さよなら、海鳴りの島、父のいた学び舎

作者 馳月基矢

離島に行ってみようよ

  • ★★★ Excellent!!!

島国・日本。

私は離島に住んだことはありませんが、
いくつかに訪れたことがあります。
(本作の舞台である長崎は未経験ですが)

地続きでないことによる不便もあれば
独特の文化があったりして、
「旅の魅力」を十分に感じられる場所です。

でも、住む人にとっての「島」は?
その一部が切り取られたのが本作。

読み終えてすぐ、地図で若松島を調べました。
五島列島、地図では右から2番目の島。

――いつか行ってみたい。

そう感じさせられる作品でした。
それにしても、作者の氷月あやさんは
心の機微を書くのがうまいなあ……。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

真野絡繰さんの他のおすすめレビュー 253