消失病 ~キミが消えたあの夏の日~

作者 上村夏樹

6

2人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

消失病。
人が消える世界の物語。

この作品は二つのパートの分かれており、前半のパートは姉を事故で失った男視点、後半はその男の幼馴染の視点で描かれている。
この作品のすごいところは、あらすじなどから想像されるように切なさや悲しさを十二分に表現した上で、物語として、起承転結に乗っ取った「どんでん返し」も組み込まれている点だ。
ただ、悲しいだけの物語だと思い、読んでいると物語のラストで度肝を抜かれることと思う。

なぜ、評価数が少ないのか理解に苦しみます。
かなり、高レベルな作品のひとつであると思うので、ぜひたくさんの人に読んでほしいと思います。

さんがに★で称えました