さよなら、海鳴りの島、父のいた学び舎

作者 馳月基矢

原色に彩られた思い出は色褪せずに

  • ★★ Very Good!!

かつて暮らした離島の思い出が、色彩豊かに描き出される作品。

離島という独特の環境と小さな世界を、幼少期の思い出とともに綴りながら、今の心境も語る。

生まれ故郷ではなくとも、地元ではなくとも、ふるさとと呼びたい場所。
そんな郷愁の想いに満ちた作品でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

麓清さんの他のおすすめレビュー 274