赤い電車と琴電の縁

作者 黒須 葉一

3

1人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

どこかの払い下げだというのは知ってましたけども、それがどこか、というのは全然しらなかったです。

高松のローカル私鉄ことでん。
昔は肌色と朱色のツートンばっかりだったんですけど最近はことでんのくせにちょっと色気づきやがってラップ電車みたいになってたり金色毛まりのイラスト電車になったりとかわいらしさ炸裂中ですね!

2両編成でごとんごとん走る、ホントに超ローカルな私鉄ですけど、高松の誇る水城、玉藻公園の横をカーブしながら走る旧私鉄車両は撮り鉄のみなさんの絶好の撮影ポイントみたいです!バズーカもった撮り鉄さんたちがよく道ばたを歩いています。

関係ないけど金色毛鞠の第2話はそのまんま「#2 ことでん」でしたっけ。うわあことでん乗ってるーーーって大騒ぎしてました。三匹のこぶたでパフェ食べたり!市民歓喜です(すみませんカドカワ関係ない話でした)

春日川の上を走ることでんの高架橋は、あんまり古すぎてあぶないので電車のくせに時速20キロぐらいでそろそろ走ってました。都会の人には信じられないかもですね。今でもそろりそろり走ってるんでしょうかねえ。