5

「感動的だな……いまの場面は視聴者をさらっただろう?」

 島にあるトーナメントの番組を制作しているスタジオで、ケン太は太郎と美和子の誓いの場面をモニターで鑑賞していた。その場面にオーケストラの音楽がかぶり、感動を盛り上げる。ふたりの誓いの場面はすぐに編集され、効果音やBGMが挿入され、視聴者に届けられている。

 あいかわらずケン太は真っ赤なガクラン、金髪のリーゼントというスタイルで長い足を投げ出すようにして目の前の無数のモニターに見入っている。

 ケン太の声に、背後から番組スタッフのひとりが相槌をうった。

「その通りで……なんでもあの場面が放映されたあとで、全国の執事学校に入学希望者が殺到したという報告がきました」

 その言葉にケン太はくくくく……と肩をふるわせて笑いをこらえた。

「まったく、只野太郎には毎度驚かせてくれるよ……。あの忠実さは評価されていいな」

 そう言うと、ケン太は背後に控えているメイド姿の山田洋子をふり返った。

 洋子は無表情で身じろぎもしない。

 ふっ、とケン太は唇をゆがめた。

 彼女にほどこした〝処置〟のあと、洋子はほとんど感情をあらわすことがなくなった。

 何を言われようと、何を見ようとまったくの無表情で、無感動を貫き通している。

 〝処置〟の結果は人さまざまである。

 ひどく感情の振幅が大きい者もいるが、いまの洋子のようにまったくあらわすことのなくなる者もいる。しかしケン太は気にすることはなかった。とにかくあの〝処置〟によって、洋子はケン太にとって忠実な召し使いになったのだから。

 と、スタジオの奥のドアが開き、ひとりの男が姿をあらわした。

 ひどく背が高く、痩せた男である。

 オールバックの髪型、顔はひどく扁平でボタンのような鼻をしている。

 木戸であった。

 かれはいま、高倉ケン太の執事となっている。

 かれはぬっと室内にはいると、主人を見つけ近づいた。

 かすかにうなずく。

 ケン太は声をかけた。

「お前がここにいる、ということは彼女が来たのかね?」

「はい、どうしてもと仰るので……」

 ケン太は肩をすくめた。

「しょうがないな。おれはやめろ、と言ったんだが。まあ、来てしまったのはしかたない。いま、どこにいる?」

 こちらです……と木戸は先に立った。

 ケン太は木戸のあとに続き、スタジオを出た。ケン太のあとに洋子も続いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます