探偵 山田太郎と記録者 横須賀一の物語

作者 空代

51

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

正直、この卓越した作品をタダで読んでしまっても本当に良いものかと疑問に思いました。素晴らしく高い文章力、巧みなストーリー構成、リアルでしっかりとした厚みを感じられる登場人物達、ゾッとするナニカ──どれもこれもが極上で……脳髄が満腹になる逸品です。
その世界観の凄まじさに作中何度鳥肌や言い表せない奇妙な感覚を抱いたことか。こればかりは読んで体験してくださいとしか言えません。なぜなら説明したくともあの感覚はうまく表現できません。
レビューなのだから少しは作品について触れようと思いつつ、教えたくないです。宝物を胸にしまっていたくなるように、安易に口に出したくないのです。それほどまでにこの作品は素晴らしいお話、いえ素晴らしい人生です。生き様です。
この作品に、彼ら彼女らに出会えたことに心からの感謝を。
探偵と記録者──この二人のあり方は是非自ら読んで、感じてください。

★★★ Excellent!!!

観察力は高いが、自分では愚鈍だと思っている青年・横須賀一。
傲岸不遜な探偵・山田太郎が、彼を資料係として雇うと言う。

クトゥルフ全く知らないです。
CoCって言葉も何だかわかりません。
なので、「X-ファイルみたいな超常案件を専門とする探偵」くらいの認識で読んでいます。

長い、長い物語です。
自身の記憶力を信用していない横須賀は、執拗なまでに周囲を観察して細かく記録する。
横須賀は“目”、考えるのは自分だという山田は、横須賀にはあまり情報を与えないので。
一つの事件が終結しても、読者にとって全てが明らかになるわけではないです。
(前触れもなく人体が×××になったり、見ただけで発狂しかねないモノが相手なので、知っててもどう対処するんだこれ……。)

生い立ちの関係で、極端に自己評価が低く、常におどおどしている横須賀が。
次第に、自分の望みを自覚し。
最後まで読むと、全ての事象、全ての人が繋がってきて。
不器用な人が、他人への頼り方を覚える話、だったのかなと感じました。


きょーこちゃん、が、文章で読んでいるだけなのに目の前に見える様で。
本当に美人なんだろうなぁ。

★★★ Excellent!!!

これは凡人たちの、凡人たちによる、彼らの精一杯の声なのだろう。
この物語には天才が出てこない。いや、なんというか、存在としての異質なものが存在しないのだ。この人物は違うなあと思っても、全ての人がどこかありきたりで、全ての人があてはまる。全く溢れることがない。
凡人の探偵。凡人の助手。
張り巡らされた伏線は鍵盤の線になり五線譜になる。全ては終着する。理解の外、予想外の結末。どこかで見たことのある、新感覚。なんとも言い辛い。これはきっと、読んだ、‘読み切った’人にしかわからない感覚だ。現に私はこの感覚を言い表すことができず、追い続けていたこの作品のレビューを書けなかったのだから。
どうか読んでほしい、と心から思う。作品に対する驚きと、感動と、そして胸に残る暖かな気持ちが、全てだ。

【余談】
結構中盤あたりから読み始めていながら、そして最終回も追っておきながら、そしてファンになって最終回を迎えた後も読み返し読み返ししておきながらも結局今の今までレビューを書かなかったことを反省しています。言葉にうまくまとめられないとはこういうことを言うんだなあと実感しました。何回も言います。全然書けない。っていうか私なんかがレビュー書いていいんですかって本気で悩みました。悩みましたとも。もう泣いた。ありがとう。ありがとうございます。この作品に出会えてよかった。

★★★ Excellent!!!

うつわ後編まで読みましたが、掛け合いも良いし雰囲気も一種独特ですね。変な言い方ですが、偽名のプロ作家さんなのかな?と思ったりしました。とても読みやすく、良い物語に出会えました。

最後にこのレビューのタイトルを見て『何が?』と興味を持ってここまで進んで頂けた方、その疑問を是非お読みになり確かめてみてください。

★★★ Excellent!!!

探偵の相棒が記録者というのが、斬新で面白いです。
出会ってすぐに、横須賀くんの本質を見抜く山田さんがすごい……
山田さんと横須賀くんコンビの掛け合いを、少し緊張しながら読んでます。
横須賀くんが大好きで、横須賀くんに共感してしまうからかもしれません(..)

私の中で、叶子ちゃんはゆめかわ系美少女だと認識してます。彼女は儚く可愛いです。

先の読めない展開にハラハラどきどきします。
情景描写がきめ細かく、アニメーションのようにすぐに情景が浮かびます。
Cocを知らなくても全然楽しめました!

面白いので、是非読んでみてください\(^^)/

★★★ Excellent!!!

"思考する探偵"山田太郎と"視る記録者"横須賀一が織り成す本格CoCミステリー。一つの依頼から始まった物語は、人智を鼻で笑うモノとの邂逅。息もつかせぬスリリングな展開、少しずつその片鱗を見せる謎。全てが魅力的で、しかし僕には彼等の無事を祈る事しか出来ない。今最も楽しみにしている連載です。

★★★ Excellent!!!

探偵とその記録係の物語です。

2人のやり取りがいいですね! キャラクターの違いが、物語を一層膨らませてくれます。

前編・うつわまで読ませて頂きましたが、筆者の力量が高く、すらすらと読めてしまいました。きっと書きなれていらっしゃるのでしょう。

謎が謎を呼ぶ事件。追うごとにミステリー要素が深まります、本格派のミステリー、ここでなら無料で味わえますよ!

次の話に期待して、星3つ送らせて頂きます。