2

「トーナメント? お嬢さまがそれに出るって?」

 幸司のつぶやきに、コック長は長い顔をふってうなずいた。

 真行寺家の厨房である。幸司の説得に、召し使いたち一同はふたたび仕事に立ち戻り、コック長以下、調理人たちもいつもの料理の下ごしらえにかかっている。

「そのトーナメントって、どんなやつだい?」

「お前、知らないのか。高倉コンツェルンが大々的に宣伝しているだろう? 優勝すれば、ものすごい大金をせしめることが出来るって……全国から、腕自慢が集まっているそうだぜ!」

「そんなのにお嬢さまが出るのか。つまり、その金で……?」

「そうさ、真行寺再興のためには、大金が必要だ。お嬢さまはそれに出場して、優勝するおつもりらしい」

 ふうん、とため息をついた幸司に向け、コック長はぐすんと鼻をこすり、目頭をおさえた。

「なんと御いたわしいことだ……世が世なら、お嬢さまはそんなお金の心配などすることなく、ご勉学に励む年頃なのに……」

 コック長の嘆きはつぶやきとなり、愚痴になった。

 幸司はそんなコック長の愚痴を、まるで聞いてはいなかった。

 かれの頭にある考えが渦巻いていたのである。

 自分は腕っぷしなどまるでないし、喧嘩なんかしたこともない。だからお嬢さまの加勢をするなんて無理な話しだ。だけど、自分らしいやり方で、お嬢さまをお助けすることは出来るんじゃないか?

 そうだ、これなら……。

 幸司はコック長に向き直った。

「ね、そのトーナメント、高倉コンツェルンが主催するっていうことだよね?」

 ああ、そうだとうなずいたコック長を尻目に、幸司は飛び出した。

 おい、幸司と呼びかけるコック長の言葉を背中に聞き、屋敷を出て行く。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます