シャノン・ロイヤルミルクティは、魔女であることを誇りに思っている。

作者 春川晴人

50

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

どうやらこの作品は後日談のような話らしいのですが、本作だけでも楽しめます。
若干13歳の主人公が恋をし、旅をし、その中で成長を遂げていく様は面白く素敵になっていると感じました。

彼女の「魔法」に対する思いや恋心を中心にスト―リーは進んでいきますが、他の登場人物にも個性があり、生き生きと動いてます。それこそ、まさに『生きている』ように思えました。

難しい設定、難しい言葉で着飾った作品、というよりは純粋に物語を楽しめるもので、ファンタジーが苦手とか、設定が理解できないとか。そういったことがなく、無理も、負荷もない大変読みやすい作品でした。そのためか、読み進める手が軽々と動きます。
また、読了後は暖かな気持ちになれました。

読者に負担のかかりにくい作風は見習うことと感じました。
楽しませていただきました!

★★★ Excellent!!!

イタズラ好きのシャノン様が魔法で騒動を起こしていたのは、ついこの間のことだったのに……。
いつの間にか恋をするお年頃になっていました。うるうる。

王子様やお姫様などたくさんの人々と冒険の旅に出て、少しずつ少しずついろんな経験をして大人になっていく。
それがまた真っ直ぐで素直で一生懸命で、応援したくなってしまうのです。

悪者が出てきたり、試練があったりするのですが、なぜだか童話のようなほんわかさせる雰囲気を失わないのは、この作者様にしか出せない個性です。

シャノン様の恋の行方を共に見守る方求む!!

★★★ Excellent!!!

ロイヤルミルクティ国の王女、シャノンの成長物語です。
ミカリンやユイニャンなど、前作に引き続き魅力溢れるキャラクターたちも登場して、今作を一層盛り上げてくれております。
魔法使いに盗賊、そして陰謀。ファンタジーという括りよりも、「おとぎ話」として万人のかたに推奨したい作品であると思われます。
タイトルがラストシーンで用いられておりますが、これが絶妙なはまり具合なのです。
フーッと息をはきパタンと本をとじて読後感に浸る、まさしく「おとぎ話」を拝読した印象を持ちます。
感情移入して、ちょっぴり涙を浮かべる最終章。
口どけの良いなめらかな文章とマッチして、とても面白い今作です。

★★★ Excellent!!!

「ミカリン・アールグレイの冒険」の続編ですが、「シャノン様のおしゃまな魔法生活」も先に読んでいただきたく……
(あっという間に読めます)

王女であり、誇り高き魔女であり、まだまだかわいいお年頃のシャノン様の目を通して語られる若者たちの青春。優雅で、真摯で、勇ましい冒険の最後は……な結末が甘酸っぱくてほんわかします。

過去作からの成長が伺えるシャノン様。みだりに魔法を使っていたずらすることもなくなり、しっかりと戦力となってらっしゃいます(笑)。

★★★ Excellent!!!

愛は偉大です。愛がすべてを解決します。しゃらくさい理屈なんていらなかったんです。将来を誓い合った男女の愛が困難を打ち砕くのです。

興奮気味に始まったレビューですが、主役の女の子はローティーンの女の子ですね。魔法と刃物が使えます。戦闘をこなすにはまだまだ未熟ですけど、もう立派な魔女です。なおこの物語の世界観なら魔女というのはネガティブな意味よりも、気高い魔法使いという定義が似合うでしょう。

そんなキュートな魔女の視点で物語が動きます。助けるべきは結婚式を挙げようとしている若者たちです。片方は王族で、もう片方が元魔女です。二人は幸せなカップルなのですが、なにやら脅迫状が届いて妨害されてしまいます。

脅迫状の差出人を探すために冒険の旅へ出ると、いくつかのトラブルに巻き込まれて、やがて真実が見えてきます。

そこで爆発するのが愛の力です。

愛を感じましょう。

愛ですよ、みなさん。この物語の八割は愛の力で出来ているのです。

★★★ Excellent!!!

第一話に前作のダイジェストが書かれているので、作者様の仰っているようにこのお話から読んでも大丈夫な仕様となっております。こういった気遣いが前作未読の人間(←読みなさい)にはとてもありがたいですね。

兄のことを「おにいちゃま」と呼ぶシャノンにいきなり萌え♡ いいわぁ、この子。となりに置いて一日中愛でたい♡

コホン……さて、どうやら前作では魔女狩りという連中がいたようですが、今作は魔力を封じた者を狩る連中がいるようですね。そしてお城に届けられた脅迫状……。

そんな不穏な状況でも、シャノンという存在のおかげで全く暗さはなく、むしろほのぼのとしている。明るく可愛いシャノン嬢は偉大である(笑

「危険だよー、シャノンちゃん。家でじっとしていたほうがいいよ」と思いつつ、正義感の強いシャノンちゃんを最後まで応援すると誓う私。ってこれレビューか(汗

なにはともあれ、主人公であるシャノンちゃんの可愛さがウリの一つであり、そして老若男女問わず、安心しておすすめできる作品だと思います。

皆さまも是非お読みくださいませ~(⌒∇⌒)

★★★ Excellent!!!

私は、絵本が大好きです。
もういい歳なのに。
大人が楽しむ高尚な、高級な絵本ばかりでなく、手軽で安価なものも大好きです。
病院で子供が絵本を開いているのを横から覗き込んでは、感動して涙を流します。
……もういい歳なのに。

ページを開くたび、所狭しとばかりに飛び出すファンタジー。
愉快な仲間、恋に冒険、ロイヤルロマンス!
アコーディオンの陽気な音楽に乗って旅をする、そんな世界にあなたも足を踏み入れてみませんか?


そして『紅茶の香りの絵本シリーズ』(←非公認)、いつも大きなテーマを持っています。
それは、善い魔法と悪い魔法。
いつの世でも語りたい、人として大切なテーマです。
すべてのお子様に読んでいただきたい,
すべてのお父様、お母様に読んでいただきたい。
そしてお父様、お母様になられるすべての方に読んでいただきたい。
世にずっと在って欲しい、私はそう願います。

ああ、更新が楽しみ(≧∇≦)。

★★★ Excellent!!!

ミカリンシリーズの最新作です。
長編が一本、外伝としてシャノン姫の中編が存在する作品ですが、ついに正当続編となる本作が連載開始となりました。

あれから年月が経ち、シャノン様も13歳に成長あそばされました。
いやぁ、愛らしい。
成長してもシャノン様はシャノン様を貫いています。
再びミカリンたちと一緒に行動をともにすることとなり、どんな波乱が待っているのか……みんなで足跡を追いかけましょう!