「これは大変なことになりましたです! なんと優勝候補の勝又勝と、おなじく優勝候補の真行寺美和子のふたりが、はやばやと決闘をすることに! 一度、勝又勝は真行寺美和子に破れ、これは遺恨試合となりました! さあ、勝負の行方はいかに?」

 トミー滝が夢中になってマイクに口を押し付けるようにして喚いている。

 他の参加者は興味津々といった表情で、ふたりを見守っていた。

 飛行船のスクリーンには、勝と美和子のふたりが大写しになっていた。

 その時、ひゅう……と一陣の風がコロシアムを吹き渡った。乾燥した地面から、黄色いほこりがまきあがる。

 息詰まるような緊張がみなぎっている。

 と、茜が太郎の側へ近寄り、耳に口を寄せささやいた。

「ね、聞きたいことがあるんだけど」

 太郎は不審な表情を見せ、茜を見た。

 こんなときになんだろう?

 彼女はなぜか悪戯っぽい顔つきになって太郎を見上げている。

「あのさ、あんたとあのお嬢さま、どうなってんの?」

「なんだい、藪から棒に……」

 太郎はささやき返した。茜はくりくりとよく動く瞳で太郎の顔を覗きこんでいる。

「もしかして、あんた美和子姐さんに恋しているんじゃない?」

 馬鹿っ、と太郎は小声で彼女を叱った。

「そんなこと、あるわけないだろう! ぼくはお嬢さまの執事だぞ」

 へええ……と、茜はわざとらしくため息をついて肩をすくめた。

「それより、きみのお兄さん、心配じゃないのかい? 美和子お嬢さまと、どっちを応援するつもりなんだ」

 へっ、と茜は舌を出した。

「知ったこっちゃないわ。お兄ちゃんが勝とうと負けようと。でも負ければ家に帰るって言っているから、あたしは美和子姐さんのほうを応援するな」

 あっ、と茜は背伸びをしてコロシアムの中央に視線をやった。その視線を追った太郎は目を見開いた。

 コロシアムの壁の一部が開き、そこに人影が現れたのである。

「その勝負、待ったあ!」

 少女の声が響き渡る。

 がくっ、と勝はたたらをふんだ。

「なんでえ! また邪魔がはいったのか?」

 待った、待ったあ、とかけ声をかけ、ひとりの少女が駆け込んできた。背後に数人の執事と、メイドを率いている。

 メイドは洋子であった。

 そして駆け込んできたのは、ケン太の妹、杏奈であった。

 たたた……と走り寄った杏奈は、勝と美和子の間に割り込むと声を張り上げた。

「そこの真行寺美和子と戦うのはあたしよ! この高倉杏奈が、勝負するわ!」

 馬鹿野郎と勝は怒鳴った。

「おめえ、なに考えてやがる! おれたちの勝負に割り込むんじゃねえ!」

 こめかみに血管を浮かせ、顔を真っ赤にして杏奈につめよる。

 杏奈の肩に手を触れようとした刹那、背後にひかえた洋子が無言で近づき、勝の腕をひねりあげた。

「痛え!」

 勝は激痛に顔をゆがめた。

 それを見て太郎は驚いた。

 たしかに洋子は執事学校で格闘術を会得している。しかし実際にあんなことができるとは思っていなかった。洋子には人のよさというのがあって、他人に冷酷になれるような性格を持っていない。しかしいまの彼女は、まるで別人である。無表情に勝の腕をひねりあげたまま、杏奈の命令を待っている。

 不意をとられた勝は、洋子によって腕を背中にひねられ、身動きできないでいた。

 ゆっくりと杏奈は美和子の前へやってくる。値踏みをするように美和子の顔をまじまじと見つめ、口を開いた。

「美和子お嬢さま……でも、いまは一文無しの女。あんたなんかに、お兄さまを渡すわけにはいかないわ」

 憎々しげに顔を近寄せる。

 腰に片手をあて、もう一方の腕を上げると美和子の顔に指を突き立てた。

「さあ、あたしと勝負しなさい!」

 さっと美和子の手が一閃した。

 

 ぱああんっ!

 

 杏奈の頬に美和子のビンタが炸裂したのである。

 ぼうぜんと杏奈は固まっている。

 その頬に、美和子の手形がじょじょにピンクに染まって浮き上がってきた。

 すとん、と杏奈は腰を抜かし、その場にへたりこんだ。見おろす美和子を見上げる。

 唇がこまかく震え、目に涙がたまってきた。

 ぐぅっ、と彼女は嗚咽をもらした。

 そして

「うえええええ……」

 と、泣き声をあげたのである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます