そして翌朝。

 足音が近づき、ドアの前に立ち止まる気配がして太郎は立ち上がった。

 ノックの音がして、太郎が「どうぞ」と答えると、ドアが開き木戸が姿を現した。

「起きていたか? ふむ、結構」

 太郎は木戸にむかって「お早うございます」と挨拶して一礼する。例によって、一分の隙もない召し使いの服装をしている。

 夜明け前、太郎は目を覚まして洗顔をすませ、着替えをして木戸を待ち受けていたのである。部屋の窓にはようやく朝の日差しが差し込みはじめ、窓ガラスの桟をしらじらと染めている。

「これから屋敷内の召し使いたちと顔合わせをする。ついてこい」

 はい、と返事をすると太郎は立ち上がった。木戸はさっと背中を見せ歩き出す。廊下を歩き、階段をおりていき裏庭へ回るとそのまま厨房へと案内していった。

 真行寺家の厨房は、それだけでレストランが開けそうな大規模なものであった。巨大な業務用の冷蔵庫に、いくつものバーナーがならんだレンジ。流し台は三列もあり、複数のコックが同時に調理ができるようになっている。そこに屋敷内の召し使いたちが木戸の命令で集合していた。

 木戸と太郎が厨房に入っていくと、ずらりと勢ぞろいした召し使いたちは好奇の表情で太郎を見た。

 こんなに沢山の人間が働いていたのか……あらためて太郎は真行寺家という規模のおおきさにうたれていた。

「今日からこの屋敷で働くこととなった召し使い見習いの只野太郎だ!」

 木戸が宣言するように口を開くと、全員好意的な微笑をうかべ、ぱちぱちと拍手をして太郎を歓迎した。拍手をしているなかに、昨日夕食を持ってきてくれた幸司の顔もあった。幸司は太郎の顔を見て、にやりと笑った。

 木戸にうながされ、太郎は挨拶をした。

「よろしくお願いします。なにも判らないので、みなさんのご指導をたまわりたく思います」

 型どおりの挨拶に、みなうなずいている。たぶん、新しく入ってきた召し使いたちはみな同じことを口にするんだろうな、と太郎は考えていた。

 

 挨拶がおわって太郎の初仕事となった。といっても、本格的な召し使いの仕事はあたえられず、庭の草むしりとかトイレの掃除などの雑用である。しかし太郎はそれらの雑用を誠心誠意、かたづけていった。執事学校でそれらの雑用は授業の一環としてやっていた。太郎にとっては、どんな仕事も執事になるための必要な過程であった。

 一日目、二日目とすぎていって、太郎は屋敷の召し使いの仕事といってもいろいろあるんだと感心した。

 召し使い仲間にひとり、高齢の老人がいた。年令は七十をこしているだろうか。腰は曲がり、歯はすっかり抜け落ちて入れ歯になっているが、それでも元気な老人で名前を谷村といった。谷村老人の仕事とは、屋敷内の窓の開け閉めそれだけである。

 窓の開け閉めといっても、真行寺家の部屋数は百をこし、それらの部屋の窓を夜明けとともにひとつひとつ開けていくのだ。夜明けから昼過ぎにかけ、ようやく屋敷中の窓が開け放たれる。

 そして昼からは開けた窓を閉めていく。すべての窓が閉め終わったころには夕暮れになっている。これを毎週、一日続けているのだ。

 なぜこんなことをするかというと、窓を締め切りだと空気がこもり、家具や壁にわるい影響をあたえる。一周間に一回は窓を開け、外の空気をいれることが建物を長持ちさせる秘訣なのだが、なにしろ真行寺家の屋敷はひろく、部屋もおおい。窓の開け閉めだけで、専門の召し使いを必要とするのだ。

「わしは十八の年からこの仕事を続けてきたんだよ」

 そう言って谷村老人はひゃっ、ひゃっと空気の漏れるような笑い声をあげた。

「もちろん、はじめたころはここと違う屋敷だったがね。この真行寺のお屋敷が建てられて、窓の開け閉め係が必要となって呼ばれたのさ。ここのだんな様とは若いころからの親友で、それでこの仕事を世話してもらったのさ。引退? うんにゃ、わしは死ぬまでこの仕事をやるつもりだ。子供や孫はそろそろ隠居しろとうるさいが、わしがやらんで誰がやるね?」

 太郎は昼休みに庭の芝生で老人の世間話の相手になっていた。厨房からだされた昼のまかないを口にしながら、ふたりは話を続けている。喋るのは老人がほとんどで、太郎は相槌をうつだけだったが。

 昼休みの時間が終わり、太郎は仕事に戻ろうと立ち上がった。老人は太郎を見上げ、声をかけた。

「ありがとうよ、わしのような年寄りの相手をしてくれて」

「いえ、ぼくのほうこそ楽しかったです」

 一礼して太郎はその場を立ち去った。

 仕事はまだまだ残っている。

 

 太郎のもとに二通の手紙が届いた。

 一通は母親からで、もう一通は山田氏からだった。

 山田氏は、娘の洋子の家出に大変驚いたという書き出しから始まり、大京市の興信所に彼女の捜索を頼んだと文面にあった。警察に失踪人届けを出すことは興信所の結果を見て考えるということだった。

 興信所……つまり探偵を雇うということか。

 洋子はメイドになりたいと言っていたから、メイドを雇うような屋敷を探せばわりと簡単に行方が判るのではないか、と太郎は思った。もし首尾よく、洋子がメイドになれればだが。しかし彼女のことだ、しゃにむにメイドを目指すのではないか。

 母親からは健康に気をつけるようにとの簡単な文面で、こちらは変わりないから心配しないようにとの結びであった。

 二通の手紙を引き出しにしまい、太郎はベッドに仰向けになった。頭の下に腕をくみ、天井を見上げる。物思いにふけるかれの表情にはなにも浮かんでいない。しかし太郎の心中はさまざまな思いが交錯していた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます