満天

作者 伊丹央

フォロー 1話目から読む

関西ローカルのテレビ局に勤める、自称「平凡なテレビマン」の生涯について 伊丹央

 昭和二十二年に大阪で生まれた吉川晋平は夜間大学を卒業し、数々の紆余曲折や苦難を乗り越えて在阪の弱小テレビ局に潜り込むことに成功する。彼はその局のプロデューサーとして勤務するが、数々のテレビ番組制作に携わるも目立った成果を出すことが出来ず、陽の当たらないテレビマン生活を長年送ることになる。
 そんな彼に転機が訪れる。彼の上司にあたる人物より、他局の人気深夜番組を打倒すべく新番組の制作にあたるよう指示が下ったのだ。吉川は近しいブレーンやかつて一世を風靡した元大物タレントなどを巻き込み、テレビ番組『満天』をスタートさせる。『満天』は関西では珍しいテレビドラマ番組で、やがて深夜枠ながら徐々に一般の人気を獲得していく。『満天』は弱小テレビ局のなかでも存在感を示しはじめることになる。それに伴い、これまで冴えないプロデューサー稼業の吉川にも、ようやく運が向きはじめたかのように思えたが――。

目次

完結済 全67話

更新

  1. はじめに
  2. プロローグにかえて
  3. 前章『満天』に至るまで
  4. 夜学に通うまで
  5. 放送研究会入会
  6. 先輩との出会い
  7. テレビの業界へ
  8. 万博でデビュー
  9. 先輩からの一喝
  10. 次長からの呼出  
  11. 正社員中途採用  
  12. 日々のお仕事…
  13. 第一章 『満天』前夜
  14. 朝日放送を倒せ
  15. アロハそして髭
  16. 局次長嘆息する
  17. 小汚い『満天』にて
  18. キャスティング
  19. 大井龍之介とは
  20. 大井龍之介登場
  21. お芝居がしたい
  22. カネを使わずに
  23. あっさり局次長
  24. 番組名の由来は
  25. 天竺を目指す旅
  26. 職人・安井さん
  27. ホン作りが難航
  28. 誰も彼もが断る
  29. オーディション
  30. 冴えない顔触れ
  31. ひたすらに稽古
  32. 着々と前に進む
  33. 第二章 『満天』がはじまって
  34. 敵が多い漫談家
  35. パペポと同じ日
  36. ありがたい数字
  37. 軌道に乗る現場
  38. 不協和音ばかり
  39. 不協和音その一
  40. 不協和音その二
  41. てのひらがえし
  42. 第三章 『満天』ギクシャク
  43. 数字安定するも
  44. 苦し紛れの選択
  45. 本命ただひとり
  46. 皆が浮足立って
  47. ブルーマウンテン
  48. 悲しき恋の終り
  49. 本格的な天狗に
  50. お前、才能なし
  51. 覆面作家、登場
  52. 天然なのか否か
  53. 危険なふたり…
  54. 天満を探訪する
  55. 『満天』の親父の謎
  56. ここから駆け足
  57. 第四章 『満天』よ、さらば
  58. 崩壊への第一歩
  59. 植須英とは何者
  60. 植須英の正体は
  61. 植須英の意地
  62. 植須英の挑戦
  63. 四十二歳で初婚
  64. 中曽根雅美の嘘
  65. 浦沢大輔の忠告
  66. 浦沢大輔の告白
  67. 小堺啓次、退場
  68. ささやかな願い
  69. 破滅・転落・終幕
  70. 崩壊・瓦解・左遷
  71. それからの人生
  72. さいごに
  73. エピローグにかえて
  74. そして
  75. ***熊谷市 市立病院***

おすすめレビュー

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

小説情報

満天

@tomesan
執筆状況
完結済
エピソード
67話
種類
オリジナル小説
ジャンル
現代ドラマ
タグ
カクヨムオンリー テレビ制作 昭和末期 平成初期 大阪 天満 自伝 お仕事
総文字数
124,354文字
公開日
最終更新日
おすすめレビュー
6人
応援コメント
1件
小説フォロー数
7

アクセス数