WEB小説 & ラノベ & 小説の書き方 なんぞを解説いたします。 問題は、本から得た情報を鵜呑みにして、全くの素人がダラダラ書いてるってことなんです。➡ 追加 私の文章修行。

作者 里宇都 志緒

246

93人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

砕けた文脈でわかり易く現状の活字市場を語られている。
とても楽しく読ませてもらっています。

かくゆう私もラノベには暗いですが、語られた内容から、なるほどと思えるところが多々ありました。

読者(あるいは消費者)には、共有された前提を楽しむという傾向があるようです。インターネットというツールがそれを促進し、ある種の参入障壁をなしているように感じます。現状、これらの事態をコミュニティーという単語で解す論評が流行りみたいですが、私はその波紋が次に起こす動向に注目しています。

すいません。
ここまで書いて、これがレヴューなのか怪しくなってきました。

ともあれ、書かれた文脈、大いに楽しませてもらいました。

★★★ Excellent!!!

わたしも悩んでいる一人として、身につまされるとともに、ときどき挿入されるギャグに、噴き出したりしていました。
これ、WEBじゃ、もったいないですよ。
わたしは、エッセイ(挿絵いり)本を出して欲しいです。
お金を払っても、読みたいと思った本でした。

だって、すごく、正直で、誠実なんだもん。

★★★ Excellent!!!

 思うところは色々ある作品なのですが、それらのことはほとんど自分の前のレビューに書かれてしまっているので一言だけ。

 全てのWEB小説執筆志望者におススメできる!
 そして面白い!(笑)

 ぜひご一読を!

★★★ Excellent!!!

めっちゃ面白いです。

私たちの疑問を読者目線で解説してくれます。しかも関西弁!
ラノベと一般小説の違い、小説で使える技法などを、脇道に逸れつつ(笑)、寄り道をしつつ(笑)、わかりやすく説明されています。

これから小説を書く方への入門書、というより、ある程度小説を書いてきたが、上手くいかない、書き方に迷いがある、と言った方にオススメです。

★★★ Excellent!!!

そもそも小説をどう書いたものか、状態な僕にはとても勉強になる内容。
でも、実践しようと思っても中々出来ないので参考になっているかといえば少し違う。
結果なにが言いたいかといえば勉強するのが嫌いだという人も勉強した気になれるって事だよ!!

★★★ Excellent!!!

 Web小説初心者です。ラノベの世界はほぼ未体験です。作者さま風に申し上げれば、「テンプレ? それって、天つゆと塩と、どっちで食べるのが旨いん?」ってくらいに未体験です。

 この作品を読んで、まずラノベに対する偏見がなくなりました。大好きなアニメキャラの四コマ漫画を書いて友達とわいわいやってた昔の自分と、同じノリじゃありませんか。より大きな枠組みで書き手がそれぞれの想いとオリジナリティをぶつけ合って、精一杯楽しんでいるなんて、実に素晴らしいじゃありませんか。ラノベを「祭り」と表現される作者さまのご意見に、心より賛同いたします。

 多くの関連文献のエキス部分が楽しく分かりやすくまとめられている「小説の書き方」の章は、一行一行が示唆に富み、私のような初心者はいちいちフムフムと頷いてしまいます。その次の「文章修行」の章では、私の悩みがそのまま検証されているようで、いちいちギクっと震えます。

 トーク感覚の語り口を楽しみながら、Web小説とはなんぞやということを学べます。しかも、自分の書いたものを振り返って考えるきっかけにもなるという、実にありがたい作品です。


★★★ Excellent!!!

小説をこれから書き始める、もしくは、書き始めているけど、どうやっていいか分からない、という方に、ぜひおすすめの「小説書き方エッセイ」。

本屋にある「小説の書き方」なんて本を読んでの感想や、ピックアップなどで構成されており、それらの本を買う前に、まずこのエッセイを読んでおいて損はないと思います。

特に、エッセイの作者の里宇都さんは、ラノベを全く知らなかった方だそうですので、同じような人で、だけどネット小説の主流であるラノベ業界とはどんなものか、というのを覗いてみたい人には、うってつけのエッセイ集です!

★★★ Excellent!!!

一気読みしました。
下手な解説書よりよほど詳しく、何より読むのが楽しいです。

情報を簡潔にまとめるのも、分かりやすく伝えるのも、それぞれ別の才能です。
まだ読んでいない人は、試しに1ページ目を開いてみてください。たぶん止まらなくなるはずです。

(カクヨムにいるにも関わらず)ほとんど読まないWEB小説の説明が一番面白かったです。
特にまったく理解できていなかった「テンプレ」の説明に、なるほどーと膝を打ち、少し分かった気になりました(でも、きっとまだ分かっていません)。
あと大沢さんの解説本も気になったので、今度本屋で探してみます。

★★★ Excellent!!!

読み物としてまず面白い。
参考書としては興味深い。

筆者さんが読んだ10冊もの「指南書」が
実にイイトコロを抽出されているように感じられる。
まずはこれを手掛かりにして
「指南書」を吟味してみるのも良いだろう。

軽快に読んでいけるので、
「Web小説やラノベという文化について一歩でも理解を進めたい」
……そんな方々には、是非とも一読してみて欲しい。

★★★ Excellent!!!

私の替わりに色々と勉強してくれて、且つレジメまで整理してくれて、本当に有り難うございます。里宇都さんにはそんな気ないでしょうが、私の本音です。
ラノベの事が良く理解できました。祭りなんですね。そう分かると氷解する疑問が多々あります。最大の疑問は「何故、自分はカクヨムで浮いているんだろう?」でした。サークル仲間と刹那的に盛り上ろうという気持ちが、私には無いですから。定年まで間も無い私に、そんなエネルギーは残っていません。
私は、里宇都さんと概ね同年代ですが、このエッセイを拝読する限りは似ていると思います。読書好きが高じて、手軽に文章を書けるようになった文明の利器を使って投稿し、カクヨムの世界を見渡すと面白い作品が多々漂っているので、読み手としてもハマっています。里宇都さんとの微妙な違いは、長編も半分くらいは読んでます。短編は息抜きとして読んでます。
作家で食っていけないのは薄々勘付いていたのですが、だったら好きな様に書いていこうと、勝手に勇気をもらいました。
なお、本エッセイの”?の後は空白”にヘェ〜となりました。ブラックジャックのセリフ修正もです。

★★★ Excellent!!!

勉強になりました!!
何も知らずにカクヨムにいたのですね、私…そしてこの作品を読んだ後も恐らく何も変わりませんが(笑)でも、知識があるとないでは、居心地が全く違います!
作品を書くこと。作家という仕事について。書籍化されることや売れること、編集者との関わりetc…その辺の現実的な事情もぎっしりと詰め込まれ、色々な意味で目の覚めるような思いです。

「書くこと」について、改めて自分の立っている位置を再確認したい全ての方に読んでほしい、優れた作品です。

★★★ Excellent!!!

関西弁でグダグダ口調なのに、なぜかスルスル読んでしまうというか読まされてしまいました(笑)
中身は濃いです。とても濃い。内容がぎっしりてんこ盛り。
面白いだけじゃなくて、とても為になりました。

★★★ Excellent!!!

カク人にとっては非常にためになる話が多数あります。
分かっていても、改めて初心に帰る部分もあります。

執筆年数や知識の深さによってどの部分に納得するかは人それぞれだと思いますが、何かしら新たな発見がある事と思います。

そしてヨム人にとっても、今までと違う切り口で小説を読めるようになるのではないでしょうか。

まずは興味のある章から読んでみて下さい。

★★★ Excellent!!!


プロを目指す人も、趣味でいいと思っている人も、物語を書くのが好きな方であれば、きっと得るものがたくさんあるはず。
関西弁で綴られた文章は、とても楽しくて読みやすいです。
多くの本を読み、そこから自分が関心をもつところと、読む人が知りたいと思っているところを上手に合わせて、それをもとに自分の言葉で書いている。
どれくらいの時間と労力が必要だったのでしょう。

最後まで興味が尽きることのない、本当に素晴らしい作品です。

★★★ Excellent!!!

テンプレやWeb小説の解説が分かりやすく、勉強になります。

本当に書く事が好きな人だけが作家になれるのでしょうね。そして、本当に好きでも作家で食べて行くのは難しいようです。

関西弁の軽妙なテンポの中に、解りやすく解説する作者の技量を感じます。

作家を目指す人もそうでない人も楽しめる作品です。

★★★ Excellent!!!

WEB小説やラノベと言う言葉はカクヨムを始めてから知った言葉です。あまり自分とは関係ないと思っていたけれど、きちんと分かった方がいいですね。
本来なら自身で資料を集め、読みくださないといけませんが、こちらのエッセイは、上手くまとめられたものを、気楽に楽しく読ませてくださいます。
最終章で語られる「書き方」は、本当に勉強になります。

★★★ Excellent!!!

タイトルそのもののエッセイ。
半端ない読書量を誇る作者が、懇切丁寧に解説をしてくれているのですが、むしろ本の講説よりも、私見が面白いのです。むしろその私感を読みたいがために第25話まで拝読したと言っても過言ではありません。
文学であろうと娯楽小説であろうと、プロが書こうと素人が書こうと、面白ければ(笑いという意味合いではありません)なんでも食いつく私ですが、このエッセイでさらに勉強させていただきました。ようは共感、感情移入、ハラハラドキドキと琴線にふれる読み物であれば新聞の論説でも良いのです。今作はまさしく「待ってました!」と快哉するエッセイです。
これでもまだ、抑えて書かれているのではないでしょうか。次章以降はさらにヒートアップされ、タガを外して思うままを書かれてほしいと痛切に願います。
カクかた、ヨムかた、どちらにもお奨めできる一品です。

★★★ Excellent!!!

 面白い分析。膝を打ちました。

 確かに、ラノベに分類される作品と娯楽小説に分類される作品では読む方としてもスタンスが違う。

 眉村卓先生が司政官ものの新作出したら絶対購入するし、フルメタル・パニック!の新刊が出るとしてもきっと購入するであろう。

 そんな、私ですが。

 その二つの楽しみ方は決して同じではない。その違いをしっかり考えたことはなかったけれど、うん、そういうことだったんだなぁ。

 「祭り」が一生の記憶に残る忘れられない思い出になるか、その場限りの楽しみに終わるのか。
 ラノベだからと言って一過性で終わるものばかりではなく、よいものはよい、でしょうね。


 

★★ Very Good!!

ライトノベル自体が目立ち始めたのは、確か、スレイヤーズとかそのあたりかなーと思います。

でもそれ以前に改行の目立つ、ページに白地の目立つ小説をライトだと言われてたのは結構前からです。

夢枕獏先生とか、菊地秀行先生とか辺りですね。

効果音が多いとか。故栗本薫先生のノリなんかもライトノベル的みたいに言われてたように思います。

とにかく改行と白地が目立つ、効果音が多い、キャラありきな小説。

わたしにはそんな印象があります。

多分間違ってるとは思いますけど……。

★★★ Excellent!!!

私もラノベや王道をまったく知らずにWeb小説サイトに来ました。某サイトのランキング上位作品は読んでも理解不能で……。

どうしてかな~とずっと思っていたのですが、「そういうことか~!」と、わかりやすく書いてありました。
他にもモヤモヤを解消してくれたこともありました。

私と同じようなことを思っている人には、一読をお薦めします。
わかりやすいです。

★★★ Excellent!!!

 出だしの第一話から引き込まれます。何が引き込まれるって『WEB小説』に対して作者様が知識を全くもっていなかったという描写でしょうか。ダンプにバシコーンって撥ねられて異世界に転生って、それだけ聞くとなんのこっちゃですもんね(笑 でもそれが当然の前提になっているんですよね、異世界テンプレ物って。

 その後もテンポのいい(しかも作者様の素が出ているようでちょっと笑える)文章で綴られる話はどれもこれもおもしろいっ。そしてタメになるんですよね。私もカクヨムを始めてからWEB小説について勉強しましたが、『異世界テンプレ物は趣味の世界と同じ』という文言を読んで、その一言で片付くなと私自身も腑に落ちました。

 あとは『苦手は避ける。知らんことは書かない』などは、スピード重視のWEB小説にはぴったりだな、と思いましたね。

 公開中の話は全て読みましたが、WEB小説についてとても勉強になります。皆さまも是非っ(⌒∇⌒)


 

★★ Very Good!!

4話までを読んでテンション上がってしまったので
レビューします。

自分も紙媒体の本じゃないと読まないタイプでした。
でもいつの間にか敬遠される側にいたのだなと。

紙媒体もWeb媒体も慣れてしまうと勝手な大前提の元に書いてしまう。
それが読者を遠のかせる原因の一つなのかなと思いました。

とても読みやすい文体ですが、なかなかの曲者かもしれません(笑)

★★ Very Good!!

 私の場合はそもそも小説自体を殆ど読んでいなかったのでラノベの世界を知ったのはアニメからでした。
 ラノベの原点とも言えるスレイヤーズは何故か単行本を買って読んでいたんですけどね。この頃はまだラノベって言葉自体はなかった気がします。

 今のWEB小説事情は大きな二次創作の中にあるようですね。WEB小説ってジャンルの同人誌。このエッセイを読んでいて私もWEB小説の謎が解けました。書かれている内容は的を射ていると思います。

 文章が面白くてスイスイ読めます。最終的にどんな結論になるのか更新を楽しみに読ませて頂きたいと思います。

★★★ Excellent!!!

テンプレ、多いですよね
なんていうか、マンガで何か思いついてもたいてい先に手塚治虫が同じようなの描いてた、みたいな

涼宮ハルヒくらいまでは、カンブリア紀の大爆発みたいにライトなSFやファンタジー、ラブコメいろいろ試してみてたのが、レーベル乱立してテンプレというかお約束? ちょっとカッコつけた言い方すると話の展開のプロトコル通りじゃないと売れるかどうか出版社にとって博打みたいになっちゃったんじゃないかと
ウェブ小説も同じで小難しいこと書くと筆力ないと読んでもらえない

読んでもらえる作品を書くためのノウハウの列挙、ここで紹介された本は読んでみた方がいいですね、大沢在昌さんのは私も今読んでるけど、私からもぜひご一読をお薦めします