2

 ぽかりと洋子の意識が戻る。

 闇。

 どこまでも続く闇が洋子をつつんでいる。

 闇の中で洋子は瞼をぱちぱちと瞬かせた。

 そんなことをしても何もならないと判っていたが、それでもせざるを得なかった。

 ここはどこ?

 闇の中で洋子の思考だけが空回りする。

 手探りをする。

 凝然となる。

 じぶんの手がどこにあるのか、まるで感覚がない。動かしても、手はなににも触れず、動かしている実感もないのだ。

 手ごたえがないとはこのことか。

 足も同様、まったく感覚がない。

 あたしはどうなったの?

 恐怖が、喉元にこみあげる。

 悲鳴。

 洋子は悲鳴をあげた。

 が、その悲鳴すらあげることは出来ない。

 彼女の脳は喉に悲鳴をあげることを命じたが、喉はまったく反応しない。

 気がつけば全身の感覚がなかった。

 暑さ、寒さ、痛み、痒みすらなかった。

 暗闇の中、ぽっかりと意識だけが宙に浮いている。

 あたしは死んだのかしら?

 誰か答えて!

 洋子は声にならない悲鳴をあげ続けていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます