フェイスレスヴァルキリー

 やれやれ――。


 バルムンクの中で、ジョルジュ・ベルリオーズは少し楽しそうに口角を上げている。それは彼にしては珍しい表情である。


もずいぶんとお節介な性分なんだねぇ」


 ユーメラの市街地は、空襲から五時間を経た今もなお赤々と燃え上がっている。戦争状態にあったことを否応なしに思い出させられたこの都市は、夜闇の中で赤と黒を鮮やかに揚々ようようくゆらせていた。その様子は、一言で言えば、美しい。臭いと音の伝わらないその凄惨な映像は、第三者たちにとってはいっそでしかなかった。


「ソドムとゴモラは、その人々の行為おこないによって神の怒りを買い、滅ぼされた。でも、今の時代の人々は、行為によっては滅ぼされたりはしないだろうね。だって、彼らはんだから」


 全周に広がる映像を見回しながら、ベルリオーズは薄い笑みを浮かべている。


「君も、そう思うだろ?」


 背後の闇にそう問いかけると、そこに銀の姿が現れた。銀髪の女性――しかし、それ以上は判然としない姿だった。その銀の姿は開口一番に言った。


「少々、介入が過ぎたようにも思いますが」

「おや――」


 ベルリオーズは意外そうな顔をする。その左目が仄かに赤く光っている。銀の姿は臆することなく続ける。


「あれでは悪戯いたずらに状況が混乱するだけ」

「ああ。そうか。あの件か」


 あのF102の曲芸は見物みものだった。ベルリオーズとしては、実に久しぶりのエンターテインメントだった。


「まぁ、いいじゃないか、あのくらい。あれはのささやかな抵抗みたいなものさ」

「しかし――」

「でもわかっただろう?」


 ベルリオーズの有無を言わせぬ問い掛けに、銀の姿は押し黙る。


「君がどれほどの存在であったとしても、君の一存だけで事象の全てが成り立つわけではないんだ。量子論的揺らぎフラクチュエーション、二重振り子の混沌カオス――たとえ君がその揺らぎそのものであったとしても、その全ての揺らぎを決定できるようなものじゃない。その証左が、今まさに起きている事象さ」


 ベルリオーズは後ろを振り返り、その銀の姿と正対した。


「彼が君に反抗するのも、僕がこうして動かないのも、君の敷いたレールから外れた行為だ。君がかつてティルヴィングを与えてきた者たちが、どういう過程と結末を迎えたのかは知らない。でも今、僕は確実に君を出し抜きつつある」


 その挑戦的な言葉に、銀の姿が大きく揺らめいた。


「それならば、わたくしが如何に動こうとも、あなたの予測の範囲内ということになるのかしら」

「ふむ――」


 ベルリオーズは数秒間思案した。左目の赤い輝きがふわりと強くなる。


「まぁ、良いんじゃないかな? 君がそうすると言うのなら、そういうことなのだろうし。違うかな、不信神な女神フェイスレスヴァルキリー?」


 そう言った口元は哂っていた。彼らしからぬ、荒んだ微笑。銀の姿はそれを認め、また大きく揺らいだ。


「ふふふ、背信の戦乙女ですか。なれば、わたくしはわたくしのエインヘリャルたちを使うことにしましょう」


 そう言い残し、銀の姿は消えた。ベルリオーズの周囲をぐるりと、燃え盛るユーメラの街並みが囲んでいる。端的に言えば、地獄絵図。炎に囲まれて、ただ祈るだけの人々の姿も見える。瓦礫の下でただ助けを待っている人々の姿も見える。だが、倒壊した建物と炎に阻まれて、軍の救助隊ですら容易には入っては行けないだろう。彼らを救い得るものがあるとすれば、それはだけだ。

 

 彼らに罪があったわけではない。死の必然があったわけではない。こうなったのはただの偶然だ。慢性的な戦争状態に慣れ過ぎて、危機感がなかったことを責めるのはあまりにも道理が違う。彼らは単に日常を過ごしていただけなのだ。そしてほんの些細な偶然が重なり、助かる者とそうではない者に二分化された。それだけだ。


 だがしかし、彼らの中からは、死せる戦士エインヘリャルたちは生まれることはないだろう。彼らの誕生は奇跡にも偶然にもらないからだ。


、か――」


 ベルリオーズは呟き、そしてバルムンクから消失ログアウトした。


 ただの真の闇だけが、全天の虚無だけが、そこに在った。

 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料