さよなら、海鳴りの島、父のいた学び舎

作者 馳月基矢

圧倒的文章力

  • ★★★ Excellent!!!

最小限の修辞と一人称の視線。視る対象によって冷静な視線がふと揺らぎ、湿度が代わる。その揺らめきが大層魅力的。引き算の美しさ。お見事。父と娘の関係というのはいくつになっても理屈が通らないものです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

南 伽耶子さんの他のおすすめレビュー 85