異界へと続く旅の途上で―人と人ならざるものたちが交わる地へようこそ!―

作者 七柱雄一

106

40人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

フラッと旅行に行きたくなる!
着いた日は温泉にゆったり浸かり、次の日は地獄のような長い神社の階段を登りたい!そんな気分になる作品です。

最後、グッと来ました。
神無月にこの作品を読んだわたしは「ああ、出雲は今、神在月なんだなあ…」とふと思うのでした。

★★★ Excellent!!!

行ったことのない場所ですが、目の前に知らない景色が広がります。

美しい描写に土地に縁の人々。
これほど親しみやすく街を紹介している作品はないと思います。

出かけたくなる。
訪れたくなる。
でもあの階段はちょっと勇気が要る?
まずはこの作品で絶景を目指してみよう。

★★★ Excellent!!!

神話好きにとってもそうでない人にとっても聖地、山陰。

山陰へは数年前、式年遷宮のときに出雲大社へお参りで一度だけ行きました。

お金も時間もなく、日帰りでさっと行ってさっと帰ってきた、それだけの旅で、残念ながら鳥取は通り過ぎただけでした。

当時はそれでも満足でしたが、次に行くときには「異界」を充分に楽しみたい、そう思わせてくれる作品でした。

★★★ Excellent!!!

神の国、妖怪の国。
こういった伝承や民話の多い土地ですよね。
この地域に所縁のある著名人にも、妖怪研究に於いては知らない人が居ないという人物が複数いるという事で紹介されています。
私自身、こういった神話や民間伝承などといった民俗学が好きなので、グッと惹きつけられるものがありましたね。

★★★ Excellent!!!

歴史が深い。
奥が深い。
作者様の知識が存分に表れています。
日本神話と縁のある重要な場所でありながら何故だか影が薄めなこの地域。
鳥取県を深く知りたい方は是非!

★★ Very Good!!

観光PRのパンフレットを見ているかのようでした。
鳥取と島根の魅力が伝わります。

最後の文がとても好きです。
主人公のバトンを、読み手に渡しているようで、私も行きたくなりました。

★★★ Excellent!!!

東の「神の山」北西に「妖怪の街」南西部には「神の国」
そこは何処かと聞かれたら~♪ 鳥取県米子市!

作者さまが実際フィールドワークに赴き、スクナビコナ神社に参拝した際の御話です。
神話や奇談は全国の津々浦々にあり、実際そこへ行って人々の話に耳を傾け、現地調査することが民俗学の第一歩! 
なんと先人の教えに忠実で素晴らしき事でしょう!
ネットでチャチャっと調べて「はい、オシマイ」では風情もなにもあったもんじゃなし。
そんなんでは、神社の階段を登る辛さも判りません。

民俗学者のみならず、作家としても…現地の空気を知る事で、よりリアルな神や妖怪を描く事が出来るのではないでしょうか?
神話や妖怪に興味をもっている若人さんに是非、おススメです!

★★★ Excellent!!!

いいですね、自分の愛している場所を自分の文章で書くというのは読んでいて気持ちがいいです。

故郷を愛せば、おのずとどんなことでも好きになれますし安心します。

車がないと不便な山陰地方ですが、逆にいえば山や海を自由に眺めることができます。

旅に出るのなら車の旅で鳥取もいいかもしれません!

★★★ Excellent!!!

日本に根付く、全てのものに神が宿るという考えが好きなのですが、これはそれを分かりやすく面白く凝縮した作品。
神だけでなく、妖怪の話も飛び出したりして、妖怪もある種の神ではないかという、私の個人的な興味も満たしてくれる。
短いのに読後感に浸れる、世界観のしっかりしたショートストーリー。

★★★ Excellent!!!

息を弾ませながら長い石段を上る感覚、上りきった瞬間にふぅと息をつく感覚、山頂を散策しながらその先の眺望に思いを馳せる感覚──
それらすべてを追体験できるような、くっきりと鮮やかな描写に惹き込まれました。
なるほど山陰とはまさに異界との境界の地であり、米子の粟島神社はその入口となる立地なのですね。
「私」はその後どの異界に足を踏み入れたのか、そして自分ならばどの異界に触れてみるか。
山頂の眺望を思い描きながら、そんな空想を楽しめました。

★★★ Excellent!!!

 まず、高いところにのぼるんですよね。そこから国見をする神様のような視点です。
 数百年、それよりずっと昔から変わらない姿の「国」を見渡す作業は、国を愛する行為とおなじではないのかと思います。長い年月、わたくしの心もそこにあったような心地がして。ずっしりと、どっしりと横たわる魅惑的な神話たちと、どこかひょうきんな妖怪たちの世界。
 どこへいこう? きっと、どこだっていいんですね。歴史の中から好きな時代を選ぶ、自由な心が描かれていると思います。
 きっとそこからしか見えない景色が、心の中に彩を添えながら存在しているんでしょう。
 神様のほほえみが見えるようです。
 読ませてくださり、ありがとうございます。

★★ Very Good!!

島根の光景が浮かぶ良い文章でした。ですが、どちらかというと事実文の並びが目立ってしまっているので、作者ならではの風景や光景も欲しいかなと思ってしまいました。
「異界への入り口」という魅力的なワードの威力が印象に残る文でした。

★★★ Excellent!!!

懐かしいです!
数年前、鳥取に旅行した時に、水木しげるロードも、大山も、皆生温泉も、境港も行きました。向こう側に島根県の陸地も見ました。
神社だけは時間がなくて行かれず、残念でしたが。

日本神話をモチーフに作品を書かれている作者様だからこその着眼点と、雰囲気のある描写のおかげで、当時の印象的な景色が、頭の中で一気に再現されました。
この御作品からもわかるように、山と湖が幻想的でもある神秘的な『異界』への入り口、そこは、なんだかとても惹き付けられる場所なのです。

また鳥取県に行きたくなりました。
今度は、島根県にも寄って、さらに神話の世界に浸りたいと思いました。
ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

出雲大社は伊勢神宮との遷宮の年、出雲の国譲りや御縁結びとして有名であるが。

ここ山陰地方にはそれだけではなく、

皆生温泉や大山、水木しげるロードなどもっともっと沢山の魅力が溢れる地方なのだーー

筆者さまにストーリー展開にムリがなければ、

鳥取市の白兎神社やスタバ コーヒーではなく「すなば珈琲」などへも話が展開すれば、ますます、素晴らしい山陰地方の魅力が紡げると思います。

★★★ Excellent!!!

「東に行けば神の山」からのくだりは、ぞくぞくするほどの魅力をもって、興味をかき立ててくれます。
これほど魔力のある場所って、他にあるだろうか?
行きたくとも、簡単には行けない場所だからこそ、さらに想いは募ってしまうのです。
できれば、天の羅摩船に乗ってスクナビコナに案内してもらいたいですね。

★★★ Excellent!!!

山陰地方は私は行ったことはありませんが、数多くの日本神話の言い伝えのある場所であることをこの話で知りました。
粟嶋神社の写真も検索し、作中に登場する長い長い石段を上って、景色を堪能したくなりました。
東は大山、西は中海。
神の山と神の国、さらには奇しくもゲゲゲの鬼太郎の街も近くにあり、いつかその地を訪れたい気持ちで一杯です。

★★ Very Good!!

よくよく考えれば、無茶苦茶である。漫画の世界かってくらい、無茶苦茶である。
でも、なんというか、日本はそういうものがウマい事「折り合いがついている」ような気がする。
神様はやたらめったら妖怪を討伐しない。妖怪は人間を襲うが、絶滅させたりはしない。人間は神様を敬うが、依存したりはしない。
お互いに恐れ、敬い、共存していく。何かが突出してもいけないし、引っ込み過ぎてもよろしくない。その好例なのかもしれないと思った。

★★ Very Good!!

たぶん、私が同じ景色を見たとしても、
「はー、きれいやなー」で終わってます。

神代にまつわる様々なことを知っていると、
異界に匹敵するほど山陰の魅力は膨れ上がる。

「いやー、やっぱり物事って知ってる方が人生お得やわ」
としみじみ感じた作品です。

「ゲゲゲの鬼太郎」は知ってました。
「ビビビのねずみ男」も知ってます。
私が知ってることって、こんなんばっかり。
神話のこと、少し勉強しよ。