8-5)緑

 鼠と自死。二つの言葉が結びつくのは随分と意外だった。実際のところを横須賀は知らないが、動物が自分で死を選ぶというイメージは持ちがたい。布野はその疑問を覆うようにして、写真の手前、山田よりにA4用紙を差し出した。

「負荷についてですが、一応山田さんから伺った条件以外に肉体方面も確認だけはしました。ただこちらは予想通り特に変化はありませんでしたし、頂戴したものが少ないのでさほど多くは確認していません。基本的には食事制限や環境音など飼育条件を変えたストレス実験を主にしています。特に目に見えてわかりやすい条件として食欲などの変化があるものを個別に管理しました、それがこちらのグループ。それと脱毛がこちら、自傷行動がこちら」

 とんとんとん、と布野は先に提示していた三枚の写真を指し示し、それから四枚目五枚目を中心に移動する。四枚目と五枚目は鼠が一匹ずつで、こちらも一瞥では違いがわかりづらいものだろう。四枚目の写真では鼠がゲージの端で水を飲んでおり、五枚目の写真では鼠がまるくなって眠っていた。

「四枚目は自傷行為をしていた鼠です。緑の液体を与えて三日目の写真。このときは検査のために移動していたので、飼育場所は違います。ストレス条件は変わりませんが、自傷行為は見られなくなりました。どちらかというと刺激に鈍くなったようで、他のマウスと接触しても気にせず、相手の攻撃性に気づかないといった様子もみられました。猫の鳴き声などに反応しなくなったようですね。五枚目は七日目の写真。七日目は落ち着きが無くそわそわとした様子でした。自傷行為はありませんでしたが、どちらかというと中毒症状に近いといいますか……その後再度接種して落ち着いた状態の写真となっています。だんだんと反応が鈍くなり、中毒症状も薄れていきました。現在は特に無反応となっています」

 ファイルからもう五枚の写真が出される。一枚は怪我もなにもなくまるまると太った鼠だったが、残りの四枚は怪我をしたもの、眠っているもの、ゲージから出ようとするもの、咳込んでいるようなものとなっていた。

 山田は丸い鼠の写真を手にとると、指先でその額部分から顔にかけてを撫でて布野を見上げた。

「これがその個体ですか」

「はい。成功例がその一枚、四枚は失敗ですね。摂取後金切り声を上げ自傷行為をエスカレートさせ衰弱していったもの、身を固め無反応になりそのまま死んだもの、ゲージに体をぶつける形の自傷行為を繰り返した物、突然嘔吐を繰り返したものなどさまざまです。嘔吐についてはこちらの書類にありますね。内容には特に物珍しい物はありませんでした。黒いものについてもこちらでは発見に至っていません」

 横須賀が見て取れたのは円グラフ、拡大鏡写真、化学式。どれも横須賀には馴染みのないもので、何を示しているのかまではわからない。そもそも用紙は横須賀の前からは遠い。山田が自身の右手側に置いてしまったので、文字を読み取ることすら難しいのもあった。

 しばらく書類に目を通していた山田は、有り難うございますと言うと写真と書類を布野側に寄せた。

「写真を拝見できて良かったです。黒は無かった、という点も承知しました。もし発見されたら報告をお願いします」

「ええ。指示どおりそちらは遵守します。黄についてですが、こちらは試験とは違うので正確には私の担当からずれています。最低限調査はしましたが、外部の協力も受けている案件ですね」

 山田から返された書類と写真を仕舞うと、布野は新しく書類を出した。山田が書類を受け取ったのを確認して、布野が立ち上がる。

「横須賀さん、腕を見せて貰って良いですか?」

「え」

 突然の言葉に、横須賀は間の抜けた声を漏らした。ぱち、と一度の瞬きで布野が自身の椅子を机に寄せるのを見る。そうして近づいてくるのを理解して、横須賀は椅子を山田側にじりりと寄せた。

「見て貰え」

 椅子がぶつかる前に、山田が横須賀の腕を横から押し留めた。横須賀はじっと布野から視線を逸らさず、そのくせ腰が引けている。

「見るだけです。参考に」

「えっと、その」

「痛いことはしませんよ」

 真っ直ぐと横須賀を貫く目は、蛍光灯の光で煌めいている。好奇の目だが、そこに負の感情は無いだろう。それでも横須賀は落ち着かない心地で、自身の右手で左手首を撫でた。

「腕、あんまり」

「なにかありますか?」

「……ありません」

 瞳と同じく真っ直ぐな物言いに、横須賀は結局布野を見返したまま小さく呟いた。良かった、と布野が笑い、横須賀の手首に手を伸ばす。

「あ、ボタン、外します、ので」

「有り難うございます」

 布野が少しだけ目を細めて笑い頭を下げた。礼につられるようにして横須賀も頭を下げ、右手首のボタンを外す。ざわり、と皮膚が騒いだような心地は気のせいだろう。右手首を強く掴み、横須賀は一度自身を宥めるように息を吐いた。それから袖口を一度だけ折るとそのまま肘上まで押し上げる。

 あのときの黒と叶子、黄色が頭に浮かび、騒ぐ。随分前のようですぐ近くにも感じられるあの光景は、しかし今の腕には存在しない。火傷と黄色、それをそぎ落とした山田の手。そうして残った自身の上につるりとした皮膚。体毛すら無い腕は今は元通りだ。だからこそ横須賀は布野に対して躊躇ったのもあるのだからそんなのは今更だ。浮かぶ情景を宥めながら、横須賀は布野に腕を差し出した。

「触りますね」

 細い指先が横須賀の指に触れる。それから手首に触れ、腕をなぞった。ぎゅ、と横須賀の口角が引き結ばれる。

「……やっぱり見て分かる物でもないですね。有難うございます、助かりました」

 言葉の後布野の手が離れると、横須賀はすぐに袖口を下ろした。布野が席に戻るよりはやくボタンを付け、メモを膝の上に乗せ直したところでようやく横須賀は肩を下ろした。

「突然すみません」

「いえ、普段はこちらに来ませんし気になる点は確認した方が良いでしょう。分かる物でもないとおっしゃいましたが、どうされました?」

 布野の謝罪に山田は単調に答え、次いで尋ねた。布野はもう一度横須賀を見上げると、いえ、ともう一度小さく呟いた。

「なにか跡が残っているか違う点があればと思っただけです。飯塚先生が見ていますし分かる物では無いと理解していますが、つい」

 気になってしまうんですよね、と苦笑しながら布野が頬を掻く。そうですか、ともう一度山田は呟くと、改めて書類に視線を向け直す。

「黄色について伺っても?」

「ああ、すみません。黄色についてはあまり多くこちらから言えることは無いんですが、昨日皮膚以外にも使えるのでは無いかという説がでまして」

 その件が書かれています、と布野が書類を指し示す。しかし山田は指し示した側を一瞥すると、すぐに矢野を見上げ直した。

「説、ですか」

 確認するように、静かに山田が呟く。布野は両手を膝上に置き直した。

「説です。さきほど判明という言葉を使いましたが、青と違い実験しがたいものの為書類などに残す際には説で統一しています。ただその説を検証するに当たり出た情報は新しい物ですし、持論を証明する為には証明されている情報が必要とされるのでもしかすると新たな情報になるかも知れません」

 つらつらと布野が言う。山田はもう一度書類を撫でると、そのまま机に書類を伏せ置いた。

「こちらの書類だけでという事になるでしょうか? 協力者も含めてお話しする時間は頂戴できますか?」

「これについては当人から説明させます。部署が違うので来るのに少し時間がかかっているようですが多分そろそろ――」

 そこで布野の言葉が切れた。視線が山田の後ろに向かう。振り返れば、ちょうど扉が開いていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!