さよなら、海鳴りの島、父のいた学び舎

作者 馳月基矢

郷愁をそそる情景描写に

  • ★★★ Excellent!!!

 母校は廃校になり存在しなくなっているのに、思い出の中に鮮やかに甦ってくる。
 海鳴りと強い潮風に乗せて、離島の情景が運ばれてきます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

楠秋生さんの他のおすすめレビュー 636