味噌を買いに行った日

作者 桐嶋嶺