7-11)メモ帳

「ばいばい」

 叶子がするりと歩道を行く。美しい少女に振り返る人が居ても、声をかける人は居ない。

「おにーちゃん、ないないなのにいつもいたいいたいする」

 後ろで落ちた声に、横須賀は唇を引き結んだ。返す言葉は浮かばない。だから、歩く。

 三浦が居た、ということはいいことのはずだ。同時になぜとも思う。なぜ、の中身は複数だ。なぜ約束の時間にこなかったのか。なぜこんなところにいるのか。なぜ深山未久ではなく藤沢といるのか。

 三浦の両手にある袋はケーキ屋のものではない。ひとつは本屋のもの、もう一つは量販店のものだ。藤沢が本屋で買っただろう小型の折りたたみ地図を持っている。

 なぜ。わからない疑問を考えられるほど横須賀は聡くない。山田が居たら別だろうが、できることはあまりない。ただ、山田は三浦を被害者と言った。ならするべきことは多くない。

 藤沢が顔を上げ、一瞬こわばった。目が細い為表情はわかりづらいが、それでも山田と違って見ることが出来る。揺れた睫と少し引いた指先。三浦が藤沢を案じるように見る。

「三浦さん」

 びくりと跳ねる肩と、ひそめられた眉。けれどもそれは一瞬で、困ったようなハの字眉の下ゆるく笑みが浮かぶ。人が良さそうな三浦の表情に、横須賀は少しだけ息を吐いた。

「こちらにいらっしゃったんですか」

「あ、ああ」

 短い相づちに横須賀は鞄の紐を握る。同時に、続ける言葉を見失った。なんで三浦が戸惑っているのかわからない。だからこそ、どう言葉を重ねればいいのかわからなくなる。

 心配しました、と言っていいのか。当たり前に告げようとした言葉が、喉の奥でひっかかる。

「横須賀さん、三浦さんとお知り合いなんですか」

 穏やかな声に、横須賀は視線を下げた。一歩前に出た藤沢の体は、右つま先は横須賀の方、左足はほんの少し三浦に寄っている。三浦は荷物と一緒に鞄を持っている。紺の肩掛け鞄で、生地は布。藤沢の荷物は手に持った地図くらいしかわからない。

「知り合い、です。藤沢さんは」

「知り合い……友人、ですね。偶然で少し驚いています」

 また、横須賀は言葉を続けられずに眉を下げた。友人同士なら一緒にいても普通だ。藤沢の休みがいつかはわからないが、休日に出かけることはなにも問題ない。

 ただ、三浦の休みは友人と過ごすためのものではなかったはずだ。

「三浦さん、今日はなんで」

「随分会ってなかった友人に会って驚いて。ええとなにかありましたっけ」

 ざわざわと胸が騒がしくなる。山田の姿が浮かぶ。けれど今はいない。

 非常に滑稽な想像だ。それでいて根拠が無く、言葉に出来ない。あり得ないといいきることもできず、しかしあり得る証明も出来ず――視界に入った文字に、横須賀は自身の胸ポケットに手を置いた。

「三浦さん、ケーキ、買わなかったんですか」

「ああ、今日はさすがに荷物があるんで。甘い物は好きですけど、毎日食べるわけでもないですよ」

 少しだけ照れくさそうに三浦が苦笑する。藤沢の視線を感じながら、横須賀は浅く息を吸った。

「俺、ケーキ食べたことないんです」

「え?」

 ぱちり、と三浦が瞬く。鞄からメモ帳とゲルインクのボールペンを横須賀は取り出した。

 キャップを外して後ろにはめ込み、ペンを走らせる。出が悪くないことを確認して、破る。裏写りしやすい薄手のメモ帳は、くしゃりと横須賀の手の中で小さくなった。

「そこの店、名前は知っていて。おすすめのケーキ、ありますか? どれがいいのか、なにも想像できなくて、でも気になって」

 メモ帳とペンを添えて渡す。一瞬泳いだ瞳は、しかし伏せた瞼で隠れた。三浦の手が、メモ帳に触れる。

「荷物、持ちますか」

「え? ああいいですよ。これくらいなら持ち替えればいいだけなんで」

 よいしょと荷物の取っ手に腕を通して、三浦がメモ帳を開いた。ペンをはねるように持ち、視線が藤沢に動く。

「なにかオススメある?」

「え? うーん、私はタルト系が好きだけれど」

 三浦に尋ねられ、考えるように藤沢がううんと唸った。三浦も悩むようにきょろりと視線を動かし、ああ、と呟く。

「店の前に看板ありますし、ああいうのっておすすめが一番でかくかいてあるのでそれ食べてみるのもいいかと」

「はじめて、だから、なにか三浦さんがオススメあるといいな、って」

「うーん、どれもおいしいとは思うけど」

 とん、とメモ帳にペン先を置いて、三浦が唸る。書くか書かないか揺れるペンの頭を見て、横須賀は眉を下げた。

「三浦さん、行ったことないんですか?」

「え、あーあんまり気にしないって言うか毎日行くもんでもないってさっき言ったでしょう? だから」

「妹さんたちのマーク、つけてたのに?」

 三浦の眉間に皺が寄る。いびつな笑みと、一歩の距離。

「今度一緒に行こうと思ってメモしといたんです」

「そうですか」

 横須賀はじっと三浦を見下ろしていた。正確には三浦の手元、メモ帳に触れたままのペン先。

 薄手のメモ帳は力に従ってへこみを作っている。ゲルインクが少し滲む程度の、安いメモ帳だ。記せればいいだけのもの。残すと言うよりは他のノートと併用するための、横須賀が持っている中では一番それだけで機能しきれないメモ帳。

「……あの、変なこと言うとは思います、けど」

「どうかしましたか?」

「貴方は誰、ですか」

 はくり。揺れた口元と見開かれた目。奇妙なことだと思う。それでも。

「貴方の、名前、は」

「みーちゃん行って!」

「え」

 伸ばしかけた手が、衝撃で止まった。三浦が反転する。

「なん、で、藤沢さ」

「話をさせてください。追わないで」

「でも」

「……今私が悲鳴を上げても泣き喚いても、たぶん同じ結果になりますよ」

 そんなことしたら追えなくなる。静かな言葉に、横須賀は体をこわばらせた。そもそも縋るように腕に抱きついてきている藤沢を自覚し、ど、と脂汗が浮かぶ。

「あの、離し、はなしてくださ」

「まだだめです」

「でも、あの」

 視線だけは三浦の消える姿を見失わないように固定させているが、全身で腕を捕まれている感触に横須賀の顔から血の気が引く。女性独特のやわらかさは胸をざわつかせて息苦しい。ひゅ、ひゅ、と浅く呼吸を繰り返す横須賀に、藤沢は息を吐いた。

「まだ他の人から見たらよくわからない状況ってだけです。これだけでなにか騒ぎにはなりません」

「ちが、あの」

「……すみません」

 はくはくと喘ぐような横須賀に、藤沢は眉尻を下げた。三浦の姿が消えてややあって、とん、と距離があく。

 ぜ、ぜー、と息を吐き出してぱちぱちと瞬く横須賀を見上げ、藤沢は姿勢を正した。

「少しだけ、時間をください」

 硬い静かな声。べとりとした汗を拭うように耳から首後ろにかけてなでつけた横須賀は、その細い瞳を見下ろす。睫で隠れて見えない瞳の色は、しかしまっすぐと横須賀を見ていると分かった。

「お願い、します」

 神妙な横須賀の言葉に、藤沢は眉間に皺を寄せて頷く。胸を宥めるように右手で押さえ、横須賀はゆっくりと息を吸った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!