ちっちゃな村の神楽のはなし。

作者 やぶ猫

6

2人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

田舎の集落の「神楽」が、どうやって(文化として)つくられたのか、その物語。

新潟の小さな田舎の集落の話ですが、ああ、こうやって日本人は生きてきたのかな、と思わせる普遍性があります。

じいちゃんの、じいちゃんは、こんな人だったんだよ、というような暖かい気持ちを抱ける、懐かしいような短編小説でした。