コロシアム

1

 ぐおおおん……。

 

 エンジンの重々しい音が頭上で聞こえている。

 高倉コンツェルンの飛行船だ。

 銀色の機体は朝日にまぶしく輝き、ゆっくりと番長島の上空を旋回している。

 美和子と太郎は宿泊していたホテルの窓を開け、それを見た。

 飛行船がぐるりと横腹を見せ、空中に静止する。その横腹には巨大なテレビ・スクリーンが設置されていた。スクリーンに高倉コンツェルンのロゴ・マークが輝き、音楽が鳴り響いている。スピーカーからは島全体に届くような音量でアナウンスが流れていた。

「トーナメント参加者のみなさん! 大事なお知らせがあります! どうか起きて! 目を覚まして! 大事なお知らせですよ!」

 何事かと、あちこちに宿泊所の窓から参加者が顔を出す。空を見上げ、飛行船に気付く。

 スクリーンが輝き、画面にひとりの人物の顔が浮かび上がった。

 高倉ケン太であった。

 かれはにっこりとほほ笑みかけ、口を開いた。

「やあ、トーナメントも今日で最終日となった。今日まで勝ち残ったのは、わずか十数名……まさに精鋭中の精鋭というわけだ。そこで今日最終日は、特別な闘いのステージを用意した」

 画面が切り替わり、島の全景が映し出される。その島の北端に、カメラがズームした。円形の構造物が見えてくる。

 円形闘技場であった。

 コロシアムだ。ローマ時代のコロシアムを再現した、建物がそこにはあった。

 ふたたび画面にケン太があらわれた。

「ここで最終決戦をおこなう。トーナメント最終勝者は、ここで勝ち抜き戦を行ってほしい。ではよい勝負を!」

 額に指をやり、にやりと笑みを浮かべたケン太はまっすぐカメラを見つめた。

 その視線の先に美和子がいた。

 まるでふたりは飛行船のスクリーンを介して見詰め合っているようだった。

 美和子は太郎に顔を向け口を開いた。

「まいりましょう、太郎さん。いよいよ最後の戦いです」

 太郎はうなずいた。

「おともいたします。お嬢さま」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます