極限のシミュレーション

 カティを隊長機としたクリムゾン小隊は、多少ぎこちなくはあったがそれでも無事に離陸した。三番機のヨーンが離陸した直後に飛来した数ダースにも及ぶ巡航ミサイルが、滑走路や格納庫を完膚なきまでに破壊する。これでカティたちは、隣接する空軍基地までの距離と残燃料を計算しながら飛ばなければならなくなった。


『管制より全部隊。敵機はFAF221が十二機。全機制空装備で固めている』

「クリムゾン1、了解。敵機視認。クリムゾン2、3、編隊を崩すな」

『クリムゾン2、了解。敵機視認できず。クリムゾン1、マークして』

『クリムゾン3、了解。敵機視認できず。レーダーも役に立たないようだ』


 カティ、エレナ、そしてヨーンの三名は、圧倒的に不利な状況であるにも関わらず、少なくとも口調は冷静だった。レーダーはFAF221のステルス技術によって「時々見える程度」の代物に成り下がっていたし、主武装である空対空ミサイルの射程距離もFAF221の半分程度しかない。いっそ笑えてしまう状況だった。


「クリムゾン1、目標をマーク。ターゲティング。同期しろ」


 カティは遥か彼方にゴマ粒のように見える敵編隊を捉えていた。この時点で、エレナもヨーンも、敵機の飛来してきている方向すら認識できていないはずだ。


『クリムゾン2、目標を確認。レーダー照射、準備よし』

『クリムゾン3、ミサイル発射準備よし。管制、電子誘導は可能か』


 ヨーンの言葉に合わせて、カティもミサイルの発射準備を整える。ロックオン有効射程の外だが、管制が誘導できるのであればこの段階で一撃できる。だが、管制からの答えは「不可能ネガティヴ」だった。


『巡航ミサイルで目をやられている。管制より独立して敵戦力を邀撃せよ』

「クリムゾン1、了解」


 邀撃ね……。


 カティは唇を湿らせる。


「敵機を下から一撃する。クリムゾン2、レーダー照射開始」

『クリムゾン2、了解したわ。照射開始!』

「クリムゾン隊、ミサイルトリガーをアタシに」


 カティは三機の火器管制を同期させる。


『ユーハヴ』


 二人が同時にコントロールを渡してくる。


「アイハヴ!」


 カティはその瞬間を逃さず、三機の搭載している多弾頭ミサイルを二発ずつ撃ち放った。それは百発近くの小弾頭に分裂して、一気に上空へと駆け上がっていく。そして正確に敵機の先頭部隊近傍まで誘導されていった。


「当たるはずもないか」


 だが当たらない。敵機の放った多弾頭ミサイルによって完全に迎撃されてしまったからだ。カティによる先制攻撃は、無駄に空の熱量を高めただけに終わった。


『クリムゾン2より各機! 敵機三機が進路をこちらに向けた』

「クリムゾン1、確認。低空に誘い込む」


 カティは一気に高度を下げる。当初五百メートル近い高さを飛んでいたが、それを一気に五十にまで落としていた。エレナとヨーンもぴたりと合わせてついてくる。さすがの機動技術だった。


「上空から熱源! 射出型ミサイルポッド!」


 カティの目はその動きを逐一捉えていたが、エレナやヨーンには米粒以下のそれらの行動は全く見えていない。二人は敵機の存在とその方向を知覚している程度だ。


「ミサイルポッドよりミサイル射出! 各機、散開ブレイク!」


 その一瞬後、カティ達がいた空間に、轟然と炎の矢が降り注いだ。判断がわずかでも遅れていれば、その劫火に飲まれていただろう。地面スレスレを飛行していたことで、追尾してくるはずのミサイルたちは尽くが地面に落着して爆炎を吹き上げていた。


『クリムゾン1、どうするの』

「ミサイルポッド二機目! 来るぞ、散開ブレイク!」


 再びカティたちの背後を炎の群れが飲み込んだ。その間に敵機FAF221はカティたちの編隊のすぐ上にまで迫ってきていた。


 やはり速度に圧倒的な差がある。振り切れない。


 カティは背後わずか数百メートルにまで迫った三機のFAF221を認識しつつ、次の手を考えた。


「二人はそのまま飛べ!」


 言い放ち、カティは機体を地面に対して垂直に立て、ノズルを進行方向に向けて逆噴射した。急減速によるマイナスGが発生し、機体をこれでもかと痛めつける。翼がちぎれそうなほどのダメージが機体全体に及んだのが確認できる。その間に敵編隊はカティをすり抜けるようにして飛んでいく。カティは上昇してそのまま反転宙返りを行って、敵機の後背を突くことに成功した。


 そして機銃を一連射して、最後尾の敵機の尾翼を傷つける――まぐれ当たりだ。カティはさらに残り二発の多弾頭ミサイルを放った。それは目の前を飛ぶ三機を確実に捕捉ロックしていた。もしこれがF106や107であれば、勝負は決まっていただろう。だが、カティが操っているのはF102なのだ。多弾頭ミサイルの誘導性能も決して高くはない。


「ちっ」


 フレアにあっさり騙されやがって……!


 カティは一発も有効打を出せなかったミサイルたちに舌打ちしつつ、オーグメンタを全開にした。急激な加速が機体ダメージをさらに蓄積させてしまう。


『クリムゾン2より3へ。左右に分かれましょう』

『クリムゾン3了解、僕は十時方向へ行く』

『了解。……ちっ、ロックオンされたわ!』


 カティは敵を追いながら、左手でキーボードを乱打した。


 接続確立。侵入コード展開……!


 間に合うか!?


 ゲート敷設完了。火器管制にノイズ!


 その間に、敵の一機がカティの目論見に気付いたようで、進路を急変させてくる。上昇からの急降下で銃撃を仕掛けてくる敵機の機動を正確に読み切り、F102でもできる程度の最小限の動きで、機関砲の弾雨を回避し続ける。その間にもカティは敵の一機へのクラックを試行し続けている。


 傍から見ればその動きは神業の領域に達しているのだが、カティ自身はただ本能に従って操縦桿を左右に捻っているだけだった。それを見ていたハルベルトが「恐るべき直観力ね」という感想を呟いている。


「ビンゴ! クリムゾン2、3、左右へ!」

『了解!』


 二人は応えると同時に鮮やかに左右へ散った。敵機も左右へと分散し、これでそれぞれが一対一の状況になる。


『クリムゾン3より各機! 南より高熱源反応接近中!』


 その緊張した声に、カティは慌てて状況を確認する。その一瞬の隙に、右の翼を撃ち抜かれた。だが、まだ飛べる。


「クリムゾン1より各機。熱源の正体を照合した。フェニックスだ」

『フェニックス!?』


 エレナのヒステリックな声が返ってくる。対するヨーンは落ち着いていた。


『到達前に一機でもとすか、それとも、この場から逃げるか』

F102コイツには対装備ないわよ!』


 どうするのが正解なんだ、カティ。


 カティは意識を集中する。追いすがって来る一機と、目の前の――エレナを追っていた――一機。迫って来る自律目標捕捉式多弾頭ミサイル。未だ使われた記録はないが、知られている通りの性能だとすれば、一発で一個飛行大隊にも匹敵する戦闘力を有したミサイルであるはずだ。


『クリムゾン1、僕がミサイルを引き受け――』

「だめだ」


 カティは目の前の一機に向けて機関砲を乱射した。エレナに固執していたFAF221は至極あっさりとその弾幕に捕まる。だが、なかなかちない。


 敵が硬いのか、こっちの武装が貧弱なのか。いや、両方か。


 カティは接近してきている巨大な飛行物体を視認した。確か弾頭部だけで直径十五メートル、長さ四十メートルという常軌を逸したサイズのミサイルだったはずだ。


『クリムゾン1、分裂前なら叩けるんだ、僕をフェニックスの』

「ダメだと言っている!」


 カティは怒鳴りながら格闘戦を続ける。だがカティにも何か有効な手段があるのかと問われれば、答えは「否」だった。


『クリムゾン1、どうするのよ! フェニックスの分裂まで時間がないわ!』

「ええい、畜生め!」


 カティは目の前のFAF221を諦め、フェニックスミサイルの巨大な弾頭の方向へと進路を変えた。


『クリムゾン1、僕が行く!』

「援護だ。アタシに敵機を寄せ付けるな!」

『ちょっと、体当たりでもする気!?』


 エレナがカティの意図を察してキンキンと叫ぶ。カティは追いすがってきた敵機の機関砲弾を回避しながら、ベストな手段というものを模索していた。一応、それには回答は出ていたのだが、カティには受容しかねるものであった。


 その時、F102のコントロールシステムが、けたたましい警告音を発した。


「しまっ……」


 油断していた。敵三機から同時に侵入コードを走らされていた。慌てて左手でキーボードを叩くが、既に手遅れだった。オーグメンタの点火もままならず、姿勢制御も乱れた。翼に受けた銃撃、そして機体全体に及んだダメージが、事ここに及んで痛烈に機体の制御能力に響いた。


 カティの目の前にフェニックスの巨体が広がっていた。それは翼を広げるかのように展開し、そして、無数の核弾頭を撒き散らした。


 空域は瞬時に、白く蒸発して、消えた。










  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!