来ませ 見せましょ

作者 片瀬智子

36

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

大分県の鶴崎地区に伝わる歴史ある盆踊り「鶴崎踊り」。

そのお祭りの賑やかさや、笛の音色、煌びやかな雰囲気が伝わってくる作品でした。
「鶴崎踊り」を知らなくても、唄声が聞こえてくるような感覚でした!

と、ここまで地域密着型の現代ドラマですが、ラストにはSF(オカルトに近いのかも)らしいオチが待っています。

★★ Very Good!!

とても雰囲気が滲み出ていた印象を受けました。ジャンルはSFとなっていて、読み進めながら「ん?現代ドラマ風じゃないか?」なんて思っていましたが、最後に納得しました。そして、それに気付いたとき何か胸に込み上げるものが……。
皆さんも、それを感じてみてはいかがでしょうか。

★★ Very Good!!

伝統の盆踊り「鶴崎踊り」を、過去から現在へ連綿と伝え残す。
「今」と「昔」を繋ぐこと、古き良きを思い返すというキーワードに据えつつ、さらに主人公自身の「過去」と「現在」の姿になぞらえるメタファーに感心しました。

単なる観光名物の紹介で終わらせず、主題や物語性をしっかり構築しています。
優秀な掌編です。

★★★ Excellent!!!

大分市の400年以上続く優雅な盆踊りの記憶。
私はこの盆踊りを恥ずかしながら知らなかったのですが、インターネットで調べてみたらあまりの華やかさに見とれてしまうほどでした。
そしてこの物語を読んで実際に体験してみたいとともに、作者さまを羨ましくも思います♪
大分の方言も登場して風情溢れる作品です!

最後まで読んで、なるほど、SFだと思いました(^-^)