「ああ、またサイン、サインか! まったく、いつになったらわしはこんな雑務から解放されるんだろうね……」

 太郎が書類のたばをもって部屋へはいると、男爵はため息をついてペンを取り上げる。

 どさりとデスクに積み上げられた書類の所定の箇所に、一枚、一枚サインをさらさらと記入した。書面の事項にはほとんど目を通さない。届けられた書類の大半は男爵が資金を出している慈善団体からの経営内容を記したものだった。男爵は慈善家であった。太郎はそんな男爵をじっと見つめ、しずかに待っている。

 ようやくすべての書類にサインをいれた男爵は、ほっと息をついた。

「終わった……。まったく、こういう仕事は老人には骨だよ」

 太郎は一礼してデスクの上に積み重ねられた書類をきちんと揃えると、くるりと回れ右をして出て行こうとした。

 そのとき、男爵が片手をあげ太郎を呼び止めた。

「ああ、太郎君。ちょっと……」

 なんでしょう、と太郎はふりむいた。

 男爵は悪戯っぽい目つきになっている。

「ちょっと耳にしたんだが、美和子がこの家に──ああ、なんといったかな? その、家で劇場や映画をいながらにして見ることの出来る機械とかいうもの──」

「テレビ、でございましょうか?」

 太郎が助け舟を出すと、男爵は勢い込んだ。

「そう、そう、テレビだよ! たしか、美和子がそんなこと言っておった! それを欲しがっているそうじゃな」

 太郎はうなずいた。

「はい、お嬢さまはそのようなご希望をお持ちのようでした」

 男爵の唇がにんまりと横にひろがった。

「そうか! 美和子に伝えておくれ。近いうちに電器店のものを呼ぶから、そのときテレビを家へ運び入れようとな!」

「そうですか、お嬢さまは大変お喜びなさると思います」

 男爵はうん、うんと何度もうなずいていた。

 失礼いたします、と太郎が男爵の部屋を出ようとしたその時、入れ替わりに木戸が入ってきた。扉を閉める直前、木戸の声が太郎の耳にはいった。

「男爵さま、折り入ってサインしていただきたい書類があるのですが……」

 ちら、と室内をのぞきこむと、木戸がその長い上半身をおりまげるようにして男爵のデスクに一枚の書類を広げているところだった。男爵は老眼鏡をかけなおし、その書類に見入っている。木戸は太郎の視線を感じたのか、横目でこっちを見た!

 はっ、と太郎は引き下がり、木戸の視線からのがれた。

 

 廊下を歩き、太郎は美和子の部屋の前へ立った。

 こつこつとノックをすると、すぐ返事がする。

 ドアを開けると、美和子は本をひろげ、ぼんやりとページを目で追っている。しかし熱がはいっているようではなく、太郎に気づくとすぐにぱたりと本を閉じた。

 顔を上げ、太郎の顔を見てにっこりとほほ笑んだ。

「いらっしゃい。今日はどんな用かしら。なにか面白いことある?」

 そう言うと期待に満ちた目で見上げてくる。美和子はいつでもなにか変わったこと、面白いことがじぶんを待っている、と思っているようである。

「お嬢さまに良いお知らせです。男爵さまが、このお屋敷にテレビをお入れになられるようでございます」

 きゃあ! と、美和子は飛び上がって喜んだ。立ち上がるなり、いきなり太郎の両手を掴んでふりまわした。

「本当? 本当なの?」

「ええ、男爵さまがはっきりと仰いました」

 嬉しい……! と、美和子はじぶんの腕で胸をだきしめた。こんなお嬢さまははじめて見る、と太郎は驚いていた。

「クラスのお友達にもテレビのあるお家はあるのよ。木戸はそのようなかたはご学友にふさわしくありません、なんて言ってたけどそんなことないわよねえ! ね、太郎さん。テレビが来たら、一緒に見ましょうね!」

 はい、と太郎は短く答えた。

 うきうきとしている美和子を前に、太郎は木戸が持ってきた書類のことを気にしていた。

 いったい、あれは何の書類なのだろう……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます