あつあつ・きらきら・きゅんきゅん……?

作者 守里

16

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

学校。そこは恋の玉手箱。青春の一ページに欠かせない恋模様がたくさん描かれている作品です。人それぞれの想いや歴史があって、それが織り成すハーモニーにきっとあなたも魅了されるはずです。どの恋が自分のそれに重なるのかは是非読んで確かめてみてください。誰の背中をあなたは押しますか?辛い恋も苦い恋もきゅんきゅん、アツアツな恋もどれも一つ一つが宝石みたいに煌めいて見えるでしょう。

★★★ Excellent!!!

甘い恋。苦い恋。すれ違いの恋。素直になれない恋。支え合いの恋。年の差の恋……。
とある生徒会メンバーを中心に、その家族、教師をも巻き込んだ「恋」が、視点と立場を万華鏡のように変えて、きらきらと瑞々しく描かれています。

十代の悩みや葛藤も群像劇ならではの広がりと奥行きを見せていて、そこに絡んだ大人たちの想いも、物語にスパイスを効かせています。

気づけば、応援したくなる。がんばれ、と背中を押したくなる。いじらしくも温かな彼等の姿に魅せられて、読み進めながらきゅんとしました。

あなたにとって胸に迫る「恋」が、きっとここで見つかるはず。お勧めします。