネルもまた、ユーメラ士官学校特集を組んでいた。うんざりするほど似たようなテロップが、どの局でも使われている。映像も角度こそ違えど、どれも素材は同じだ。例のF102の戦闘については、全く同じもの――軍が提供したもの――が使われているようだった。


 顔をしかめたその時、部屋のドアが開いた。


「大佐、コーヒーをお持ちしました」


 トレイにコーヒーを乗せて入ってきたのは、マルヤーナ・エルスナー大尉である。シベリウスはテレビを消すと、ずり上がるようにして椅子に座り直す。


「空いてる所に置いといてくれ」

「空いてる所?」


 エルスナーはわざとらしく首を傾げ、シベリウスを見た。その視線の意味が分からず、シベリウスはエルスナーのエメラルドグリーンの瞳を見返す。しばらくそうして見つめ合っていたが、やがてエルスナーが視線を逸らして首を振った。セミロングの茶色がかった金髪がふわりと揺れる。人形のように整った顔立ちと真っ白い肌は、ヤーグベルテ系の血を色濃く受け継いでいる証だ。


「大佐、いつも以上にデスクが乱雑ですが」

「ん?」

「せめてコーヒーを置く場所くらいは空けておいて頂きたいものです」


 エルスナーはシベリウスのデスクの前にある応接用のテーブルの上にトレイを置き、そして手早くシベリウスのデスクを片付け始めた。


「すまねぇな、いつも」


 ようやく先ほどのエルスナーの視線の意味に気付いたシベリウスが苦笑する。エルスナーはセプテントリオの工科大学を出てから士官学校に進んだ秀才だ。奇しくもエレナ・ジュバイルと全く同じキャリアである。現在は、エウロス飛行隊の予備パイロット兼、シベリウスの秘書である。地上ではシベリウスはほとんど四六時中、このエルスナー大尉と過ごしている。


「大尉。この見出しども、どう思う?」

「大佐が見出しになっているものが一つもないことが不満です、私は」


 エルスナーはシベリウスのデスクにコーヒーを移動させ、トレイを胸に抱えた。シベリウスは肩を竦めつつ、カップを手に取った。


「俺は結局何もできんかったし」

「そんなことはありません!」


 エルスナーは角のある声で言い返した。シベリウスは口元に持って行きかけたコーヒーをいったん離し、少しだけ口角を上げた。


「朝から元気だな、大尉。事実は事実だ。本土をあそこまで叩かれただなんて、前代未聞な話だ。ヤーグベルテの歴史に残る大失策、いや、スキャンダルだぜ」

「スキャンダル……?」


 反復するエルスナーを見ながら、コーヒーを一口啜る。程よい苦みと香りが脳を刺激し、熱い液体が食道から胃までを洗い流していくような気がした。ニュースを見て上がった血圧が、みるみる下がっていくようにも思う。


「第六艦隊は大失策を犯したわけだし、空軍は空軍でユーメラの防空を手薄にした。そしてF102を誰かが敢えて飛ばせた」

「指揮を執っていたのは参謀部第三課……でしたよね」

「そうだ」


 シベリウスは短く答え、コーヒーをさらに口中に流し込む。


「アダムスの野郎が何を考えているのかまではわからねぇ。だが、にわかに半端なくキナ臭くなってきやがったぜ」

「しかし、第三課がそんな大それたことをやるとして……。あの第六課がそれに無干渉であるとは考えにくいのでは」

「いや、は別件で大忙しだ」

「別件? ここ数ヶ月は撤退戦の数も落ち着いているように思いますが」

「まぁな。だがあいつはもっとデカいプロジェクトに噛んでいる。アダムスの野郎のすることをいちいち監視しているような暇はないハズだ」


 シベリウスは参謀部第六課の統括、エディット・ルフェーブルの顔を思い出しつつそう言った。だが、言ってからそれが機密事項に属する話題だったことを思い出して頭を掻く。


「すまねぇ、エルスナー。今の話は聞かなかったことにしといてくれや」

「またですか、大佐」


 苦笑するエルスナー。シベリウスはもう一度「すまん」と謝った。エルスナーは澄ました顔で敬礼し、了解の旨を示す。


「それにしても大佐」

「ん?」

「この期に及んでも、武力の放棄を訴える政党がある程度の支持を得ていますし、新聞でも……ほら、ここで偉そうなことを書いてます」

「ああ。こいつらか」


 シベリウスは呆れたように言う。エルスナーは柳眉を吊り上げる。


「敵が厳然と存在していて、いつだってその砲火に晒される可能性があるとわかっても尚、彼らはそれを不要だと言っていました。前線で死者が出ても、それは自業自得だと。下手に武力行使の権限を持つから、やられただけだと。領土を取り返すための作戦にしても、話し合いで解決できたはずだったと」

「その割に」

「そう、その割にです。昨日の件があって、彼らの政党の連中はこぞって記者会見を開きました。彼らが剣や盾を不要だとのたまい、そのためにかなりの国防費の切りつめを要求され、武力行使の制約を課せられたというのに。いざ殴られてみたら、今度はその模造刀と紙の盾は何をしていたんだと声高に主張しています。税金泥棒だとも。私は悔しいのです、大佐」


 エルスナーはトレイを抱えたまま、そう主張した。シベリウスは黙ってコーヒーを飲み、その鋭い視線でエルスナーを見た。エルスナーもじっと見つめ返してくる。


「俺たちは軍人で、ヤーグベルテは平和主義の民主国家だ。市民や国会がそういった主張を持ち、当然のように主張できているうちは、まだ国家としてはそこそこ健康体なんだろうぜ。残念なのは、模造刀と玩具の盾で戦わなきゃならない、首輪付きの軍人たちだ」

「そして好き勝手に叩かれる」

「大尉、それが奴らの仕事だし、国民にとっての娯楽だ」

「戦争が娯楽、ですか」


 エルスナーが眉根を寄せる。シベリウスはその見事な黒髪を掻き回し、そしてゆっくりと立ち上がり、背後の窓の方を向いた。滑走路が冬らしからぬ陽気に照らされて黒光りしていた。


 統合首都の方はすっかり雪に覆われているのだろうが、ここは今年は降らないかもしれないな――などとシベリウスの思考が脱線する。


「まぁ、戦争をエンターテイメントとして見ていた連中は、ユーメラの惨状を目の当たりにして襟を正すかもしれん、少しは。他人事ではないことが分かった連中は、な。だが」


 その時、電話が鳴った。


「っと、すまんな、エルスナー」


 受話器を持ち上げつつ、シベリウスは言う。


「今夜のディナーに誘ってもいいか」

「ランチで結構です、大佐。奢ってくださいね」


 エルスナーはそう言うと、返事も待たずに部屋を出て行った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料