夏の宵 ~歴史と文化の街~

作者 長束直哉/NAGATSUKA Naoya

17

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

祇園祭、いいですねぇ。
小説や漫画などでたまに目にしますが、実際に行ったことはありません。
この作品を読んで、ますます興味をもちました。

京都にかかわらず、古くから受け継がれてきた歴史と文化は良いものが多くあります。
今度は私たちが次の世代へ伝えていく番ですね。

★★ Very Good!!

――

京都祇園というだけで趣のある光景が目に浮かびます。

古の時代から続く数々の時代を揺るがしてきた歴史の数々。でもその街の歴史には一介の人間の築いた日常があるのも然り。

歴史ある街並みの中で芽生えた想いが今も尚続いていることに心が仄かに温かくなるそんなお話でした。

★★ Very Good!!

――

京都の夏の風物詩を細かく伝え、「こんちきちん」の音色が聞こえてくるようでした。
雨が降っても祇園囃子は一定のリズムを守り、台風が来ても中止にならない祇園祭らしさが良かったです。