新たなる誓い

1

 ざらざらとぶちまけられたバッジに、交換所の係員は目を丸くした。見上げると、ぼろぼろの学生服を身につけた大男がうっそりと立って係員を見おろしている。

 鋭い眼光、顔には無数の傷跡があり、足元は重そうな下駄を履いている。大男の鋭い眼光に、係員は震え上がってしまった。

「数えてみろ。百枚はあるはずだ」

 大男の命令に、係員はものもいわず目の前に積み上げられたバッジの山に手を伸ばした。

 ひとつ……ふたつ……と丁寧に数え、十枚ごとに山を作る。

 山は九つ、そしてバラが六つ……。

「九十六枚になりますな」

 係員の答えに、大男はちら、と不機嫌な表情になった。百枚あると思ったのが、すこしかけたのであてがはずれたのだろう。

 係員は九枚の銀のバッジを揃えると大男に手渡しながら口を開いた。

「それにしてもずいぶん、集めましたなあ! たった三日間で、こんなに集めるとはたいしたものです」

 大男は係員の称賛にうるさそうに手を振った。胸に渡された銀と銅のバッジをとめて、交換所を出ようとする。

 と、かれの足もとがとまった。

 交換所の入り口に掲げられている名簿に目がとまる。

 名簿の一番上には「真行寺美和子」とあり、その下に「風祭俊介」とあった。

「こいつはなんでえ?」

 係員はカウンターから身を乗り出すようにして答えた。

「あ、それですか? この島の交換所で交換に来た参加者の獲得した枚数を表示したもので、昨日までの上位十名です。あなたが今日持ってこられた九十六枚は、いまのところ二位ですな。よろしければお名前をうかがわせていただけませんでしょうか。ほかの交換所に連絡しますので」

 大男はそれにはこたえず、ひくく唸った。

 掲示板の一位の名前を睨みつけている。

「この名前……」

 係員はにやにや笑った。

「ああ、その一位の名前ですな。真行寺美和子とか言う女性参加者だそうで、いやたいしたものです。なんでも最初に島に上陸した早々、勝又勝とかいう腕自慢の男をあっというまに叩きのめしたという噂ですな。二位の風祭俊介というのも結構腕自慢らしいです。昨日、この交換所に来ましたが、すごい大男で……そうですなあ、あなたより頭ひとつは背が高そうでしたなあ」

 大男の顔色が見る見る変わっていく。係員はそんなかれの様子に気づくこともなく、会話を続けていく。

「しかしその勝又勝とかいう男、本当に腕自慢だったのですかねえ。女にいきなり殴りかかって、あっという間に返り討ちにあうとは、油断していたんですかなあ……」

 そこで係員ははじめて男のものすごい視線に気付いた。大男の両目からは、炎が吹き上がっているかのような凝視が係員にむけて突き刺さる。

 係員の口がぱくぱくと開く。

「あっ、もしかしてその勝又勝……?」

「うるせえっ!」

 勝は怒号した。

 どた、と係員は尻餅をつき、カウンターの背後にひっくりかえった。

 ぱり、ぱりん……と、交換所の窓のガラスが、勝の大声で割れるか、ひびが入ったりした。

 がらがらと下駄の足音を響かせ、勝は交換所を出て行く。

 外に出た勝はつぶやく。

「二位だと? 馬鹿にしやがって!」

 ふん、と肩をゆすり歩き出す。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます